レンタカーご利用方法

  • トップページ
  • レンタカーご利用方法
  • グランドサークル観光 スポット紹介
  • アメリカ西部絶景ドライブ
  • パームスプリングの休日

01.レンタカー車種のご案内 4人だから4人乗りを借りても、荷物の量を考えると案外手狭に。トランク容量なども参考にしましょう。

ご利用車種

【レンタルの際に必要な物】
●利用国の最低利用年齢制限を満たしていること。 ●運転者名義の国際クレジットカードを所持していること。(借りるときに必要です) ●取得後1年以上の有効な日本の免許証および国際免許証を所持していること。(借りるときに必要です)
【レンタカープランに含まれる物】
●レンタカー1台 ●アシストサービス ●各種保険:LDW、PAI、PEC、LP、LIS
【レンタカープランに含まれない物】
●21〜24歳のヤングドライバー追加料金:ヤングドライバーは現地にてレンタルする際に、コンパクトカー、フルサイズは車1台につき1日27アメリカドル+TAX、SUV、ミニバンは車1台につき1日30アメリカドル+TAXが別途必要になります。※掲載の金額は変更になる場合がございます。 ●利用中のガソリン代や駐車場代などの費用 ●チャイルドシート ●ESP(緊急医療保険)、PERS(プレミアム緊急ロードサイドサービス) ●乗り捨て代金

02.交通ルールとトラブル対策 内の運転に慣れていても、アメリカでの運転事情は異なります。日本との交通ルールの違いを覚えて、安全なドライブの旅を楽しもう!

これだけは知っておこう

  • 右側通行・左ハンドル

    常に“右側通行”を意識して運転する

    アメリカ・カナダは日本と逆の右側通行。運転に慣れるまでは常に右側通行だという意識を持って運転しよう。特に左折する時は要注意!

  • 赤信号の右折

    安全確認できたら赤信号でも右折可

    赤信号でも一時停止後、安全確認ができれば右折OK。
    ただし“NO TURN ON RED”の標識がある交差点では右折できないので、ご注意を。

  • 制限速度

    制限速度は標識で必ずチェック! 警察のチェックは厳しい

    アメリカの交通法規は州政府ごとに決定され、州が変わると制限速度も変わる場合があります。
    日本よりも違反のチェックは厳しいので、標識は必ず確認を。

  • スクールバスに注意!

    停車中のスクールバスは追い越し禁止

    前方のスクールバスが停車して赤いライトが点滅を始めたら、後続車はその場で停車しなければなりません。要注意。

  • アルコールは絶対に禁止

    同乗者の車内飲酒も違法、栓の開いたアルコール飲料を車内に持ち込むだけで違法

    当然ですが飲酒運転は厳しく罰せられます。特に事故を起こした場合、保険が適応されなくなる可能性もあります。ルールも日本よりも厳しいのでお気をつけください。

万が一のトラブルの場合

  • 人身事故の場合

    まずは負傷者の救助にあたり、後続車に事故を知らせ、事故防止に努めましょう。その後、ハイウェイパトロールか警察、さらにレンタカー会社に連絡を。警察官にレンタカー会社でもらったアクシデントシートに記入してもらうのを忘れずに。そのシートはレンタカー会社に提出します。

  • 車の故障の場合

    各レンタカー会社にロードサービスがあるので、慌てずに連絡し、指示を仰ぎましょう。英語での会話に不安がある方は「Japanese desk, please」と言えば、日本語スタッフがいれば、代わってくれます。パンクしたら修理するまではスペアタイヤで走行しましょう。

03.動画で見る、レンタカーの借り方・返し方 海外レンタカー利用が初めての方も、手順さえ理解していれば、借りるのも返すのも簡単!

  • チェックアウト(借り方)

    ホテルの場合と違い、レンタカーでチェックアウトとは「車を借りる」こと。
    契約内容や車の状態などをしっかりと確認して、後でトラブらないように注意。

  • チェックイン(返し方)

    チェックインとは「車を返す」こと。その行程はチェックアウトに比べればずっと単純。最後に車中に忘れ物をして、楽しかった旅を台無しにしないように!

