沖縄の「青の洞窟」でシュノーケリング!魅力や方法を徹底解説

沖縄の「青の洞窟」でシュノーケリング!魅力や方法を徹底解説

沖縄の「青の洞窟」といえば、沖縄屈指の人気シュノーケリングスポット。青の洞窟のアクセスや、青の洞窟にはどんな設備があるのか。どんなシュノーケリングが楽しめるのかを徹底解説します。これを読めば、沖縄の青の洞窟のすべてが分かります。

沖縄の青の洞窟でシュノーケリング!【1】/沖縄の青の洞窟とは?

沖縄の青の洞窟は、恩納村の真栄田(まえだ)岬にある海の洞窟です。

洞窟に差し込む光が、波長の関係で青白い光になり、洞窟内に広がることで、洞窟全体が幻想的な青白い輝きに包まれます。海の青さに太陽の光が差し込み、その景観は実にファンタジックです。

このような素晴らしいロケーションから、青の洞窟は沖縄屈指の人気ダイビング・シュノーケリングスポットとして知られています。青い光に照らされた洞窟での幻想的なシュノーケリングは、沖縄観光の大きな思い出になること間違いありません。

青白い光が海底を照らす幻想的な風景が広がる
青白い光が海底を照らす幻想的な風景が広がる

沖縄の青の洞窟でシュノーケリング!【2】/沖縄の青の洞窟へのアクセス方法

沖縄の青の洞窟へのアクセスは、那覇空港から車で約1時間15分。那覇市内からなら、約1時間ほどと見ておけばいいでしょう。

・レンタカーを利用する場合

運転免許証を持っていて自動車を運転できるなら、沖縄観光はやはりレンタカーの利用が便利。那覇市から距離のある沖縄の青の洞窟へのアクセスなら、なおさらでしょう。

沖縄の青の洞窟への道順は、県道58号線を北上するルートのほか、沖縄自動車道を使って北上するルートもあります。どちらも比較的シンプルな道順なので、カーナビが付いていれば、初めての道でも安心して運転できます。

真栄田岬の風景
真栄田岬の風景

・レンタカーを利用しない場合

レンタカーを利用しない(できない)場合は、公共交通機関のバスを利用しましょう。
沖縄の青の洞窟にもっとも近いバス停名は「久良波」です。

例えば、那覇空港のターミナルからだと、約1時間30分で久良波バス停に到着します。バス停から沖縄の青の洞窟までは、徒歩12分前後(約1km)です。

沖縄の青の洞窟に近い宿泊スポットを利用している場合なら、ほかにも、沖縄の青の洞窟へのアクセスにタクシーを使うという方法もあります。ただし、那覇空港や那覇市街からとなると、かなりのタクシー料金が発生するので、現実的ではないと考えたほうがいいでしょう。

沖縄の青の洞窟でシュノーケリング!【3】/沖縄の青の洞窟の施設

沖縄の青の洞窟は、沖縄屈指のダイビング・シュノーケリングスポット。それだけに、ダイビングやシュノーケリングに便利な施設が充実しています。どんな施設があるのか紹介しましょう。

真栄田岬の設備
真栄田岬の設備

・シャワー、コインロッカー等

ダイビングやシュノーケリングに必須の、シャワーやコインロッカー。真栄田岬管理事務所内に、温水シャワーやコインロッカー、ドライヤーを完備しています(いずれも有料)。

ただし、マリンショップによっては独自にシャワーやロッカーなどを用意している場合もあるので、事前に確認しましょう。

・飲食施設、売店

真栄田岬管理事務所内に飲食施設や売店が完備されています。飲食施設では沖縄そばやチキンカレーなど軽食を楽しめます。また売店では、ドリンクやタオル、水中カメラなどを販売しています。

・駐車場

沖縄の青の洞窟のある真栄田岬には、駐車場が180台完備されています(1時間100円)。
ただし、GWやお盆前後などのいわゆる「集中日」は、駐車場がかなり混み合います。

