「TRAIN SUITE 四季島」で巡る 週末で行く冬の東国(とうごく)~茨城・千葉・神奈川~3日間(「TRAIN SUITE 四季島」1泊2日コース/冬)|プレミアム国内旅行【HIS首都圏発】

  • QUALITA特別企画
  • 限定16組
  • 添乗員同行
  • 各地発着

全室東京スカイツリー®ビューの客室をご用意

「TRAIN SUITE 四季島」で巡る 週末で行く冬の東国(とうごく)
~茨城・千葉・神奈川~3日間(「TRAIN SUITE 四季島」1泊2日コース/冬)

2025年1月24日(金)

510,000
スイート客室 2名1室ご利用時 お一人様旅行代金
商品の見どころをチェック

ツアーポイント

TourPoint

QUALITA特別企画

「TRAIN SUITE 四季島」(1泊2日コース/冬)に乗車

東国(とうごく)の冬日の光を受けて、聖なる社の森から太平洋をめぐる旅。

冬ならではの“凛”と張り詰めた澄んだ空気を楽しみながら、「TRAIN SUITE 四季島」で<歴史・文化><アート><絶景>を堪能できる、週末に巡る1泊2日の列車の旅をご用意しました。
常陸国一宮として知られる鹿島神宮での特別祈祷、歴史的町並みが残る佐原での散策は案内人による特別解説を聞きながらお楽しみいただきます。 海の見える駅として人気の根府川駅ではホームや駅舎から見渡す相模湾の眺望を、そして雄大なアートと相模湾の絶景を望む「江之浦測候所」にもご案内します。 小田原「イルマーレ」による車内でのランチなど、「TRAIN SUITE 四季島」でしかできない特別な体験をお楽しみください。

