注目の宮古島!おすすめの観光とアクティビティ26選

注目の宮古島!おすすめの観光とアクティビティ26選
宮古島 与那覇前浜ビーチ
与那覇前浜ビーチ

沖縄本島と石垣島の中間地点にある宮古諸島の中心的な島「宮古島」
本島とも八重山とも違う文化と美しい自然・透明度の高いミヤコブルーのビーチで、ファンや観光客が増えている南海のリゾートアイランドです。
みやこ下地島空港ターミナルの開業やLCCのジェットスタージャパン、スカイマークの就航で、これまでよりもっと気軽に遊びに行けるようになり注目度アップ!
とはいえ、本島や石垣島と比べるとまだあまり知られていないため、つまらないとも思われがち?
そんな宮古島の隠れた魅力や、天気に恵まれなかった時にも楽しめる観光スポットなど、宮古島を深く知ることが出来るポイントをご紹介します。
これでアナタも宮古島ツウ

宮古島ってどんな島?

宮古諸島はサンゴが隆起して形成された島々で、最も高いところでも標高107mと島全体が平坦な宮古島は琉球石灰岩で構成され、実は宮古島には川らしい川がありません。
しかし豊富な地下水により農業も盛んにおこなわれ、最近ではマンゴーをはじめとするトロピカルフルーツの栽培も盛んです
また、宮古方言(みゃーくふつ)に代表される宮古文化は、沖縄本島とも八重山諸島とも異なる独特のものです。

宮古島の魅力

created by dji camera

宮古島周辺の海は水の透明度の高さが評判でシュノーケリングやダイビングも盛んですが、これは島に川がなく海が濁ることが少ないためだそうです。
石垣島と比較されることも多い宮古島ですが、海外リゾートで例えるならば、石垣島はグアム、宮古島はサイパンといったところでしょうか。

宮古島の気候・服装

年間の平均気温が23度と一年を通じて温暖で、夏は四方の海から吹いてくる風が熱をやわらげ、冬は黒潮の恩恵で比較的暖かい島です。
冬でも半袖や薄手の長袖シャツ一枚でも過ごせますが、冬は風の強い日に冷えることもあるので、カーディガンなど羽織れるものがあると良いでしょう
宮古島がつまらないと思われてしまう原因の一つに、夏休みシーズンがそのまま台風シーズンと重なってしまうことも挙げられます。
宮古島の台風シーズンは例年6月から10月ごろ、特に7月~9月は月に複数回台風の上陸に見舞われることもあります。
この時期に宮古島を訪れる場合には、念のため航空便が欠航した時のことも考慮して、旅行計画にゆとりを持たせること、台風や欠航に関する補償のある旅行保険に加入することを強くお勧めします

宮古島への行き方

沖縄伝統の花笠を象った「宮古空港」
沖縄伝統の花笠を象った「宮古空港」

これまで飛行機では宮古空港のみだった宮古島へのアクセスが、2019年3月30日に近隣の下地島空港に「みやこ下地島空港ターミナル」が開業し、 成田空港からLCCのジェットスタージャパンが就航
さらに羽田空港・神戸空港・那覇空港からは、スカイマークが就航したことにより一気に注目度があがりました。

【東京から】

[羽田=宮古発着]JAL・日本トランスオーシャン航空(JTA)、ANA
[羽田=みやこ下地島発着]スカイマーク(SKY)
[成田=みやこ下地島発着]ジェットスタージャパン(JJP)

【大阪、那覇から】

[関空・那覇=宮古発着]JAL・日本トランスオーシャン航空(JTA)、ANA
[神戸・那覇=みやこ下地島発着]スカイマーク(SKY)

【名古屋(中部・セントレア)から】

[宮古発着]JAL・日本トランスオーシャン航空(JTA)、ANA

【石垣から】

[宮古発着]琉球エアコミューター(RAC)

