無題ドキュメント
 

HIS FOOD PROJECT

HANAP
ーHoney and Nature's Ability Productsー

千葉県唯一の村に移住した夫婦が作る 純粋ハチミツ

千葉県長生村を拠点に外房エリアで養蜂場を営む養蜂家。
今まで動物栄養の専門家(農学博士)として、家畜を健康に育てるためのアドバイスをしてきました。
2019年に娘さんの誕生を機に東京から長生村に移住。
今までの知識や経験も活かし、家族と一緒に楽しめ、この地域だからこそ出来る仕事がしたいと考え、模索し続けた結果、養蜂にたどりつきました。
ミツバチの生態の面白さ、養蜂という仕事の奥深さ、自然のままのハチミツのおいしさを知り、2021年から養蜂を本格的に取り組むことを決意しました。
昨年、はちみつマイスター協会認定講師の資格も取得され、ミツバチの面白さやハチミツの楽しみ方を広めながら養蜂をされています。

移住をして養蜂を始め、人間にも動植物などの自然環境にも優しい
サスティナブルなものづくりを心がけている橋澤様の取り組みをより多くの人に知ってもらいたく、
HISクラウドファーミングにて販売させていだくことになりました

  • 生産者のメッセージ
  • 生産者のメッセージ
    最近では趣味としてミツバチを飼育する人も増え、都市養蜂なども注目されています。
    しかし、正しい養蜂技術や病気の管理等を学ぶ場所は日本にはまだ数少ないのが現状です。
    そのため、病気の感染予防等も自分で資料を集め知識を更新し、実践・検証することがとても大切だと考えています。 私たちはゼロから養蜂を始めたからこそ、ミツバチの飼育方法やハチミツの販売方法に固定概念を持たずに、自分たちが本当に良いと思うやり方に挑戦しています。
    今後は、ミツバチにも優しいオーガニックな養蜂を目指していきたいと考えています。
    現在、蜜源植物の減少や農薬の問題からもミツバチが住みやすい環境が減ってきています。 ポリネーターとしても重要なミツバチが減少しないためにも、ミツバチ以外の生物の為にも、耕作放棄地等の空き地に蜜源植物を植える活動も行いたいと思っています。

生産者のこだわり

  • 品質へのこだわり(イメージ)
    品質へのこだわり
    女王蜂の産卵スペースを管理し、育児に使われていない巣枠からのみ採蜜を行います。また、採蜜する群は糖液の給餌はしない事で、糖液が混ざらないように努めています。
    また群毎にいつどんな作業をしたのかを毎回記録に残しデータ管理し、ハチミツの安心・安全・トレーサビリティに繋げています。
    採蜜作業は衛生的な室内に持ち帰り行うことで、ボツリヌス菌の混入を極力防ぐ努力をしています。
    ボトル詰めやラベル貼りなど全て手作業で行い、各行程で、異物混入などをチェックしています。

    ※ハチミツは細かい網でろ過を行いますが、花粉やプロポリスの微粉が入っている場合がございます。
  • ミツバチの健康を第一に考える(イメージ)
    ミツバチの健康を第一に考える
    私たちはパートナーであるミツバチが出来るだけストレスを少なく快適に過ごす手助けをすることが最も大切だと考えています。
    そのため、生産量や作業効率を上げるよりも巣箱一つ一つ丁寧に愛情を持って管理することを心がけています。 一年中巣箱を移動しない定地養蜂をしているのも、ミツバチに移動のストレスをかけないためです。
    また、ミツバチにとっての栄養食であるハチミツも採りすぎないように気をつけています。
  • ワインのように楽しめるハチミツ(イメージ)
    ワインのように楽しめるハチミツ
    花の種類にはこだわらず、ハチミツがしっかり熟成したタイミングで採蜜をするようにしています。 そのため、採蜜の度に蜜源となる花の種類や割合が変わるため、ハチミツの風味が採蜜毎に変わります。
    ワインのように産地やその年によって変化するハチミツの風味を楽しんで頂きたいと思い、採れた場所と年月日ごとにボトル詰めしています。
    もちろん、加熱処理や混ぜ物はしていませんので、ミツバチたちが作り出したハチミツの風味をそのままに味わっていただけます。 採れたハチミツは全てテイスティングを行い、細かい味の特徴などを伝えるようにしています。
イメージ
  • HANAP橋澤夫妻のストーリー
    千葉県に移住して養蜂を始めたお二人。
    養蜂を始めたきっかけや魅力をききました。
    詳しくはこちら

