公開日:

もうこれで悩まない。沖縄旅行のオススメお土産はコレ!

沖縄旅行で、最後に悩むのがお土産です。沖縄の楽しい思い出を、お土産というカタチで皆さんにおすそ分けしたいもの。ここでは、沖縄でのお土産購入のポイントをまとめてみました。会社でのばらまき用から、とっておきの逸品までご紹介します!

7,098 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS
沖縄の定番お土産って?

沖縄の定番お土産って?

 

沖縄の定番お土産って?

観光大国の沖縄は、お土産品が実に豊富です。「ちんすこう」に代表されるお菓子をはじめ、「海人」ブランドTシャツや、シーサーの置物といったオキナワグッズ、ポーク缶やタコライスといった食材、そして泡盛など、さまざまなものが挙げられます。むしろ「お土産の種類が多すぎて、何を選べばいいか分からない」と、目移りすることでしょう。

 

〈沖縄の定番お土産例〉
お菓子(ちんすこう、サーターアンダギー、紅いもタルトなど)

お菓子

お菓子

 

オキナワグッズ(ご当地Tシャツ、マグカップ、置物、キーホルダーなど)

オキナワグッズ

オキナワグッズ

 

伝統工芸品(やちむん、琉球ガラスなど)

伝統工芸品

伝統工芸品

 

オキナワ食材(ポーク缶、タコライスのもと、ボンカレーなど沖縄限定パッケージ食品)

オキナワ食材

オキナワ食材

 

テーマパークなどのオリジナルグッズ(沖縄美ら海水族館のジンベエザメぬいぐるみなど)

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館 (出典|公式HP

 

健康食材(ウコン、海塩など)

健康食材

健康食材

 

沖縄のお土産はどこで買えばいいの?

沖縄のお土産は、「どこでも購入できる」と言えるほど、購入には困りません。「そこでしか買えないもの」以外は、荷物がドンドン増えるので、帰路にまとめて購入しましょう。特に、かさばりそうなお菓子などは要注意です。

沖縄の定番的なお土産購入スポットといえば、「国際通り」と「那覇空港」がツートップです。
国際通りは、ストリート中にお土産店があり、メジャーなお土産なら何でも手に入ります。また、同じお土産でも、那覇空港で買うよりも値引きされていることがメリットです。ただし店員さんの“マジック”にかかると、ついつい買いすぎてしまうので注意。店によってはオリジナルのショッピングバッグもあり、それ自体がお土産になります。

沖縄のお土産

沖縄のお土産

 

沖縄のお土産

沖縄のお土産

 

また、国際通りから1本入った商店街にも、多くのお土産店があります。ウコンなどの健康食品は、「第一牧志公設市場」内でも入手できます。

沖縄のお土産

沖縄のお土産

 

那覇空港は、帰りの飛行機を待つ間に、ゆっくりと購入できることが最大のメリット。ただし原則、定価販売となります。那覇空港限定のお土産もあるので、限定品好きな人はチェックしましょう。

 

会社でのばらまき用なら、定番のお菓子がおススメ!

会社の同僚などに配るお土産は、お土産の内容そのものよりも「お土産を買ってきたか」ということ自体が重要となります。人数が多いほど数も必要となるので、リーズナブルに購入したいものです。
そうなると、やはり当たり障りのない定番の「ちんすこう」などが第一候補となります。定番なら当たり外れが少なく、誰が見ても「沖縄のお土産」と分かりやすいというメリットがあります。

定番のお菓子

定番のお菓子

 

ひと口にちんすこうと言っても、たくさんの会社があります。味も、スタンダードからコーヒー、などさまざまな味が用意されています。店や商品によっては「3箱で○○○円」など、まとめ買いセールを行なっている場合もあるので、チェックしましょう。

女性が多い会社などでは、クッキーやタルトといった洋菓子系がおススメです。定番中の定番は「紅いもタルト」ですが、洋菓子にも季節限定品など数限りない種類があり、意外とチョイスに悩むので、買い物には時間に余裕を持ちましょう。

定番のお菓子

定番のお菓子

 

 

ハイセンスなセレクト沖縄土産を狙うならコレ!

大切な人に贈りたい沖縄土産は、厳選に厳選を重ねたいものです。そんなときに候補に挙げたいのが、いま話題のハイセンスな沖縄土産です。
沖縄の気候風土が育んだ、豊かな素材や文化が背景にあり、沖縄ならではの個性豊かなアイテムばかり。もらって喜ばれるものばかりです。

 

今風(なまかじ)

「沖縄の今(旬)と風(風情)をお届けする」をコンセプトに、沖縄の春夏秋冬を意識したお土産をラインナップ。沖縄限定・季節限定・数量限定で、スペシャルな沖縄お土産として大注目のブランドです。
旬のパイナップルやシークワーサーを使った黒糖ベースの「パインアップルガトーショコラ」、沖縄産豚肉で作られたオーブン焼きのソーセージ「プカプカプーカのクレピネットケーゼ」、海や畑からの素材が凝縮された三層の「旬海選かまぼこ」など多彩なお土産をセレクトしています。
「わしたショップ国際通り本店」「那覇空港わしたショップ」などに特設コーナーがあります。

今風

(出典|今風公式HPより)

今風

(出典|今風公式HPより)

 