抜群の眺望を誇る浅草ビューホテルでのひととき

東京スカイツリー®を始めとする雄大な眺望や心和む下町情緒と共に、浅草ならではの温かなおもてなしが魅力です。
~~~先着10組様には16階以上の高層階の客室を優先的にご用意します~~~

  • ※詳細は、下記ホテルの客室紹介欄をご覧ください。

旅と料理がリンクし、腕利きのシェフが毎回の食事を繋ぐ

今回の旅では、フレンチの他、和食、イタリアンなど、旅先の各地で、その地元と食材を愛し育んできた料理人たちが作り出す、その土地にしかない美味を、美しい車窓の風景とともに味わっていただきます。また、車内で提供されるアルコール類を含むお飲み物は全て料金に含まれております。素晴らしい風景と共に、優雅な時間をお過ごしいただけます。

プライベート感を重視した自由な旅

ホテルから上野駅へは、大型バスでの移動ではなく、お客様1組毎の、専用車をご用意しております。他のお客様を待ったり、気にすることなく思い思いの時間をお過ごしいただけます。

列車紹介

Train Introduction

「TRAIN SUITE 四季島」の魅力

~かつてない感動に出会う。~

日本には、色鮮やかに移り変わる四季があります。 その中で育まれた文化や芸術、風習。 そして、長い歳月をかけて研ぎ澄ませてきた、人々の繊細な感性。 時間と空間の移り変わりを楽しむ「TRAIN SUITE 四季島」での上質な体験は、 日本のクルーズトレインでしか出会うことのできない、 この四季がもたらす恩恵を、享受し尽くす事に他ありません。 「今までの人生で、最高の体験だった」乗る人の記憶に、いつまでも残り続ける旅を目指して。 黄金色に輝く列車が、静かに走り出します。

「四季島」1日目 上野駅(東京都 )

  •  
  • 列車は上野駅を出発し、車内での昼食を楽しみながら鹿島神宮駅へと向かいます。

「四季島」1日目 鹿島神宮駅(茨城県)

  •  
  • 下車後、常陸国一宮として知られる「鹿島神宮」、歴史的町並みが残る「佐原(千葉県)」へご案内します。

「四季島」1日目 佐原駅(千葉県)

  •  
  • 出発後、車内で夕食となります。列車は神奈川方面へ向かいます。

「四季島」2日目 根府川駅(神奈川県)

  •  
  • 早朝の日の出の時間に合わせて停車、ホームや駅舎から日の出鑑賞をお楽しみください。※天候によりご覧いただけない場合があります。

「四季島」2日目 小田原駅(神奈川県)

  •  
  • 2日目の朝食は列車を降り、車外にてご用意しております。朝食後、「江之浦測候所」へご案内します。 その後、小田原駅へ戻り「四季島」に乗車、昼食を楽しみながら上野駅へ向かいます。

上野駅(東京都)

「LOUNGE こもれび」(5号車)

穏やかな樹林を思わせる壁が印象的なラウンジは、「TRAIN SUITE 四季島」の感動体験に皆様を導く入口。東日本各地に息づく工芸品が調度として取り入れられ、旅の時間をともにする人との語らいを生み出す契機ともなるでしょう。

「DINING しきしま」(6号車)

料理や食材との出逢いは、旅の感動をより深めてくれるもの。「四季島」の旅でしか着くことができない特別なテーブルへ、どうぞ足をお運びください。東日本の沿線各地で採れる旬の食材を使った料理を、心を込めてご用意いたします。

「VIEW TERRACE きざし・いぶき」 (1・10号車)

先頭車両と最後尾車両はいずれも展望車両。未来へ進む意志を、光のかけらのような窓で表現した開放的なデザインが目を引きます。ダイナミックに流れる車窓をお楽しみください。

「プロローグ四季島」(ご乗車前)

旅の起点となる上野駅に、これから「TRAIN SUITE 四季島」の旅にご出発いただくお客さま専用のラウンジ「プロローグ四季島」をご用意しております。これから始まる感動体験を予感させる、深い落ち着きに満ちた空間です。

「新たな旅立ちの13.5番線ホーム」(ご乗車前)

「TRAIN SUITE 四季島」専用の「新たな旅立ちの13.5番線ホーム」からご乗車いただきます。

客室
Room

※写真は全てイメージです。

「TRAIN SUITE 四季島」の旅を彩る食事

旅と料理がリンクし、腕利きのシェフが毎回の食事を繋ぐ

昼、夜はもちろん、朝食にも、その土地の風土を感じていただける料理をご用意していきます。 旅先の各地で、その地元と食材を愛し育んできた料理人たちが作り出す、 その土地にしかない美味を、美しい車窓の風景とともに味わう。 それはまさに、「記憶に残る料理」となることでしょう。

昼食(車内1日目)

車内

「神楽坂くろす」による昼食

伝統をしっかりと踏襲し、真摯に素材と向き合う。見た目にも美しく華やかな日本料理を旅のはじまりにお楽しみください。

夕食(車内1日目)

車内

「TRAIN SUITE 四季島」総料理長 池内 英治による夕食

「TRAIN SUITE 四季島」の総料理長 池内 英治による、東日本の食材を存分に味わえるフレンチディナーをお楽しみください。監修を務める歴代の総料理長が築き上げてきた「TRAIN SUITE 四季島」の料理や想いを継承し、その土地ならではの食材や文化を大切にしたストーリー性のある料理を創り上げていきます。

朝食(車内2日目)

車外

