御神威蘇る今こそご縁参りへ 出雲大社旅行特集

出雲大社旅行 人気ランキング

美肌と癒し!山陰の温泉旅行

島根県は様々な泉質の温泉が60ヶ所以上もある隠れた温泉天国。神々も愛した島根の名湯で癒され、美肌を手に入れてみませんか?

山陰山陽の温泉旅行をもっと探す

【フライト+ホテル】お得なシンプルプラン

飛行機とホテルをお得に予約したい方におすすめ!空港や滞在都市、宿泊日数を選んで自由にアレンジしよう。

山陰山陽旅行・ツアーをもっと探す

日本神話の時代から伝わる 縁結びの神出雲大社

縁結びの神様として有名な大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を祀る神社。日本最古の歴史書「古事記」に登場する古社で、「古事記」に記される国譲り神話には、大国主大神が天照大神に国を譲り、その代償として造営された天日隅宮(あまのひすみのみや)が出雲大社の始まりとされています。
国宝にも指定されている現在の御本殿は1744年に造営され、これまで3度の遷宮が行われました。2013年、60年ぶりに行われた「平成の大遷宮」により御本殿の修造などが終わり、その御神威もさらにパワーアップしたといわれています。
出雲大社の参拝方法は「二拝、四拍、一拝」と一般の神社と異なるのでご注意を。また、拝殿左手の神楽殿にかけられた長さ13m、重さ4.5tの日本最大級の注連縄は必見です。

出雲大社(イメージ)

神々が集う神在月(かみありづき)

旧暦の10月。全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に集まる月。他の土地では神様が留守になるので神無月といいますが、出雲では神在月と呼びます。出雲の各神社では、神迎祭(かみむかえさい)に始まり、神在祭(かみありさい)、そして全国に神々をお見送りする神等去出祭(からさでさい)が行われます。出雲大社の他には、朝山神社、日御碕神社、万九千神社、熊野大社などで神在祭が行われます。

  • 朝山神社
    旧暦出雲の「神在社」のひとつ。神々が最初に訪れる神社。
  • 稲佐の浜
    神々をお迎えする神迎神事(かみむかえしんじ)が行われる場所。
  • 出雲大社 十九社
    神在祭の間、神々が休まれる御宿社。
  • 上宮(かみのみや)
    大国主大神の元で縁結びなどの神事を話し合う神議り(かむはかり)が行われる場所。
  • 万九千神社(まくせのやしろ)
    神議が終わり出雲大社を発たれた後に、帰郷前の酒宴会場として立ち寄られる神社。
  • 日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)
    旧暦出雲の「神在社」のひとつ。日本の夜を守る神社。(昼を守るのは伊勢神宮)
神在月(イメージ)

出雲大社周辺のおすすめスポット

H.I.S. おすすめ特集

トップへ戻る