自然とビーチのパラダイス!南海のパラダイス宮古島の観光スポット6選

自然とビーチのパラダイス!南海のパラダイス宮古島の観光スポット6選

 ※感染症拡大防止対策のため掲載内容に変更がある可能性があります。
 最新情報は、各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。  

沖縄本島と石垣島の中間地点にある宮古島。本島とも八重山とも違う文化と、手つかずの美しい自然で、ファンが増えている南海のリゾートアイランドです。そんな宮古島の魅力や観光スポットなど見どころを解説します。これでアナタも宮古島のツウに!

宮古島の見どころ・宮古島東平安名崎の風景
宮古島の見どころ・宮古島東平安名崎の風景

 

宮古島ってどんな島?

宮古島は、8つの島々から成り立っている宮古諸島の中心的な島です。那覇からは約300キロ、石垣島からは約130キロの距離にあります。
宮古諸島は、サンゴが隆起して形成された島々。実は宮古島には川らしい川がないのですが、豊富な地下水があります。独特の宮古方言に代表される宮古文化は、沖縄本島とも八重山諸島とも異なるものです。

宮古島の見どころ・宮古島の美しいビーチ
宮古島の見どころ・宮古島の美しいビーチ

 

宮古島は、爽快なドライブコースの大橋が圧巻です。宮古島と来間島を結ぶ「来間大橋」、池間島とを結ぶ「池間大橋」、そして伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」が開通していて、宮古・来間・池間・伊良部・下地の5島が車でアクセスできます。

 

与那覇前浜ビーチ

東洋一美しい全長7kmの白い砂浜

全長7kmの長く続くパウダーサンドの白い砂浜は、「東洋一美しい」と賞賛されるほどの素晴らしい風景。足元のエメラルドグリーンから紺碧の水平線まで続く青いグラデーションに目を奪われます。その水平線の彼方には、来間(くりま)島がぽっかりと顔を出し、夢のような風景が広がっています。

宮古島の見どころ・与那覇前浜ビーチ
宮古島の見どころ・与那覇前浜ビーチ

 

有名な割には人が少なく、ゆったりと時間を過ごすことができます。またマリンスポーツも盛んで、シュノーケリングはもちろん、グラスボートやジェットスキー、パラセーリングなどを扱うマリンスポーツのショップが豊富です。
この「全日本トライアスロン宮古島大会」のレース会場でもあり、その日は多くの人が集まって盛り上がります。

 

与那覇前浜ビーチ  基本情報

  • 住所:沖縄県宮古島市下地字与那覇
  • 電話:0980-73-1881(宮古島観光協会)

 

伊良部大橋

“サンゴの島”にアクセスする天国にいちばん近い橋

2015年に開通した、宮古島と伊良部島・下地島を結ぶ大橋。無料で通行できる橋としては日本一長い橋です。ちなみに全長3,540mあり、この数字は「さんごのしま」という意味もあるのだとか。
爽快なドライブはもちろん、橋と島のオリナス絶景の景観も見どころ。はるか水平線にまでアクセスできそうなパノラミックな眺めは、眼を見張るものです。

宮古島の見どころ・伊良部大橋
宮古島の見どころ・伊良部大橋

 

宮古島から伊良部大橋を経由して到着する伊良部島には、人気のビーチとして知られる「渡口の浜」や、奇石が目を引く「佐和田の浜」などの観光スポットがあります。
宮古島の中心・平良地区からアッという間に行けるようになったのは大きなポイント。また、伊良部島でもっとも標高が高い場所にある「牧山展望台」からの眺望は、伊良部大橋はもちろん宮古島や来間島なども一望できる素晴らしいパノラマビューが広がるので、こちらもおすすめです。

 

伊良部大橋  基本情報

  • 住所:沖縄県宮古島市平良久貝
  • 電話:0980-73-1881(宮古島観光協会)

 

池間大橋

こんもりと盛り上がった形が目印

宮古島から周辺の島々にアクセスする3つの大橋。その中でも池間大橋は、もっとも美しい景色を見せてくれると評判の橋です。特筆すべきは、「宮古ブルー」と呼ばれるエメラルドグリーンの海の美しさ。圧倒的な透明度を誇ります。全長は1425mあり、ドライブしている間は海の上に車が浮かんでいるような爽快感です。なお橋の下を船が通れるように、中央部分がこんもりと盛り上がった形をしているのが特徴です。

宮古島の見どころ・池間大橋
宮古島の見どころ・池間大橋

 

池間大橋と海の風景を楽しみたいなら、池間島側の橋のたもとにある展望台付きの売店がおススメ。また駐車場にクルマを停めて、徒歩で橋を歩いて絶景を楽しむのも良いでしょう。

池間島には、シュノーケリングができる「フナクスビーチ」や、日本最大級のサンゴ礁群で知られる「八重干瀬(やびじ)」といったスポットがあります。

 

池間大橋  基本情報

  • 住所:宮古島市平良池間
  • 電話:0980-73-1881(宮古島観光協会)

 

来間大橋

竜宮城展望台の眺望が素晴らしい!