出発する前に、チェックアウト時の注意事項

  • カウンター

    アップグレードについて

    カウンターでの受付けの際に、車種のアップグレードを勧められることがあります。必要がなければ、はっきりと断りましょう。

  • 駐車場

    駐車場での練習

    時間に余裕があれば、公道に出る前に車の確認を兼ねて、駐車場で運転の練習をするのをオススメします。レンタカー会社の駐車場は十分に広いので、存分に練習ができるはずです。

  • チャイルドシート

    チャイルドシート(有料)

    各種チャイルドシートが用意してあるので、お子様連れのお客様も安心です。乳児用・幼児用・子供用とタイプが分かれているので、お子様の年齢・体重に合わせたシートを借りることができます。

  • 出入り口のギザギザに注意!

    出入り口のギザギザに注意!

    盗難や関係者以外の立ち入りを防ぐために、営業所の出入り口にはギザギザのでっぱりがあります。正しい方向に進めば問題ありませんが、逆方向に進むとタイヤに大きな穴があき、大変なことに!

04.動画で見る、ガソリンスタンドとパーキング利用方法 日本とのシステムの違いに最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、手順さえ覚えれば問題ありません。

  • ガソリンスタンド

    北米のガソリンスタンドには、「フルサービス」と「セルフサービス」の2種類があります。ここでは料金がお得な「セルフサービス」をご紹介します。

  • パーキング

    北米では駐車違反の取り締まりが厳しいので、軽い気持ちでの違法駐車は厳禁です!ちょっとの駐車でも面倒臭がらずに、駐車場に入れましょう。

アメリカドライブ豆知識

“ガソリンスタンドセドナ
  • “給油は早めに”が鉄則

    田舎道では何十マイルもガソリンスタンドがないことも多い。ガス欠で人気のない道で立ち往生・・・なんてことになったら命に関わることも。早め早めの給油を心掛けましょう。また、夜の給油も避けるのが無難。
    ※日本では「ガソリンスタンド」、アメリカでは「ガスステーション」といいます。

  • ガソリン価格

    ガソリンの価格はスタンドごとに違います。アメリカでは通常ガロン(約3.8リットル)あたりの値段が表示されます。

  • ガソリンの種類

    無鉛と無鉛ハイオクがあります。アメリカのレンタカーの場合は無鉛でOK。

  • クレジットカード決済時Zip codeの入力が必要な場合

    アメリカではスリットにクレジットカードを通すとZip codeの入力が必要な場合があります。その場合は、ガソリンスタンドのレジ(店内)へ行きましょう。

05.手続き簡単!これがあれば安心ドライブ!

  • 運転免許証翻訳フォーム(HDLT)

    運転免許証発行のための手続きの時間がない!そんな方には免許証翻訳フォームでらくらく申請!多くの国では日本の免許証と国際免許証の両方を持っていくことが基本です。しかし最近は各レンタカー会社とも免許証翻訳サービスを導入しており、米国内では日本の免許証と翻訳フォームを携帯していれば国際免許証の代わりになります。

    必要なもの
    • ・日本の免許証の写し
    • ・申し込み用紙
    • ・発行料¥1,000(1件につき)
    必要なもの
  • 各種保険内容

    海外の場合、自動車損害賠償保険(強制保険)の補償額が少ないので万が一を考えて「任意保険」に追加加入しておくのがベスト。ここでは主な「任意保険」をご紹介します。

    車両損害補償制度(LDW)
    盗難(※)、紛失、破損などによってレンタルした車両に損害がおよんだ場合に、契約者の損害額負担を免除する制度です(保険ではありません)。偶発的な火災、天災などはこの制度の対象となりません。※契約者の不注意により発生した盗難による損害は補償されません。
    契約者と同乗者のための搭乗者傷害保険(PAI)
    運転中、契約者や同乗者が事故によって負傷した際に規定の金額が支払われる制度。国によって支払い対象となる負傷の程度が定められている場合があります。保険料は「携行品保険」とセットになっていることが多く、セットで1日約7アメリカドルほど。
    持ち物の盗難を補償する携行品保険(PEC)
    レンタカー利用中の荷物の盗難、破損による損害を補償する保険。駐車中にトランクを破られて物品を盗まれた場合などに被害金額の一部が補償されます。ただし、現金等は含まれません。また補償の対象は契約者および第二親等、同居家族に限定されます。
    対人対物保険(LP)をアップする追加自動車損害賠償保険(LIS)
    レンタル契約時に自動的に加入となる対人対物保険(LP)に追加代金を払う事で、補償額限度をアップする保険です。

    ※金額などは州によって異なります。

  • トップページ
  • レンタカーご利用方法
  • グランドサークル観光 スポット紹介
  • アメリカ西部絶景ドライブ
  • パームスプリングの休日
ページトップへ