ポルトガル旅行 イメージ画像

H.I.S.ポルトガル旅行(ツアー・観光)の予約

ユーラシア大陸最西端の国、ポルトガル。太古の時代の壁画や、黄金期である大航海時代の建造物など、歴史に触れる世界遺産が数多く残ります。 首都リスボンは海外交易の拠点として発展した港町。大航海時代から旅人達が集う町には、今も黄色の路面電車が行き交い、素朴で趣ある光景が楽しめます。 ポートワインで有名なポルトや、王侯貴族に愛されたリゾート地・シントラ、大陸最西端の最果ての地・ロカ岬など、見どころは満載。 ポルトガルには常に新しい発見が溢れています。

検索

おすすめポルトガルツアー

航空券 最安値(※燃油サーチャージ除く)

ポルトガルのホテル・オプショナルツアー・レンタカー

オプショナルツアー

ポルトガル 基本情報

国旗/正式名称
ポルトガル国旗
ポルトガル共和国 Portuguese Republic
首都
リスボン Lisbon
宗教
カトリック教徒が圧倒的多数
言語
ポルトガル語
通貨
ユーロ
ビザ
180日間の期間内で90日の滞在まではビザ(査証)不要。但し往復の予約済み航空券か、予約確認書などの予約内容を証明するものが必要。
パスポート残存有効期間
シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上必要。
気候
年間通して温暖な気候。春(3~5月)は1年の中で雨が多い時期で雨具の他、ジャケットなど1枚羽織るものがあると便利。夏(6~9月)は乾季。気温は上がるが、湿度が低いため日陰や夜は冷え込む。秋(10~11月)は変動が大きく、カーディガンやジャケットのご用意を。冬(12~2月)は日本に比べて温かく、セーターや薄手のコートで十分。雨も多いため、雨具も用意するとよい。
時差
-9時間。 夏季サマータイム時には-8時間。
日本からのフライト時間
日本からは直行便が就航していないため、ヨーロッパの主要都市で乗り換えるルートが一般的。所要時間は、航空会社や乗り継ぎ時間によっても異なるが、概ね16時間以上。
チップ
快いサービスを受けた際や、通常以上の手間をとらせた場合などにはチップを手渡とよい。参考としては、タクシーではチップを渡す程度、レストランでは店の格により5~10%(サービス料が含まれていない場合)、ホテルのポーターに対しては荷物1個につき50セント、ルームサービスに対しては50セント程度が目安。
水道水(硬水)は飲めるが、水が変わると体調を崩す方も多いため、ミネラルウォーターを購入するのがおすすめ。
電圧
電圧220V、周波数50Hz。コンセントのプラグタイプはC又はSEタイプ。

祝祭日(2019年)

ポルトガル全体
2019年
1月1日 元旦 6月13日 聖アントニオ祭
3月5日 謝肉祭 6月20日 聖体節
4月18日 聖木曜日 6月24日 聖ジョアン祭
4月19日 聖金曜日 8月15日 聖母被昇天祭
4月21日 イースター 10月5日 共和制樹立記念日
4月22日 イースターマンデー 11月1日 万聖節(諸聖人の日)
4月25日 解放記念日 12月1日 独立回復記念日
5月1日 メーデー 12月8日 聖母懐胎祭
6月10日 ポルトガルの日 12月25日 クリスマス
  • メルマガ会員登録はこちら

ポルトガル 観光情報

リスボン
ポルトガル リスボン
ポルトガルの首都リスボンは大航海時代の入り口。ポルトガル海上帝国の繁栄を象徴する「世界遺産ジェロニモス修道院」や、偉人達が刻まれた「発見のモニュメント」など見どころが満載です。
ポルト
ポルトガル ポルト
ポルトガルの国名の由来となった地区。旧市街地はポルト歴史地区として世界遺産に登録されています。
コインブラ
ポルトガル コインブラ
ポルトガルで最も歴史のある名門「コインブラ大学」は13世紀に創立され、2013年にユネスコ世界遺産に登録されました。
ページトップへ