 絶景で知られる「みやこ下地島空港」17エンドポイント
絶景で知られる「みやこ下地島空港」17エンドポイント

【島内の交通手段】

宮古空港から市内中心部へは路線バス(宮古協栄バス)もありますが、本数が多くないため、タクシー・レンタカーがおすすめ。
みやこ下地島空港から宮古市内やリゾートホテルへは、みやこ下地島エアポートライナー(中央交通)、みやこ下地島空港路線(宮古協栄バス)が航空便にあわせて運行。
近隣の池間島(八千代バス)、伊良部島(共和バス)のバス路線がありますが、いずれも本数が少ないので、事前確認をお勧めします。

2023714日(金)~2024年1月31日(水)(予定)にて、宮古協栄バス、八千代バス、中央交通の3社共同で宮古島・来間島内を「宮古島ループバス」が運行され、こちらの記事で紹介している観光スポットへのアクセスにも利用できます。

昨今のレンタカー不足が話題にもなった沖縄、特に宮古島などの離島では、観光客が集中する夏休みなど、早い段階でレンタカーに空きがないことも!
レンタカーのご予約はお早めに!レンタカー付ツアーもおすすめです。

宮古島のおすすめ観光スポット

有名定番スポットから、他ではあまり紹介していない穴場の観光スポットまで、観光に精通したHISスタッフが厳選しました!

与那覇前浜ビーチ

宮古島の見どころ・与那覇前浜ビーチ

宮古島の代名詞的ビーチの与那覇前浜(よなはまえはま)ビーチは、地元では「マイパマビーチ」と呼ばれ親しまれています。
7km続く真っ白な砂浜の天然ビーチで、きめ細かなパウダー状の白砂と透き通ったミヤコブルーに輝く海は「東洋一」ともいわれる美しさです。
4月~10月末と長い期間遊泳可能で、マリンスポーツも様々楽しめる与那覇前浜ビーチは、有名なトライアスロン宮古島大会のスタート地点ともなっています。

与那覇前浜ビーチ  基本情報

  • 住所:〒906-0000 沖縄県宮古島市下地与那覇1199
  • アクセス:宮古空港から車で約15分、みやこ下地島空港から車で約35分

東平安名崎

宮古島「東平安名崎」

宮古島の絶景ポイント東平安名崎(ひがしへんなざき)は、日本の都市公園百選にも選ばれている国指定名勝でもあります。
全長約2kmにわたって細長く伸びる岬は、見渡す限り遮るものがなく、聞こえてくるのは潮騒と吹き抜ける風の音だけ、目の前に広がる雄大な海の絶景に圧倒されます。
リーフ内にごろごろと沢山ある巨岩は「津波岩」と呼ばれ、江戸時代中期の「明和の大津波」で打ち上げられたもので、自然の凄まじさを感じずにはいられません。

春は真っ白なテッポウユリが咲き誇り、沖縄らしい浜辺の景色に欠かせないグンバイヒルガオも可憐な紫色の花を咲かせるなど、200種類以上もの植物が群生していて見所の一つになっています。
岬の先端にある「平安名埼灯台」は沖縄県内で2つしかない登れる灯台で、岬より東に太平洋、西に東シナ海と、約330°のパノラマが臨めます。
また、その名の通り宮古島で最東端に位置するため、絶好の朝陽スポットとしても人気があり、元旦の初日の出スポットとしても有名です。

東平安名崎  基本情報

  • 住所:〒906-0000 沖縄県宮古島市城辺保良1221-14
  • アクセス:宮古空港から車で約30分、みやこ下地島空港から車で約55分

パイナガマビーチ

パイナガマビーチ

与那覇前浜ビーチ(以下マイパマビーチ)と並び、島民に親しまれているのがパイナガマビーチです。
宮古島の市街地「平良」から徒歩5分という抜群のアクセスもさることながら、波穏やかな海とマイパマビーチにも負けない白い砂浜の美しさ、マイパマビーチほどガヤガヤしていない程よいの~んびり感、スロープなどが整備されたバリアフリーなビーチといえる点がおすすめです。
ビーチ脇を走る国道390号線(石垣島を起点に宮古島を通り那覇までを結ぶ珍しい海上国道)沿いには飲食店やコンビニエンスストアがあるので、ランチついでにビーチで遊ぶ!というのも島スタイルの一つといえるでしょう。