マリンショップ等に集合して出発するツアーではなく、現地集合するツアーの場合、上記の集中日のときは余裕をもって駐車場に到着しましょう。

・展望台

シュノーケリングには直接関係ありませんが、沖縄の青の洞窟がある真栄田岬には展望台も完備されています。

ここからの眺望は素晴らしく、2〜3月末にはザトウクジラが見られるラッキーなときもあります。展望台の周辺は芝生で美しく整備され、遊歩道をゆっくり散策できます。

沖縄の青の洞窟でシュノーケリング!【4】/沖縄の青の洞窟にシュノーケリングに行くには

沖縄の青の洞窟でシュノーケリングをする場合、ツアーに参加せずに個人でもできるのでしょうか? それとも、必ずツアーに参加しないといけないのでしょうか。

実は、沖縄の青の洞窟は、個人でもシュノーケリングすることが可能です。しかし、シュノーケリング経験が少ない人や、沖縄の青の洞窟に初めて行くような観光客は、やはりツアーに参加する方が安心でしょう。

ツアーではインストラクターが帯同し、安全にシュノーケリングが楽しめます。

真栄田岬から望む青の洞窟の周囲
真栄田岬から望む青の洞窟の周囲

マリンショップが主催するシュノーケリングツアーには、さまざまなプランがあります。ツアー選びでチェックするべきポイントを紹介しましょう。

・シュノーケリングツアー選びのポイント(1)ツアーの種類

シュノーケリングツアーには、グループごとの完全貸切ツアーと、他のグループと一緒に行う合同ツアーの2種類があります。

・シュノーケリングツアー選びのポイント(2)集合場所

集合場所は、マリンショップに集合するツアーと、現地集合の2パターンがあります。
マリンショップに集合するツアーは、ショップからの送迎を行ってくれます。
現地集合するツアーは、真栄田岬や真栄田港に直接集合します。

・シュノーケリングツアー選びのポイント(3)出発場所

真栄田“岬”から出発する場合、青の洞窟に行くために90段ある階段を歩く必要があります。
真栄田””港“から出発する場合、港からボートが出て青の洞窟にアクセスするので、階段の上り下りの必要がありません。

沖縄の青の洞窟でシュノーケリング!【5】/沖縄の青の洞窟のオススメシーズンと時間

・沖縄の青の洞窟に行くオススメのシーズン

沖縄の青の洞窟は、一年を通じてダイビング・シュノーケリングが楽しめます、しかし中でもベストシーズンというのなら、水温や天候等のバランスを考えると、梅雨明けした6月下旬〜9月頃がベストだといえます。

風が北寄りの風向きになるときは、青の洞窟付近の海域が荒れるため、中止となる場合があります。特に11月〜2月は台風や悪天候の影響で、中止になる日が多くなる傾向にあるので注意しましょう。

青の洞窟にはたくさんの魚が!
青の洞窟にはたくさんの魚が!

・沖縄の青の洞窟に行くオススメの時間

実は、沖縄の青の洞窟の水の透明度や洞窟内の光の色は、どの時間帯でもそれほど変わりません。
ただし、洞窟内の「人の混雑度」には、時間によって大きな違いがあります。

もっとも混雑するのは、午前10時からお昼頃まで。次に混雑するのは、午後1時から3時頃までです。

時間に余裕があるなら、混雑する時間帯の前後に当たる、朝方か夕方以降をチョイスしましょう。

沖縄の青の洞窟でシュノーケリング!【6】/沖縄の青の洞窟をより楽しむ!

沖縄の青の洞窟でのシュノーケリングは、とても楽しく、思い出に残るもの。しかし、もっと欲張りにシュノーケリングにオプションを加えると、さらに思い出深いものになるでしょう。

沖縄の青の洞窟のツアーを実施しているマリンショップでは、さまざまなオプションを用意しています。一例を紹介しましょう。

沖縄の海は楽しさいっぱい!
沖縄の海は楽しさいっぱい!

沖縄の青の洞窟ツアーのオプション例

・シーカヤックやSUP(スタンドアップパドル)なども一緒に楽しむプラン
・ランチ&ディナーとのセットプラン
・青の洞窟のナイトシュノーケリング

青の洞窟は、昼間の光の差し込むシュノーケリングだけでなく、夜のシュノーケリングツアーで月夜や夜光虫の光を楽しんだり、ほかのアクティビティを組み合わせたりすることもできます。
是非貴方だけの青の洞窟の楽しみ方を見つけてください。

青の洞窟 基本情報

  • 住所:沖縄県国頭郡恩納村字真栄田469-1
  • 電話:098-982-5339(真栄田岬管理事務所)

体験カテゴリの最新記事