キューバの楽しみ方

情緒に溢れる建物、懐かしさを感じる世界遺産の街へ

キューバには数多くの世界遺産が点在します。世界文化遺産「シエン・
フエゴスの都市歴史地区」や世界自然遺産「グランマ号上陸記念国立公園」
など、数多くの歴史ある世界遺産をご紹介します。

世界文化遺産 1982年登録

オールド・ハバナ(ハバナ旧市街)

カリブ最強の砦と言われた要塞に守られた旧市街には、立派なコロニアルな建築がたち並びます。“オールド・ハバナと要塞群”は1982年に世界文化遺産登録されました。

世界文化遺産 2005年登録

シエン・フエゴスの都市歴史地区

キューバの中心部南岸にある植民都市の先駆けとなった美しい街。フランス人が多く移住したことで、他のスペイン風の街並みとはことなる雰囲気です。

世界文化遺産 1988年登録

ロス・インヘニオス渓谷

18世紀末から19世紀末まで砂糖生産の中心地であり、最盛期には渓谷において50以上の製糖工場が稼働していたと言われています。

世界文化遺産 1999年登録

ビニャーレス渓谷

ハバナ市内から車で約4時間、オルガノス山脈にある渓谷は丸い小さな山がポコポコ並ぶ独特な景観が楽しめる。

世界文化遺産 2008年登録

カマグェイの歴史地区

トリニダーとサンチアゴ・デ・クーバの中間にある、コロニアルな街並みが印象的な都市。

世界自然遺産 1999年登録

グランマ号上陸記念国立公園

国立公園はシエラ・マエストラの西側の斜面にあたっており、石灰岩の段丘が海中まで伸びている。高低差は540mで、石灰岩の海岸段丘としては世界最大規模である。

世界自然遺産 2001年登録

アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園

山岳地帯から海岸にかけて広がる自然が生み出した景観と海岸線に広がる珊瑚礁などが大きな魅力になっている。

世界文化遺産 2000年登録

コーヒー農園発祥地の景観

キューバ南東部のサンティアゴ・デ・クーバ州とグアンタナモ州にまたがる、シエラ・マエストラ山脈の丘陵地帯814.75km2に広がる171のコーヒープランテーションの跡地である。

世界文化遺産 1997年登録

サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城

ヨーロッパの列強諸国がカリブ海の覇権を競った16世紀末、キューバの戦略的な重要拠点であるサンティアゴ港を防衛するため、スペインの国王フェリペ2世の命令で建設された。

2人の英雄のゆかりの地を訪れる

ヘミングウェイゆかりの地「コヒマル」やチェ・ゲバラゆかりの地
「革命広場」など、見逃せないスポットをご紹介します。

ヘミングウェイ ハバナ

ヘミングウェイ博物館

ノーベル文学賞を受賞した「老人と海」を書いたのが、このFヒンカ・ビヒア邸。広大な敷地をもつ邸宅内には、ヘミングウェイを知ることのできる数々の品が残されている。

ヘミングウェイ コヒマル

コヒマル

「老人と海」の舞台となった小さな漁村。ヘミングウェイはここから愛艇「ピラール号」に乗り、数えきれないほどの釣りに出かけた。

ヘミングウェイ コヒマル

ラ・テラサ

コヒマルの海岸から10分ほど歩いたところにある、ヘミングウェイが通ったレストラン&バー。壁にはヘミングウェイの写真が多数飾られている。

ヘミングウェイ ハバナ

ラ・フロリディータ

ヘミングウェイが定宿にしていたホテル・アンドス・ムンドスから、足繁く通ったレストラン&バー。ヘミングウェイが必ず注文した砂糖抜きのダイキリ「パパ・ヘミングウェイ」が飲める。

ヘミングウェイ ハバナ

ホテル・アンボス・ムンドス

邸宅を購入する以前に長期滞在していたホテル。泊まっていた511号室が博物館として公開されている。

ヘミングウェイ ハバナ

ラ・ボデギータ・デル・メディオ

フロリディータと同様に、ヘミングウェイが通っていたレストラン&バー。彼はここでも砂糖抜きのモヒートを注文した。

チェ・ゲバラ ハバナ

革命博物館

革命前までバティスタ政権の大統領官邸として使われていた建物自体も見応えがある。外にはガラスケースに収められたグランマ号を中心に、周囲には革命に使われたセスナやジープなどが展示されている。

チェ・ゲバラ ハバナ

革命広場

毎年5月1日メーデーなどに、国家評議会議長の演説が行われる。数十万人もの人が集まることもある。

チェ・ゲバラ ハバナ

ホセ・マルティ記念博物館

革命広場に面した高さ109mのかつての共産党本部。館内ではキューバ建国の父として国民的英雄のホセ・マルティのスペインとの独立戦争から革命戦争にいたるまでの歴史を展示。

チェ・ゲバラ ハバナ

カバーニャ要塞

革命政権発足後、チェ・ゲバラは国立銀行総裁および工業大臣に就任。ここカバーニャ要塞にある執務室で仕事をした。

青い海と白い砂浜のコントラストが美しいリゾート

カリブ海の真珠といわれたキューバは、美しい海岸線に縁取られた
リゾートホテルの立ち並び、細かな白砂がどこまでも透明な海と溶け合います。

リゾート バラデロ

バラデロ

もとは欧米のVIPの別荘地として愛されたリゾートでしたが、近年は開発が進み、デラックスクラスホテルやアクティビティーが充実したキューバ最大のビーチリゾートとして知られる様になりました。ホテルでのマリンスポーツや民芸品が並ぶ市街の街歩きなど、思い思いにバケーションをお楽しみください。

リゾート バラデロ

マンシオン・ザナドゥー

アメリカの財閥デュポンの大邸宅跡。キューバ人建築家により設計され建てられたスパニッシュ・コロニアル・スタイル。

リゾート バラデロ

アンブロシオ洞窟

1961年に発見された洞窟で、全長約200m。洞窟内には赤と黒の絵の具で描かれた線や渦巻きのような47個の岩絵が残されている。

リゾート バラデロ

バクナヤグア橋

ハバナとマタンサス州の境に位置する全長8kmのユムリ渓谷にかかる橋。キューバ最長で地上からはなんと112m。

  • 魅惑の街歩き ハバナ
  • 魅惑のリゾート バラデロ

様々な顔を持つキューバ H.I.S.のおすすめ旅行

その他のツアー商品を検索する
  • ラテンアメリカ特集
ページトップへ