「報徳会館 食樂庵 報徳」での朝食

相模湾近海で獲れた魚や箱根山麓の野菜など、地元の山海の幸にあふれた和会席でおもてなしいたします。

昼食(車内2日目)

車内

「イルマーレ」依田 隆による昼食

店の目の前にある小田原漁港から揚がった新鮮な魚介類が自慢。 小田原ならではのイタリアンをご提供いたします。

※写真は全てイメージです。

「TRAIN SUITE 四季島」で巡る 深遊 探訪

日本の奥の深さと出会い、時どきのうつろいを愛でる旅

列車で移動しながら旅をし、東国(とうごく)の柔らかな冬日の光を受けて、 聖なる社の森から太平洋をめぐる旅。 「TRAIN SUITE 四季島」冬の1泊2日コースの行程は、 上野駅を出発し、茨城県、千葉県、神奈川県を巡り、出発の地・上野駅に戻ります。

車内

変化に富んだ風景

森林や田園、海辺といった変化に富んだ各地の風景が駆け抜けていく劇的な空間。
四季折々、時とともに刻々と移りゆく風景を楽しむことこそ「TRAIN SUITE 四季島」の旅の魅力です。

車内

トレインクルーのおもてなし

「TRAIN SUITE 四季島」の上質な空間の中で、安らぎを感じながらおくつろぎいただけるように、お客さまをサポートさせていただくのがトレインクルーの役割です。時にはバトラーとして、旅の始まりから終わりまでお客さま一人ひとりにご満足いただけるよう、家族のような温かみのある、気持ちに寄り添ったサービスをご提供いたします。

車内

客室でくつろぐ

開放感のある大きな窓で、客室での滞在も快適にお過ごしいただけます。壁には今や希少な和漆、岩手の浄法寺漆を使ったパネルや仙台箪笥をイメージした設えのクローゼット等、こだわりぬかれています。ミニバー、Bluetoothスピーカーが設置されており、好きな音楽を聴きながらプライベートな空間でおくつろぎいただけます。

車内

バータイムを愉しむ

5号車「LOUNGE こもれび」でバータイムをお楽しみいただけます。
流れゆく車窓の風景とともに夜のひとときをお過ごしください。(清掃および消毒のため、24時~5時まではご利用いただけません)。

観光(茨城県)

鹿島神宮

常陸国一宮として知られ、御祭神「武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)」を祀る「鹿島神宮」。 旅立つ際に道中の無事を祈る「鹿島立ち」でも知られるこちらで特別祈祷をいただきます。神宮の深い森の奥参道には、神の使いとされている鹿がくつろぐ姿などの見どころも点在します。

観光(千葉県)

佐原

小野川沿いを中心に歴史的町並みが残る佐原。日本の測量地図の父・伊能忠敬ゆかりの地でもあるこの町を、案内人による特別解説でご散策いただきます。水運で栄えた江戸のころに想いを馳せ、土蔵や町屋造りの町並みを楽しみながら、佐原の歴史と文化を探訪します。

観光(神奈川県)

根府川駅(ねぶかわえき)の日の出

海の見える駅として人気の根府川駅は、相模湾を見下ろす丘の上にあり、ホームや駅舎から見渡す眺望が見事です。この旅では、早朝の日の出の時間に合わせて列車が停車します。ホームに降りて海から昇る朝日を浴びるもよし、車窓からゆっくり眺めるもよし、ご自由にお過ごしください。
※天候によりご覧いただけない場合があります。

観光(神奈川県)

報徳二宮神社

朝食後は、隣接する「報徳二宮神社」で散策やご参拝いただくことができます。江戸時代に多くの農村を飢饉から復興させた郷土の偉人・二宮尊徳(金次郎)を祀る報徳二宮神社には、薪を背負って本を読む少年時代の二宮金次郎像が立っており、郷愁を誘います。

観光(神奈川県)

小田原文化財団 江之浦測候所(えのうらそっこうじょ)

世界的な現代美術作家・杉本博司による美術展示施設「江之浦測候所」。広大な敷地に、ガラス張りのギャラリー棟や海へせり出す形で造られた光学硝子舞台、1,000年以上前のものを含む考古遺物のコレクションなどが広がっています。相模湾を眺めながら、解説付きでご案内いたします。自然を感じる風の中で、雄大なアートと絶景をお楽しみください。

※写真は全てイメージです。

宿泊先

Hotel

    浅草/東京都

    1日目

    浅草ビューホテル

    東京スカイツリー®と浅草らしい景色を堪能するホテル 浅草ビューホテル
    地上28階地下3階建てであり、つくばエクスプレス「浅草駅」に直結。最大の魅力はその「眺望」です。客室から見る東京スカイツリー®、浅草らしい伝統を感じさせる景色、眼下の隅田川やはるか遠くまで広がる東京の夜景など、さまざまな景色が堪能できます。"

    アクセス
    • 東京メトロ 田原町から徒歩7分
    住所
    〒111-8765 東京都台東区西浅草3-17-1

    客室

    デラックスツインルーム

    • 広さ37.5平米
    • 定員1~2名
    • 7~20階

    デラックスツインルームは、37.5㎡のゆったりとしたレイアウトの客室です。全室東京スカイツリー®側で眺望をお愉しみいただけます。

    客室設備・アメニティ
    • 無料WI-FI
    • 浴室
    • ユニットバス
    • 洗浄機能付トイレ
    • 金庫
      PAGE
      TOP