北海道クラブメッド・トマム

ひと味違う、冬の北海道 クラブメッド・トマム

まるで海外リゾートのような、
オールインクルーシブのサービスを愉しむ

クラブメッド・北海道トマムは、スポーツ・アクティビティやレストラン・バーなどでのサービスを、ワンパッケージでお楽しみいただけるオールインクルーシブスタイル。世界中から集まったフレンドリーなスタッフG.O(ジーオー)が、思い出に残るバカンスを演出し、コロナ禍で海外旅行をあきらめていた方々も、国内にいながらにして、まるで海外リゾートな雰囲気をお楽しみいただけます。

遊ぶ

北海道クラブメッド・トマム(イメージ)

アクティブ派におすすめ!リゾートが
まるごとスポーツクラブのよう

クラブメッドならではのアクティビティ、空中ブランコはMust Try! 梯子を上って地上2階ほどの高さから飛び降ります。安全ベルトをつけて、経験豊富なインストラクターがしっかり教えてくれるから安心です。そのほか、アーチェリーやマウンテンバイク、ハイキングなど大自然を楽しむアクティビティがたくさん!ヨガレッスンやズンバの参加もおすすめ。星野リゾートトマムの運営する一部施設も利用可能です。

北海道クラブメッド・トマム(イメージ)

家族旅行もおまかせ。充実のキッズプログラム

2・3歳を対象とした託児施設「プティクラブ」や4歳~10歳を対象とした「ミニクラブ」、11歳~17歳が楽しめる「ジュニアクラブ」など、幅広い年齢層に合わせたキッズプログラムを用意。子どもたちを預ければ、パパとママが自由にリゾートステイを楽しめるだけでなく、子どもたちもかけがえのない旅の思い出になること間違いなし。ミニクラブ、ジュニアクラブはオールインクルーシブでご利用いただけます。キッズプログラムのほかに、ファミリー向けのアクティビティ「アメージングファミリープログラム」では家族みんなで楽しめるクッキングレッスンやカクテル作り、凧揚げなど人気のアクティビティが目白押し。家族の絆がより一層深まりそう。

  • プティクラブ(2~3歳対象)

    • 有料
  • ミニクラブ(4~10歳対象)

    • オールインクルーシブ
  • ジュニアクラブ(11~17歳対象)

    • オールインクルーシブ
    • 不定期開催
  • アメージングファミリープログラム

    • お子様連れのご家族対象。オールインクルーシブ

食べる

北海道クラブメッド・トマム(イメージ)

レストランで過ごす豪華なディナータイム

クラブメッド・トマムにはレストランが2つ。世界各国の料理と北海道ならではのメニューが味わえる「メインレストラン ITARA」と、上質な焼肉を堪能できる「焼肉レストラン HAKU(要予約)」。メインレストランでは毎日選びきれないほどのメニューがずらりと並び、シェフが出来立てを一皿ずつ盛り付けてくれます。日本食、イタリアン、中華、エスニック、など幅広いメニューを毎食ご用意しているので家族みんなが大満足。お食事の際のビールやワインもオールインクルーシブ。夕食時はドレスコードがありますが、いつもの服装でも問題ないので、堅苦しく考えなくて大丈夫。

北海道クラブメッド・トマム(イメージ)

滞在中に何度でも訪れたいバーは、旅を彩るエッセンス

バーも館内に2つご用意。ドリンクとフードがすべてオールインクルーシブに含まれる「メインバー UNKAI」は、子どもから大人まで楽しめる滞在中の憩いの場。日中からオープンしており、メニューはソフトドリンクをはじめ、カクテルやビール、ワインなどとにかく豊富。日中は大きな窓からは陽が注ぎ、壮大な山々を眺めながらソファでゆったり過ごせます。大事なパートナーとロマンチックな夜を過ごすなら、「クワイエットバー THE NEST(要追加料金)」へ。照明を抑えたムード満点なバーで、日本酒や国産ウイスキーなどをご堪能ください。

泊まる

北海道クラブメッド・トマム(イメージ)北海道クラブメッド・トマム(イメージ)

フランスの建築家が手掛ける伝統とモダンが融合した客室

館内には3棟の宿泊棟があり、全341室の多彩な部屋タイプが揃っています。全室が38平米以上と広々で、1室最大6名まで泊まれる部屋など、滞在スタイルとニーズに合わせて選択が可能。中には、窓の外にマウントビューが広がる客室も。フランスの建築家が手掛ける、北海道の豊かな自然と日本の四季を感じる空間で、日常を忘れるひと時を過ごして。

空港からトマムへのアクセス

北海道クラブメッド・トマム(イメージ)北海道クラブメッド・トマム(イメージ)
  • 所在地...北海道勇払郡占冠村中トマム
  • 車で約100分JRで約90分(最速の場合)
  • 新千歳空港直結の「新千歳空港駅」から「トマム駅」までご乗車ください。途中、「南千歳駅」でお乗り換えが必要です。

HISおすすめツアー

  • 首都圏発
  • 関西発
  • 中部発
  • 九州発
  • 宿泊
    プラン

首都圏発おすすめツアー

関西発おすすめツアー

九州発おすすめツアー

※変動制運賃は在庫により価格が変動する場合があります。

【九州発ツアーお問い合わせ・ご予約】

  • 九州国内予約センター

    050-1743-2352

電話番号をよくお確かめの上、お間違いのないようご注意ください。

【営業時間】10:00~18:00

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、営業時間を短縮して営業しています。

お近くの店舗で予約する

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、一部の営業所・部署で営業させていただきます。詳しくはこちら

クラブメッドってなに?