そしてこのパイナガマビーチで忘れちゃいけないのが伊良部島に沈む夕陽の絶景です。
こんな夕暮れが市街地のすぐ近くで眺められるのも宮古島ならではです。

パイナガマビーチ  基本情報

  • 住所:〒906-0013 沖縄県宮古島市平良下里
  • アクセス:宮古空港から車で約10分、みやこ下地島空港から車で約20分

宮古島海中公園

宮古島海中公園
24枚のアクリルパネル窓から大海とつながる海中観察施設

服を着たまま海中散歩をキャッチコピーに、泳げなくても、船酔いしやすい方でも普段着のまま・気軽に豊かな海洋資源とふれあうことができる観光スポットです。
目玉施設の海中観察施設は、24枚のアクリルパネル窓から大海とつながる自然の一部が見られ、大人気のカクレクマノミオヤビッチャなどのカラフルな熱帯魚やワモンダコやアオリイカ、クロガシラウミヘビ等、様々な海の生き物が生活する宮古島の海底をのぞいてみることが出来ます。

貝殻細工や島ぞうりなどが買える物販コーナーや海を臨むシーサイドカフェの他、海岸に打ち寄せられた貝殻でシーサーやフォトフレーム、アクセサリーの手作り体験ができる体験工作コーナーもあります。

宮古島海中公園  基本情報

  • 住所:〒906-0002 沖縄県宮古島市平良狩俣2511-1
  • アクセス:宮古空港から車で約25分、みやこ下地島空港から車で約40分

イムギャーマリンガーデン

イムギャーマリンガーデン
自然が作り出した「天然の箱庭」イムギャーマリンガーデン

海岸線が複雑に入り組む宮古島南部、静かな天然の入り江イムギャービーチを生かした箱庭のような場所、それが「イムギャーマリンガーデン」です。
地元ではインギャーの名で親しまれていますが、このインギャーとは海に囲まれた湧き水を意味し、入り江の奥から水が湧き出していることから、その名が付いたそうです。干潮時には入江の奥に湧き水を見ることが出来るかもしれません。
波穏やかでスキューバダイビングの講習などにも適した場所ですが陸上には散策コースもあり、一番上の休憩所からは素晴らしい景色を眺められ「箱庭」という表現を実感できます。

イムギャービーチのまわりの岩山に遊歩道や公園、橋、展望台、トイレ、シャワー、売店、駐車場などを整備してあるため、砂浜は少ないですが自然のプールのような内海なので子供連れでのシュノーケリングや磯遊びにも最適です。

イムギャーマリンガーデン   基本情報

  • 住所:〒906-0107 沖縄県宮古島市宮古島市城辺友利605-2
  • アクセス:宮古空港から車で約25分、みやこ下地島空港から車で約40分

うえのドイツ文化村/シースカイ博愛

うえのドイツ文化村
南の島で抜群の存在感を誇るドイツ風古城

南の島の宮古島で、異彩を放つ洋風のお城を見たことがある人も少なくないと思います、それが「うえのドイツ文化村」です。
なぜ宮古島に中世ドイツ風のお城が?と不思議に感じるかもしれませんが、すべては明治時代初期に起きたドイツ商船「R.J.ロベルトソン号」が台風に遭遇し、宮国沖で座礁したことに由来します。
彼らを救出した島民の博愛精神と勇気ある偉業を称え、文化遺産として後世に伝えるとともに、国際交流や地域の活性化が図れる拠点として1996年にオープンしました。
園内にある博愛記念館はドイツの古城「マルクスブルグ城」を原寸大で再現したもので、ドイツ貴族の衣装を着て写真撮影ができます。

