南アフリカ旅行のイメージ

H.I.S.南アフリカ旅行(ツアー・観光)の予約

大自然と近代都市が共存する美しい国、南アフリカ。
喜望峰やテーブルマウンテンなどの絶景が楽しめるケープ半島、ジャカランダが咲き誇るプレトリア、サファリで多くの野生動物と出会えるクルーガー国立公園、ヨーロッパ文化の影響が伺えるケープタウンなど、多くの見所が旅行者を魅了し続けています。

検索

南アフリカ現地情報

旅ブロ 南アフリカ観光ブログ
添乗員同行ツアーブログ

スタッフおすすめの南アフリカツアー

H.I.S.スタッフが厳選する南アフリカツアー

南アフリカのホテル・オプショナルツアー・レンタカー

南アフリカ 基本情報

国旗/正式名称
ネパール国旗
南アフリカ共和国 REPUBLIC OF SOUTH AFRICA
首都
主都は3都市
行政府:プレトリア Pretoria
立法府:ケープタウン Cape Town
司法府:ブルームフォンテン Bloemfontein
人口
約5300万人
面積
日本の約3.2倍
宗教
キリスト教:約80%
その他ヒンズー教・イスラム教を信仰している人もいる。
言語
英語、アフリカーンス、ズールー語、など11の公用語がある。英語が通用する事が多い。
通貨
ランド
1ランド=100センツ
日本円→ランドへは、成田空港の一部でも両替できる。現地空港でも日本円→ランドへ両替可能。市内の両替商では日本円から両替できない事もある。
クレジットカード
VISA、MASTER、AMEX、DINERSなどが使える場所も多い。
ビザ
90日以内の観光はビザ不要。
パスポート残存有効期間
南アフリカ出国時30日以上のパスポート残存期間が必要、且つパスポートの未使用査証欄が2ページ以上必要。
気候
南半球にあるため、日本とは逆になる。6~8月は冬となり、11~3月が夏となる。
時差
日本から7時間遅れ
チップ
チップの習慣があります。レストランではサービスチャージが加算されている場合には不要。
南アフリカの水道事情は良い。水道水は飲めるが硬水なので日本人はミネラルウォーターを買う方が良い。
民族
黒人(79%)、白人(9.6%)、カラード(混血)(8.9%)、アジア系(2.5%)
電圧
220/230/250V 50Hz
プラグ
B3に似ているが大きさが異なるので、日本からはマルチタイプのものを持参し、現地で南アフリカ仕様の変換プラグを購入する事がおすすめ。ホテルなどではこのCタイプからの変換プラグが置いてある事も多い。
治安
ツアーで訪れるところは問題ありませんが、大金の現金を持ち歩いたり、日没後の外出は控えた方が良い。
  • メルマガ会員登録はこちら
  • 18歳未満の必要書類

南アフリカ 観光情報

ヨハネスブルグ
ヨハネスブルグ
南アフリカのゲートウェイ都市ヨハネスブルグ。近年では中心部の旧市街エリア、ニュータウンの再開発も進み、古い建物を活かした劇場や博物館なども見どころ。
ケープタウン
ケープタウン
喜望峰やボルダーズビーチなど、自然豊かなケープ半島観光の拠点となるケープタウン。ヨーロッパのような雰囲気のウォーターフロントではショッピングも楽しめます。
クルーガー国立公園
クルーガー国立公園
アフリカを代表する野生動物保護区のクルーガー国立公園は、サファリツアーのメッカ。保護区の面積は200万haにも及び、動物が見つけやすく、ワイルドな景色が広がっている。
プレトリア
プレトリア
南アフリカの行政の首都。大統領府などが入るユニオンビルなどが見所ですが、紫色のジャカランダが咲き誇る10~11月は特に多くの観光客が訪れます。
ナマクワランド
ナマクワランド
雨の多く降った後の8月下旬から9月上旬の春先にほんの2~3週間のみ、1年のほとんどは何も無い砂漠が、一面花の絨毯に覆われたような絶景に変わります。そのほとんどが南アフリカ固有種のワイルドフラワーや多肉植物が咲き誇る、期間限定の花の旅をお楽しみください。
ルナレインボー
ルナレインボー
満月の夜、轟音を響かし虹を浮かび上がらせるビクトリアフォールズが月光に浮かび上がる「ルナレインボー」。月明かりと虹と滝の共演を見られた方は本当に幸福です。
ページトップへ
ページトップへ