特徴その1

食事も遊びも全部込み! オールインクルーシブでキャッシュレス

館内には3棟の宿泊棟があり、全341室の多彩な部屋タイプが揃っています。全室が38平米以上と広々で、1室最大6名まで泊まれる部屋など、滞在スタイルとニーズに合わせて選択が可能。中には、窓の外にマウントビューが広がる客室も。フランスの建築家が手掛ける、北海道の豊かな自然と日本の四季を感じる空間で、日常を忘れるひと時を過ごして。

“ 宿泊代金に含まれているもの ”

  • 北海道クラブメッド・トマム(イメージ)上質な
    ゲストルーム
  • 北海道クラブメッド・トマム(イメージ)スポーツレッスン、
    アクティビティ
  • 北海道クラブメッド・トマム(イメージ)滞在中の
    お食事や軽食
  • 北海道クラブメッド・トマム(イメージ)バーでの
    アルコール、ソフトドリンク
  • 北海道クラブメッド・トマム(イメージ)4〜17歳の
    キッズプログラム
  • 北海道クラブメッド・トマム(イメージ)エンターテイメント
    ショー

特徴その2

1950年創業のフランス生まれのリゾート企業

クラブメッドが誕生したのは1950年。第二次世界大戦後の荒廃したヨーロッパで、これからの世の中は国籍にかかわらず皆で仲良く暮らしたい、という創業者ジェラール・ブリッツの願いが設立の理念。
ともにスポーツをする喜び、フレンドリーなホスピタリティ、国籍や立場を超えてお互いを認め合い、理解しようとする姿勢、それらすべてが最高のバカンスを提供し続けるクラブメッドの土台になっており、今もそのスピリットは受け継がれています。本国フランスのみならず、現在では世界中に熱狂的なファンをもつプレミアムリゾートです。

北海道クラブメッド・トマム(イメージ)

特徴その3

フレンドリーなスタッフ G.O

設立当初のクラブメッドにはお客様とともにスポーツを楽しみながら、食事の用意なども担当するスタッフが働いていました。彼らこそがクラブメッドだけに存在する特別な職業、「G.O(ジーオー、ジェントル・オーガナイザーの略)」。レセプショニスストやウェイターとしてだけでなく、アクティビティのインストラクターやキッズクラブの先生として、そして夜のエンターテイナーショーの出演者としてさまざまなシーンでリゾートタイムを演出します。丁寧でありながらフレンドリーなやりとりは、まるで外国のリゾートで楽しんでいるような感覚に。G.Oの魅力は、またこの人に会いたい、ここに帰ってきたいと思わせる、フレンドリーで温かなホスピタリティー。G.Oのファンになって、世界各地のクラブメッドを巡るお客様もいらっしゃいます。

北海道クラブメッド・トマム(イメージ)

「安全なバカンス」のために

クラブメッドは感染予防におけるグローバルリーダー「エコラボ」と提携、行政のガイドラインにも則った安全衛生管理対策を徹底し、お客様が安心して楽しめるリゾート環境を作り出しています。

北海道クラブメッド・トマム(イメージ)
  • 滞在時の健康チェック

    チェックインの際には検温と自動消毒器での手指の消毒、健康と渡航歴に関する問診を実施。レストランとキッズクラブ入口にはサーモグラフィーが設置され、一日最低3回の検温を実施します。

  • レストランでの取り組み

    密になりがちなレストランのビュッフェフロアではスタッフ、ゲストともにマスクを着用。ビュッフェスタイルでありつつもゲストが直接トングなどを持つことはなく、盛り付けたお皿を選んでいただく、または注文後に出来立てをスタッフが盛り付けいたします。

  • 衛生とソーシャルディスタンス

    手指の消毒は、スタッフはもちろんのことお客様にも徹底していただき、レストランやバーなど、各施設の出入り口付近やアクティビティの受付には消毒液が置いてあり、気になった時にすぐ消毒できる環境です。各エレベーター前にはアルコール除菌シートがあるので、ボタンを拭いてから押すことができます。エレベーターの中を始め、レセプションやゲストが集まりやすい場所にはソーシャルディスタンスを保つための足跡マークも設けられています。

topへ戻る