商品一覧


千葉県産 純粋ハチミツ

  • イメージ
  • 2022年に採蜜したハチミツの中から、風味の違いを楽しめる厳選した食べ比べセットをお届けします。
    私たちのハチミツは、季節毎に咲く様々な花からミツバチが蜜を集めて作られた百花蜜です。 採蜜する場所や日によって、蜜源となる植物の種類や割合が変わるため、ハチミツの色や風味も毎回変化します。

    HANAPでは、その変化を楽しんで頂きたいと思い、採蜜地と採蜜日毎にボトル詰めしています。 そして、加熱処理や混ぜ物はしていませんので、ミツバチたちが作り出したハチミツの風味をそのままに味わって頂けます。
    その年、その日にその場所だから出来た唯一のハチミツの味をお楽しみください。

    【採蜜場所】
    長生村
    海辺ののどかな農村で千葉県唯一の村である長生村。海辺にはアカシアの木が多く自生し、初夏と秋には沢山の蕎麦畑で白い小さな花が咲きます。BUB RESORT -Chosei village-さんの敷地の一部でも蜂場を設けて頂き、養蜂体験も行っています。
    一宮町
    別荘地としても人気でサーファーの聖地としても知られるサーファーズタウン。栽培期間中、農薬や化学肥料を一切使わず年間を通して様々な野菜を栽培しているミナモトファームさんの畑の一角で、HANAPのミツバチが野菜の受粉のお手伝いをしながらハチミツを作っています。
    大多喜町
    ホタルやサンショウウオが住む自然豊かな里山。近隣の山の雑木林や畑の果樹(梅、柿、スモモなど)、クローバーやレンゲなど、季節により様々な花が咲きます。土地をお借りしている日髙農園さんは、様々なハーブの栽培をされていて、ミツバチが好む植物も沢山植えてくれています。

    【採蜜時期】(採蜜場所や年により変わります)
    春採り
    華やかでクセが少なく、様々な食材との相性が良い。主な蜜源は、桜、アカシア、クローバー、レンゲ、タイム、菜花、ネズミモチ、栗、柿など。
    夏採り
    春や秋より採蜜量が少なく貴重!主な蜜源は、ヒマワリ、蕎麦、ヤブガラシ、カラスザンショウなど。
    秋採り
    濃厚なコクとクセがあり、深い味わい。主な蜜源は、セイタカアワダチソウ、蕎麦、ヤツデなど。

【お届けする時期】 2022年10月下旬から11月

事前購入いただくと、生産者からのリアルな成長記録や生産過程のレポートがメールで届きます

イメージ

千葉県長生村

長生村は、千葉県の房総半島九十九里浜に面し、東京から約60キロ、千葉市から約30キロの距離にある千葉県で唯一の村。
太平洋の黒潮による影響を受けて、年間を通して温暖な気候。自然豊かで絶景の海岸にもほど近く移住者も多い。

  • 一松海岸(イメージ)
    一松海岸(一松海水浴場)
    一松海水浴場は、一松海岸を200mにわたり海水浴場として整備されています。太平洋沿いに全長2,8km渡って広がる海岸です。夏期には海の家などの施設が整います。
    海水浴場をはじめ釣り、マリンスポーツなど年間を通じて多くの波を求める若者たちや、年齢層を超えた人々も訪れ賑わいます。太陽の光の中に舞い上がり子供達の歓声がはじけます。7月~8月は、絶好のシーサイド・レジャー・パラダイスとなります。
    (出典:まるごとe! ちば)
  • 中瀬大橋(イメージ)
    中瀬大橋
    明治時代、生涯を漁場にかけた一人の男「石井亀吉」の執念によってかけられたのが中瀬大橋。
    浜に出るには幸治川を渡る伝馬船「はしけ船」に頼るほか無く大変不便でした。当時は機械もなく砂の川底に杭を打つ作業は大変な困難ではありましたが、亀吉さんの執念によって巾2.4メートル、長さ100メートルにもおよぶ木造橋が完成しました。その後橋は架け替えられましたが、現在は老朽化により渡ることはできません。
  • BUB RESORT Chosei Village(イメージ)
    BUB RESORT Chosei Village
    思い切り遊べる、大自然の泊まれるテーマパークBUB RESORT Chosei Villageは、千葉県長生郡にある学校跡を再利用したグランピング施設です。
    約20種類から好きなアクティビティを選べて、夜は自然とともに泊まるグランピング体験ができます。
    公式HP:https://bub-resort.com/