絵本の世界さながらの素朴で温かい風景に癒やされて。

ピーターラビット™の作者ベアトリクス・ポターはこよなく愛したこの土地を購入し、開発しないことを条件に寄付することで美しい景色を守りました。100年前のイギリスの原風景に出会える場所、それが湖水地方。そしてそこは私たちが忘れた何かを思い出させてくれます。息を呑むような景色に囲まれて、しばらくの間何もかも忘れてのんびりしてみてはいかがでしょうか。

写真のスポット・・・湖水地方(Lake District)
車でロンドンから約6時間、電車で約4時間。田園風景が広がる湖水地方にはロンドンの喧騒とは明らかに違う、穏やかな時間が流れています。

●国名:
イギリス
●首都:
ロンドン
●面積:
244,820km2(日本の約2/3)
●人口:
約6,320万人(2016年時点)(日本の約半分)
●時差:
日本より9時間遅れ。サマータイム時は8時間。
●公用語:
英語
ピーターラビット™の世界へようこそ!

01_ヒルトップ農場 ビアトリクス・ポターが晩年を過ごした農家。 02_湖水地方の牧場風景 違う時間の流れを実感。 03_Aira Forth(アイラ・フォース) アーチがかかった滝は絵葉書のよう。アルスウォーターからトレッキングにて。 04_ウィンダミア湖畔の街ボウネス イングランド最大の湖でクルーズなどをぜひ。 04_グラスミアの街並み 素敵なティー・ルームで休憩を。

アルスウォーターを散策

美しい湖水地方とはひと味違った、岩と草の無骨な景色が広がるもう一つの湖水地方。しかし湖畔まで歩いていくと、穏やかで雄大な湖が待っています。汽船で湖上クルーズを楽しむことも可能。またAira Forth(アイラ・フォース)という滝があり、往復1時間位のトレッキングを楽しむこともできます。

もっとリゾートステイを楽しむための過ごし方

のんびり時間を忘れて過ごす贅沢

ホテルの目の前が湖なので、湖沿いをのんびり散歩するのもあり。晴れている日はテラス席でエールを飲んだり、お気に入りのティールームを見つけてお茶の時間を楽しんでみるのもいいかも。「せっかくの滞在をのんびりするなんてもったいない!」というお客様には観光満喫プランもご用意しました。
エールは冷たすぎないのがポイント!

リゾートホテルで過ごす素敵な時間

マクドナルドオールドイングランドホテル&スパ 〈ウィンダミア〉

イギリスらしさが残る雰囲気抜群のホテルにのんびり滞在 可愛らしいイギリスらしさが色濃く残るカントリーハウスホテル。イングランド最大の湖ウインダミア湖畔に佇むこのホテルは、息を呑むようなこの上なく美しい景色をお約束します。
クラシカルな外観と上品な色合いでコーディネートされた客室(一例)。

目も舌も大満足のディナー 湖水地方では、昔ながらのマナーハウスやカントリーハウスといった地方有力者の邸宅を改築したホテルが多く存在しています。シャローベイホテルもそのひとつ。湖畔に立ったカントリーハウスのレストランで、ゆっくりとディナーをお楽しみください。
イギリスの夏は日が長く、絵画のように美しい景色を眺めながら優雅なディナータイムを楽しめます。