また、離島唯一の半潜水式水中観光船「シースカイ博愛」は、透明度の高さを誇る宮古島の海をグラスボートでは体感出来ない水深25mの海中散歩で楽しむことができます。

うえのドイツ文化村/シースカイ博愛   基本情報

  • 住所:〒906-0203 沖縄県宮古島市上野宮国775-1
  • アクセス:宮古空港から車で約15分、みやこ下地島空港から車で約50分

西平安名崎

宮古島「西平安名岬・風力発電」
広大で優しい印象の西平安名崎

宮古ブルーの海」、宮古島3大大橋の一つ「池間大橋」、岬にそびえる「巨大な風力発電の風車」と、宮古島を象徴するような景色を楽しめるのが西平安名崎(にしへんなざき)です。
実はちょっと珍しいスポットで、朝日と夕日がどちらも綺麗に望めることで知られています。
というのも名前こそ「西」とついていますが、地図で見ると宮古島の北端に突き出た岬のため、東西どちらにも水平線が広がる立地であり、西平安名崎の大きな魅力の一つになっています。

太平洋と東シナ海がぶつかる場所に位置し、波も荒々しく、津波岩がゴロゴロとした険しい地形が特徴的な東平安名崎とは対照的に、対岸に見える池間島や池間大橋、伊良部島や大神島を眺められる広大で優しい印象を与えてくれるのが西平安名崎です。

西平安名崎   基本情報

  • 住所:〒906-0000 沖縄県宮古島市平良狩俣
  • アクセス:宮古空港から車で約30分、みやこ下地島空港から車で約40分

ユートピアファーム宮古島

提供:ユートピアファーム
提供:ユートピアファーム

今や宮古島を代表する南国フルーツマンゴーをはじめ、パパイヤドラゴンフルーツ等のトロピカルフルーツがたわわに実り、ハイビスカスブーゲンビリア等の熱帯の花木が咲き乱れている観光農園がユートピアファーム宮古島です。
オーナーさんが初めて食べたマンゴーに感銘を受け、「農業に感じている幸せをより多くの人に共感してほしい。消費者の方々にも、見て、聴いて、感じて、味わってほしい。」という思いから、観光農園として2001年10月にオープンしました。

マンゴー園、フルーツ園、フラワー園の見学の他、その時々の旬のフルーツは購入することも、併設のフルーツパーラーで味わうこともできます。
また、加工品やお土産品の販売、採れたてフルーツのご自宅等への発送もあります。

ユートピアファーム宮古島   基本情報

  • 住所:〒906-0203 沖縄県宮古島市上野宮国1714-2
  • アクセス:宮古空港から車で約10分、みやこ下地島空港から車で約30分

まいぱり 宮古島熱帯果樹園

提供:まいぱり 宮古島熱帯果樹園
提供:まいぱり 宮古島熱帯果樹園

「前浜(まいはま)」に隣接した「ぱり(畑)」、それが宮古島にある熱帯果樹園「まいぱり」です。
園内には宮古島でも珍しいヤシの木、パイナップル畑、バナナ畑などがあり、収穫体験が出来る他、電動カートで園内をめぐったり、沖縄県の天然記念物でもある宮古馬の牧場もあります。
また、まいぱりで収穫したトロピカルフルーツやハーブを使って作るアイスやジュースが大人気で、トロピカルな南国の雰囲気を楽しめます。

提供:まいぱり 宮古島熱帯果樹園
提供:まいぱり 宮古島熱帯果樹園

大人向けには宮古島特産の黒糖や黒糖蜜、無農薬で栽培したサトウキビから作った「ラム酒」や、オリジナルのヤム芋焼酎「ずみ」を試してみては?
由来の通り与那覇前浜ビーチのすぐ横ですが、系列の宮古島東急ホテル&リゾーツからの送迎もあります。

