公開日: 更新日:

沖縄旅行に最適な服装って?

一年を通して温暖な気候が魅力の、南国の楽園・オキナワ。それでも、季節によって最適な服装というものがあります。特に、初めて沖縄に行くときは「どんな服装をしていけばいいの?」と、悩むことでしょう。そんな服装の悩みを一発解決!UV対策についてもアドバイスします。

8,647 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

沖縄の守り神「シーサー」

沖縄の気候・気温をおさらいしよう

南北に長い島国の日本は、北(北海道)と南(沖縄)では気候が大きく異なります。日本最南端県で亜熱帯地方の沖縄は、年間平均気温が23℃と、一年を通して温暖な気候が特徴です。ちなみに東京は16℃と、いかにその気温の差が大きいか分かると思います。

沖縄本島はこんな形の島です。

沖縄本島はこんな形の島です。

沖縄の夏の暑さは、本土の都市部のようなヒートアイランド現象による(半分人工的な)猛暑とは異なります。海風が吹く沖縄の夏は、むしろ本土の都市部よりも過ごしやすいと言えるかもしれません。
ただし亜熱帯地方の特徴として、一年を通じて高温多湿で、雨は比較的多く、また気候も変わりやすいという特徴もあります。

「常夏の国」というイメージが強い沖縄ですが、本土と同じように四季はあります。一般的には3〜5月が春、6〜8月が夏、9〜11月が秋、そして12〜2月が冬と、四季の住み分けは本土と大きくは違わないと言えるでしょう。とはいえ、冬は本土ほど寒い訳ではありません。
観光客にはむしろ、四季という立て分けよりも、だいたい5月〜10月の「オンシーズン」、だいたい10月〜4月の「オフシーズン」の2つのシーズンに分ける方が、分かりやすいと言えます。

沖縄の青空に向かって咲く、ハイビスカスの花

沖縄の青空に向かって咲くハイビスカスの花

意外と過ごしやすい!オンシーズンの気候の特徴

沖縄のオンシーズン(だいたい5月〜10月)の気温は、20〜30度が目安といったところ。実は真夏でも、35℃を超える日はそれほど多くありません。ですから、意外と過ごしやすいものです。

雨については、梅雨の時期は要注意です。例年、5月中旬から6月中旬が梅雨の時期とされています。ただし、1日中降り続くような雨ではなく、短期集中のスコールのような雨が特徴です。梅雨が明けると晴れる日が多くなりますが、スコールや台風にも注意を払いましょう。

沖縄旅行にいく女性。きもちいい!

旅行するなら沖縄。きもちいい!

オンシーズンの服装のアドバイス

オンシーズンの沖縄の服装は、観光目的であれば、終日、服は半袖(ノースリーブ)や短パン。そして靴はサンダルといったラフな服装でOKです。これらの服やサンダルは、現地調達した方が行きの荷物が少なく済みます。特にTシャツは、沖縄ならではのプリントが種類豊富。気に入ったTシャツに袖を通すだけで、リゾート気分も盛り上がるというものです。
また女性は、お気に入りのワンピースなども涼しげで快適です。ただし、後の記事にもある通り、紫外線(UV)対策はお忘れなく。

「暑さ対策」が前提の沖縄のオンシーズンですが、海沿いで強い風が吹くところや、冷房が効きすぎている室内など、半袖だけではきつい場所もあります。そんな時のため、念のために1枚羽織れるものを持参しておくと安心です。
また、高級レストランなど、場所によってはカジュアル過ぎる服装では不釣り合いなこともあります。事前に立ち寄りスポットを考慮して、沖縄に持って行く服装を決めましょう。

なお、足元に関しても、一日中サンダルを履いていると足を痛める場合があります。心配な人は、履き慣れたスニーカーも持参しましょう。

沖縄の海にむかうワンピースの旅の女性

沖縄に持って行く服装は、立ち寄りスポットを考慮して選んで。

肌寒い日になることも!オフシーズンの気候の特徴

オフシーズン(だいたい10月〜4月)の沖縄は、暖かいときでは20℃以上の日もあります。特にオフシーズン始め頃の10月と終わり頃の4月では、汗ばむほどの陽気になることが少なくありません。本土からの旅行者は「こんなにあったかいの?」と、驚くことでしょう。

その一方で、もっとも低温になる1〜2月では、気温が10℃前後にまで下がります。天候は曇りがちになり、晴れ間が少なくなります。もちろん、この時期の本土に比べると気温は高く、雪が降ることはありません。それでも、ハッキリと「寒い!」と感じる時もあります。

沖縄「国際通り」の街並み

沖縄「国際通り」の街並み

オフシーズンの服装のアドバイス

オフシーズンの始めとなる10月は、まだまだ暑い日が少なくありません。半袖に短パンでも十分快適に過ごせます。11月になると気温が低くなりますが、それでも日によっては暑いほど。晴天、曇天、雨天と、日ごとの天気次第で、気温が大きく変動するので、どちらに転んでもいい用意をしておきましょう。

12月〜2月は、寒い日が多くなります。特に注意したいのは、海に近い場所です。風が強く吹くため、軽めのダウンなど、風を通さない素材のアウターがあると安心です。

オフシーズンの終盤となる3〜4月は、気温が上昇するので、日中は半袖でもOK。日差しがあたたかい日は、短パンでも大丈夫でしょう。ただし夜は気温が下がる場合もあるので、パーカーなど1枚羽織るものが欲しいところです。

暖かい沖縄でも、一枚羽織るものを用意したほうが無難。

オフシーズンの夜は気温が下がる場合も。一枚羽織るものがあった方が無難です。

紫外線(UV)は一年を通して要注意!

沖縄のオンシーズンは、紫外線(UV)が大敵です。その紫外線量は、ピークの7月では、夏の東京と比較すると1.3倍〜2倍ほど強いと言われています。また、可視光線や赤外線も強いため、日光は体感的には何倍も強い印象を受けるでしょう。そのため、日陰を歩くなどして、なるべく直射日光を避けることをお勧めします。

オンシーズンの服装としては、帽子やサングラス、日焼け止め、ラッシュガードといったUV対策は必須です。あえて長袖を着用したり、UVカット用のストールなどを持参するのも、効果があります。

オフシーズンは、オンシーズンほど神経質になる必要はありません。とはいえ、冬といえども沖縄です。肌の敏感さは個人差もありますので、気になる人はシッカリとUV対策をしておきましょう。

青い沖縄の海と空を見つめるスーツケースを持った女性

青い沖縄の海と空。きもちいけど日焼けにはご注意を!

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

New Arrival[新着記事]

新着一覧を見る

Relation Topicks[関連記事]