わしたショップ国際通り本店 基本情報

  • ・住所:沖縄県那覇市久茂地3-2-22
  • ・ 電話:098-864-0555

 

fromo(フローモ)

沖縄の自然や風土を生かしたハンドメイドのコスメブランド。ソープ、コスメ、アロマ、ハチミツ…。沖縄素材にこだわった自然素材アイテムを各種揃えています。石けんは、「地・太陽・海・風・月」という沖縄の自然観にならい、スキンやメンタルの状態に合わせて5つのエレメントから選ぶことができます。またハチミツは、自前で養蜂園を持ち、20万匹のミツバチを飼育するこだわりです。

商品は東京の一部ショップでも購入できますが、せっかくなら沖縄でお土産として手に入れたいものです。直営の実店舗のほか、県内の各地にある提携ショップで購入できます。

fromo(フローモ)

(出典|fromo(フローモ)公式FBページ より)

 

FROMO FACTORY&SHOP 基本情報

  • ・住所:沖縄県嘉手納町水釜476-7229
  • ・電話:098-956-2324

 

 

gallery K.

手仕事作家のアトリエが集まっている南城市玉城にある、木工職人・藤本健氏の工房。木工旋盤を使った器をメインに製作していて、美しい形の器のみならず、少しいびつだったり、欠けたり割れたりした器などもデザインの個性として尊重しています。水分を含んだ生木から作られた作品は、豊かな質感と個性的な表情が魅力です。

gallery K.

(出典|gallery K.公式HPより)

gallery K.

(出典|gallery K.公式HPより)

 

gallery K. 基本情報

  • ・住所:沖縄県南城市玉城字屋嘉部123-1
  • ・電話:090-9781-3481

 

 

沖縄の名産の一つに「塩」があります。県内の各地で作られている数ある沖縄産の塩の中でも、雪のようなパウダー状の自然塩として知られているのが「宮古島の雪塩」。全国的にもファンが多いブランドです。塩のほか、塩を使ったスキンケア商品やスイーツなども多数。
直営店は、国際通り店や宮古空港店など5店舗があります。中でも「雪塩ミュージアム」では、雪塩の製造工程が見学できたり、雪塩ソフトクリームも食べられたりします。

雪塩ミュージアム

(出典|雪塩ミュージアム公式HPより)

雪塩ミュージアム

(出典|雪塩ミュージアム公式HPより)

 

宮古島の雪塩 雪塩ミュージアム 基本情報

  • ・住所:沖縄県宮古島市平良字狩俣191
  • ・電話:0980-72-5667

宮古島の雪塩 国際通り店 基本情報

  • ・住所:沖縄県那覇市久茂地3-1-1
  • ・電話:098-860-8585

 

沖縄のプロスポーツチームグッズ

バスケットボールの「KINGS」、サッカーの「FC琉球」、そしてハンドボールの「琉球コラソン」。沖縄をホームとする3つのプロスポーツチームのオリジナルアイテムが、じわじわと人気上昇中です。

 

KINGS

沖縄らしいネイビーブルーのユニホームやTシャツ、プレイヤーズキータグなどが人気です。XLARGEとのコラボTシャツもあります。

KINGS

(出典|KINGS 公式HPより)

 

KINGS公式グッズショップ基本情報

  • ・住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜9-1 デポアイランドA棟1-F
  • ・電話:098-982-7322

 

FC琉球

ユニホームやTシャツ、かりゆしウエア、ホーホルダーなど豊富なアイテムがあります。グッズはクラブパートナーの「沖縄ファミリーマート」の那覇空港ターミナル店や国際通り店などで販売されています。

FC琉球

(出典|FC琉球公式HPより)

 

沖縄ファミリーマート 那覇空港ターミナル店 基本情報

  • ・住所:沖縄県那覇市字鏡水150

 

琉球コラソン

ユニホームやTシャツ、かりゆしウエア、ホーホルダーなど豊富なアイテムがあります。青+赤のオリジナルキャップがカッコいい!グッズは球団事務所併設のショップで購入できます。

琉球コラソン

(出典|琉球コラソン公式HPより)

 

琉球コラソン事務所 基本情報

  • ・住所:沖縄県浦添市屋富祖4-2-1山城店舗1F
  • ・電話:098-917-2347

 

やちむん(焼物)

沖縄のお土産といえば、やはり焼物は外せません。おおらかな絵付けと、厚みのある存在感がやちむんの特徴。伝統的なもの、オリジナリティ溢れるものなど多種多彩です。
中でも、やちむん店が密集するストリート「壺屋やちむん通り」(那覇市)や、19の工房が集まる「やちむんの里」(読谷村)では、さまざまな窯元の作品がそろいます。
やちむんとの出会いは、一期一会。2度と同じものは手に入らないかも知れません。決して自分の好みで選ばず、お土産を渡す人のことを思いながら「この人にはこの器がぴったり」と、ていねいに選ぶことが大切です。もちろん「自分へのお土産」という意味でも、やちむんはぴったりです。

やちむん(焼物)

(出典|読谷村観光協会公式HPより)

やちむん(焼物)

やちむん(焼物)

 

壺屋やちむん通り 基本情報

  • ・住所:沖縄県那覇市壺屋1

やちむんの里 基本情報

  • ・住所:読谷村座喜味2653-1
  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

New Arrival[新着記事]

新着一覧を見る

Relation Topicks[関連記事]