まいぱり 宮古島熱帯果樹園   基本情報

  • 住所:〒906-0305 沖縄県宮古島市下地字与那覇1210
  • アクセス:宮古空港から車で約15分、みやこ下地島空港から車で約35分

雪塩ミュージアム

提供:雪塩ミュージアム
提供:雪塩ミュージアム

今や宮古島をはじめ沖縄土産としてすっかりおなじみとなった「宮古島の雪塩」が出来るまでを見学できるのが、ここ雪塩ミュージアムです。
そもそも雪の降らない沖縄でなぜ「雪」?
その謎や雪塩にかける思いなども、ゆったりとしたラウンジで、ガイドさんの楽しい解説動画を鑑賞しながら知ることができます。
宮古島のきれいな海そのままを、そのままに」精製された雪塩は、過去にミネラル成分の多さがギネス世界記録に認定された事があるほど。
ミュージアムでは大人にも人気の工場見学(袋詰めの様子など工程の一部を見学)、雪塩を使った人気菓子の試食、製塩工場限定商品も購入可能。 見学後のラウンジでは大好評の「雪塩ソフトクリーム」を沖縄ならではの素材と合わせた「雪塩かける」で味変を楽しむのがオススメです。

雪塩ミュージアム   基本情報

  • 住所:〒906-0002 沖縄県宮古島市平良狩俣191
  • アクセス:宮古空港から車で約30分、みやこ下地島空港から車で約40分

アソビタウン/宮古島海宝館

提供:海宝館
提供:海宝館

東平安名崎の手前、宮古島海宝館(かいほうかん)を中心に各種アクティビティで1日中遊べるアソビの発信基地が「アソビタウン」です。

提供:海宝館
提供:海宝館

海宝館にはアジアNo.1の展示数(12,000点)を誇る世界の貝の資料館「シェル・ミュージアム」、オリジナルアクセサリーを作ることが出来る「貝細工工房」、水の神様を祀った「竜宮の祠(ほこら)」があり、なかでもオススメは2階の海の見えるレストランの巨大な貝の器に盛られたタコライス!この盛り付けはここならではで、SNS映え間違いなし!

提供:海宝館
提供:海宝館

また、こちらはシーカヤックで探索する鍾乳洞体験ツアーも有名で、神秘的な「パンプキンホール」は宮古島海宝館の館長さんが名付け親だそうです。

※シュノーケリングや体験ダイビングも実施していましたが、現在は鍾乳洞体験ツアーも含めて休止中なのでご注意ください。

アソビタウン/宮古島海宝館  基本情報

  • 住所:〒906-0101 沖縄県宮古島市城辺字保良591-1
  • アクセス:宮古空港から車で約20分、みやこ下地島空港から車で約50分

宮古島市体験工芸村/宮古島熱帯植物園

宮古島市体験工芸村
宮古島熱帯植物園の中にある宮古島市体験工芸村

トロピカルムード溢れる熱帯植物園内にある8つの工房で、宮古島の文化や伝統工芸を体験できます。
大人から子供まで楽しめる体験メニューがあり、夏休みの自由研究・工作にもぴったりです。
織物&染物工房」:宮古上布に代表される織物や染め物の伝統があり、伝統的な宮古織りと藍染が体験できます。
茅(ちがや)工房」:宮古島に自生するイネ科の植物「チガヤ(宮古方言ではマカヤ)」を使ったカゴ作り体験や、芭蕉の糸を使用したビー玉ストラップ作りが体験できます。
陶芸陶房」:器や皿の他、沖縄の守り神としておなじみのシーサーを島の土で作れます。
琉装・万華鏡」:琉球王国時代に王族らが着用していた鮮やかな伝統衣装の琉装体験、植物園を散策しながら写真を撮ることも可能です。
牛の角、島ぞうり工房」:幸運をもたらす宝物とされる宮古牛の角を使ったネックレス作り島さば(島ぞうり)体験でオリジナルのビーチサンダルも作れます。
貝がら工房」:島のシャコ貝を使ってランプやキャンドルホルダー作りを体験できます。
アート工房」:オーストラリア生まれのチョークアートやアロマキャンドル作りを体験!
料理工房」:沖縄県産ちゅら豚を使った肉巻きおにぎりや、オリジナルサーターアンダギーで島料理(じゅうり)を体験してみませんか?