宮古島と来間島をつなぐ「来間大橋」もまた、絶景を楽しめる橋として人気です。与那覇前浜ビーチの近くからスタートし、全長は1690m。歩道があるので、歩いても渡ることができます。

宮古島の見どころ・来間大橋
宮古島の見どころ・来間大橋

 

橋の上からは、その日や季節の光の加減で移りゆく海の色やリーフを観察することができ、実に美しい風景が広がります。その秘密は、海水の流れの速さ。水の循環の良さが高い透明度を作り上げているのです。

橋を渡った来間島側には、ユニークな竜宮城の形をした「竜宮城展望台」があります。3階建てて、その上からの眺望は、宮古島全体を見下ろすような視点になります。与那覇前浜ビーチや来間大橋をまるっと一望でき、その開放感はハンパありません。

宮古島の見どころ・竜宮城展望台
宮古島の見どころ・竜宮城展望台

 

来間大橋  基本情報

  • 住所:沖縄県宮古島市下地
  • 電話:0980-73-1881(宮古島観光協会)

 

雪塩ミュージアム

雪のようにサラサラとした雪塩にはミネラル成分がたっぷり!

美しい海が自慢の沖縄の島々の中でも、「宮古ブルー」と呼ばれるほど透明度の高い海水が自慢の宮古島。その海水から作られた宮古島特産の塩が「雪塩」です。

 

雪塩の原料となる地下海水は、地下22m地点から取水。琉球石灰岩の地層が天然のろ過装置となって海水の不純物が取り除かれた地下海水には、カルシウムなど琉球石灰岩の成分が豊富に溶け込んでいます。そのエキスが凝縮された地下海水を濃縮し、熱した金属板の上に吹き付けると、たった2秒間で水分が蒸発。マグネシウムやカルシウム、カリウムといったニガリ成分が豊富に含まれていますが、まろやかな味わいが特徴です。

View this post on Instagram

A post shared by 藤原美智子 (@michiko.life)

 

ミュージアムでは、施設の見学で雪塩ができるまでをガイドがレクチャーしてくれます。また売店では、雪塩はもちろん雪塩を使って美容と健康にいい「雪塩石鹸」、マイルドな塩味の「雪塩ちんすこう」などの商品の販売もあります。直売もしております。また、雪塩ならではの深い味わいが楽しめる「雪塩ソフトクリーム」は、必食のおいしさです。

 

雪塩ミュージアム   基本情報

  • 住所:沖縄県宮古島市平良狩俣191
  • 電話:0980-72-5667

 

ユートピアファーム宮古島

トロピカルなフルーツがたわわに実る観光ファーム

宮古島の特産といえば、マンゴーです。水はけの良さと弱アルカリ性の土壌、ミネラル豊富な地下水が、おいしいマンゴーを育みます。「観光農園ユートピアファーム宮古島」は、そんなマンゴーの成長する姿をマンゴー園で間近で見ることができます。そのほかにも、パイナップルやドラゴンフルーツなど南国のさまざまなフルーツが豊かに実り、ハイビスカスやブーゲンビレアといった熱帯の花木が美しく咲き乱れています。

View this post on Instagram

A post shared by ねね (@nnnkluana)

 

宮古島産フルーツを使った、こだわりのスイーツが味わえるフルーツパーラーも人気。中でも、手作りワッフルコーンに宮古島産フルーツをトッピングしたソフトクリームは定番の味わいです。

 

ユートピアファーム宮古島   基本情報

  • 住所:沖縄県宮古島市上野字宮国1714-2
  • 電話:0980-76-2949

 

     

投稿日:2018.09.04

         

HISメールマガジンでは、登録者限定のお得な情報を配信しています!

CTA-IMAGE

<特典1>

お得なセール情報をいち早くお届け!

<特典2>

お得な割引クーポンが満載!

<特典3>

サイト非公開のシークレット商品をメルマガ限定で特別に配信!

沖縄離島カテゴリの最新記事