宮古島市体験工芸村/宮古島熱帯植物園  基本情報

  • 住所:〒906-0011 沖縄県宮古島市平良東仲宗根添1166-286
  • アクセス:宮古空港から車で約10分、みやこ下地島空港から車で約35分

宮古神社

熊野三神と豊見親三神を祀る宮古神社
熊野三神と豊見親三神を祀る宮古神社

宮古神社は1590年(天正十八年)に建立された、日本最南端の神社です(神社本庁包括下の神社として)。
ご神体には那覇の波上宮から勧請した熊野三神かつて宮古島を統治した豊見親三神をお祀りしており、御朱印および御朱印帳もありますので、日本最南端の神社参拝のお印を戴いてみてはいかがでしょうか?

また、宮古神社をはじめ、西里通り・下里通り・市場通りを歩行者天国にして毎年7月下旬に開催される「宮古島夏まつり」は、宮古島市の夏の一大イベントで、ミス宮古島の発表や東西大綱引き、ちびっ子駅伝大会やダンスコンテストなど、各種ステージイベントもあり、例年、観光客のみならず、小さな子供から島のおじい、おばあまで多く来場者で賑わう恒例の夏祭りです。

宮古神社  基本情報

  • 住所:〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里5-1
  • アクセス:宮古空港から車で約15分、みやこ下地島空港から車で約25分

パームタウン

ICE STAND 385はフォトジェニックでSNS映え間違いなし! 提供:パームタウン
ICE STAND 385はフォトジェニックでSNS映え間違いなし! 提供:パームタウン

市街地に近いパイナガマビーチエリア、パームスプリングス宮古島リゾートに隣接したコミュニティモール「パームタウン」。
アニメの世界観を表現した「しろくまカェフ宮古島店」の2021年7月移転オープンを皮切りに、2022年3月には宮古島初のアイスクリームをテーマにしたフォトスポット「ICE STAND 385(アイススタンド ミヤコ)」がオープンしました。

提供:パームタウン
提供:パームタウン

多彩なオブジェが飾られた空間はまるでアイスクリームの世界へ飛び込んだかのようで、スクープしたアイスクリームやアイスサンドが椅子になっており、文字通りフォトジェニックでSNS映えする写真を撮影することができます

パームタウン  基本情報

  • 住所:〒906-0015 沖縄県宮古島市平良久貝654-23
  • アクセス:宮古空港から車で約10分、みやこ下地島空港から車で約20分

46st.(琉装着付け体験とウェディングフォトプラン)

宮古島琉装着付け体験 提供:46st宮古島琉装着付け体験 提供:46st

宮古島旅行の思い出に、色鮮やかな沖縄伝統の琉装を着てみませんか?
2021年6月にオープンした46st.は、ニューヨークやロンドンでの美容師経験を持つ、プロのヘアメイクさんらが担当してくれるので、体験プランに入っているヘアセットも本格的で人気です!
琉装体験は、室内だけでなく、椰子の木に囲まれた店舗の庭でも、お手持ちの携帯電話・スマートフォンのカメラで撮影してくれるので、映え写真をたくさん残す事ができます。

宮古島ウェディングフォト 提供:46st宮古島ウェディングフォト 提供:46st

さらに、琉装着付け体験だけでなく本格的なウェディングフォトや、アニバーサリーフォトプランもあり、
ウエディングフォトプランでは島内の写真映えスポット、見惚れるほど美しい海や自然を背景に撮影可能なのがポイント!
完全プライベートでの撮影にて、他の方の目を気にすることなく楽しめますよ。
(※撮影場所によっては施設使用料等が必要な場合もあります)

46st.  基本情報

  • 住所:〒906-0013 沖縄県宮古島市平良下里2905-2
  • アクセス:宮古空港から車で約5分、みやこ下地島空港から車で約30分

西里大通り/下里通り/イーザト

宮古島のメインストリートであり、ナイトスポット「西里通り」
宮古島のメインストリートであり、ナイトスポットでもある西里通り

宮古島の繁華街、特に夕食やナイトライフに欠かせないのがこのエリアです。
島のどの場所よりも賑やかで華やかな雰囲気がある場所であり、周辺にはリーズナブルなシティホテルやビジネスホテルも点在しているので宮古島観光の拠点ともなります。

下里通り、西里通りとも平良港や宮古空港からも近く、昼間はカフェや雑貨屋にお土産店、夜は居酒屋やクラブ、バーに繰り出す観光客や島民らで非常に賑わいます。
また、島おでんや宮古牛を気軽に食べられる居酒屋やコンビニエンスストアもあるので、夜中に小腹がすいた時に利用するのもよく、観光客にとってありがたい場所です。

イーザトは下里通りや西里通りと比べると、島民御用達のバーやスナック、キャバレーなどがあり、ちょっとディープな夜遊びスポットといった印象です。
ただ、ネオン輝くこれらに紛れるようにおしゃれな割烹料理の店がひっそりとあったりするので、穴場グルメを探ったり、飲んで踊って地元の人々と仲良くなるのも楽しいものです。

西里大通り/下里通り/イーザト  基本情報

  • 住所:〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里
    〒906-0013 沖縄県宮古島市平良下里
  • アクセス:宮古空港から車で約10分、みやこ下地島空港から車で約25~30分

宮古島まもるくん

宮古島まもる君
宮古諸島の交通安全はボクがまもる!

独特な風貌で密かに?人気の「宮古島まもる君」は宮古島警察署管内の幹線道路や交差点、交通の要所などに設置されている警察官の姿をしたほぼ等身大の人形で、身長180cm、体重はなんと5kg!(ただしおもり代わりの土台に乗っています)
1996年に交通安全協会が5体配置したのを皮切りに各地に兄弟が登場しはじめ、2009年には宮古空港にも登場!同じころ妹の「まる子ちゃん」も生まれるなど兄弟は増え続け、今では20人を超えるほどに。

さらに他の島への「人事異動」や啓発キャンペーンに駆り出されて出張する事もある他、台風により忽然と姿を消すこともあり、見た目同様ミステリアスな存在です。

確認できている兄弟は、「すすむ君」「いさお君」「たかや君」「こうじ君」「りょうぞう君」「まさお君」「かずき君」「たくま君」「ひとし君」「あつし君」「きよし君」「いずる君」「まさかつ君」「てつや君」「まもる君」「じゅんき君」「としお君」「いたる君」「つよし君」「みつお君」妹の「まる子ちゃん」です。

また、宮古島のバスツアーには動く!?リアルまもる君がガイドを務めるコースもあるそうですので、是非宮古島へ旅行の際には兄弟およびリアルまもる君を探してみてください。

宮古島まもる君  基本情報

  • 住所:宮古群島各所
  • アクセス:宮古空港ターミナルなど


その他おすすめビーチや宮古島から車で訪れることのできる伊良部島、来間島、下地島、池間島のビーチなら!

宮古島でのおすすめアクティビティ

透明度の高いミヤコブルーの海に囲まれた宮古島、やはり各種マリンスポーツが盛んですが、そのほかの体験メニューも豊富にそろっています。
ほとんどの現地ツアーには、宿泊ホテルとの送迎も含まれているので、レンタカーでない場合にも安心です。

シュノーケリング

シュノーケリング ※イメージ
シュノーケリング ※イメージ

日本最大級のサンゴ礁が広がる宮古島周辺では、水温が高く通年でシュノーケリングが楽しめます。(とはいえ冬はウェットスーツ着用が必須)

シュノーケリングポイントとして大人気の吉野海岸は、サンゴ礁はもちろんですが様々な熱帯魚が見れることでも有名です。
波も穏やかなため、家族連れや初心者の方にもおすすめ

その他、新城海岸や日本最大級のサンゴ礁を誇る八重干瀬(やびじ)ウミガメに出会える確率の高いシギラビーチなど、お気に入りのビーチでシュノーケリングを楽しんでみてください。

ダイビング

ダイビング ※イメージ
宮古島本島周辺は、遠浅のビーチやサンゴ礁が多く、ダイビングよりもシュノーケリング向きですが、周辺の離島には有名ポイントが多数存在します。

県の天然記念物に指定されている下地島の「通り池」、人気ナンバーワンとも言われる「魔王の宮殿」、スペインの建築家の名にちなむ芸術的地形の「アントニオガウディ」といった三大スポットの他、自然が織り成す造形美を楽しむ「地形スポット」、美しい魚の群れやウミガメに出会える「フィッシュウォッチングスポット」など、初心者の方から上級者の方まで楽しめること間違いなしです。

その他のマリンスポーツ

シュノーケリングやダイビング以外にも、宮古島で体験できるマリンスポーツはまだまだあります!
特に最近人気急上昇なのがSUP(スタンドアップパドル)シーカヤック
自分のペースで時にはの~んびりと、海を楽しむことができ、スピード感あふれる絶叫系が苦手な方にもおすすめ!

さらに、宮古島の碧い海でのSUPクルージングと、有名スポット神秘の「パンプキンホール」の探検(ケイビング)を楽しむセットプランも大人気です。
勿論、定番のジェットスキーウェイクボードなど、アグレッシブ系のアクティビティも充実しています。

海に入らずとも、ビーチヨガでゆったりと沖縄の風を感じてみるもよし、サンライズやサンセットを堪能するプランで幻想的な世界にうっとりするもよし、思い思いに過ごす至福の時間で宮古島の美しい海と大自然を堪能しましょう。

フォトツアー

フォトツアー ※イメージ

夜でも明るい都会と異なり、島の夜は街の明かりの影響も少なく、星空観察にうってつけです。
降るような満点の星空の元、フォトジェニックな撮影をするのが人気になりつつあります。
自分のカメラで撮影するだけでなく、宮古島出身のカメラマンが撮影に同行するプランや、ペンライトアートを用いた女子旅におすすめのプランもあります。

日中のプランでは、通常のマリンスポーツに加えて、アクションカムやドローンを駆使し、自分がマリンスポーツを楽しむ姿を動画に撮るプランもあります。

最後に

冒頭で「本島や石垣島と比べるとまだあまり知られていないため、つまらないとも思われがち」と書きましたが、皆さんの宮古島に対する印象は変わりましたでしょうか?
夏のピーク期や台風シーズンを外すことで旅行費用もリーズナブルになり、欠航や天候の心配も減りますので、の~んびりと「島時間」を楽しむ様に宮古島を好きになってもらえたら嬉しく思います。

最後までお読みいただき、たんてぃが~たんでぃ!※「ありがとう」の宮古島の島くとぅば(みゃーくふつ・方言)

🌺宮古島のグルメ・お土産についてはこちらの記事でご紹介しています!


▼沖縄旅行をお探しの方はこちら

沖縄の航空券を探す > 沖縄の航空券を探す > 沖縄のホテルを探す > 沖縄のホテルを探す > 沖縄のアクティビティを探す > 沖縄のアクティビティを探す > ダイナミックパッケージ|国内航空券+ホテル・宿を探す > ダイナミックパッケージ|国内航空券+ホテル・宿を探す >
     

投稿日:2018.09.04

         

HISメールマガジンでは、登録者限定のお得な情報を配信しています!

CTA-IMAGE

<特典1>

お得なセール情報をいち早くお届け!

<特典2>

お得な割引クーポンが満載!

<特典3>

サイト非公開のシークレット商品をメルマガ限定で特別に配信!

沖縄離島カテゴリの最新記事