H.I.S.バスツアーの安全・安心への取り組み

H.I.S.バスツアーの安全・安心への取り組み

セーフティバスとは

貸切バス事業者安全性評価認定制度は、公益社団法人日本バス協会において、貸切バス事業者からの申請に基づき、安全性や安全性の確保に向けた取組状況について評価認定を行い、これを公表するもので、平成23年度から運用を開始しました。これにより、利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくなるとともに、本制度の実施を通じ、貸切バス事業者の安全性の確保に向けた意識の向上や取り組みの促進を図り、より安全な貸切バスサービスの提供に寄与することを目的としています。

このセーフティマークは、貸切バスをご利用されるお客さまが安心してバス会社を選択できるよう、安全に対する取組状況が優良なバス会社であることを示しています。セーフティバスの認定は毎年更新となり、2年ごとに規定の点数を取得できれば、2ツ星(★★)~3ツ星(★★★)へとステップアップしていくことが出来ますが、重大事故や法令違反が重なると認定を取り消されてしまいます。

H.I.S.バスツアー 利用バス会社一覧

都道府県(所在地)バス会社セーフティ度
大阪府/兵庫県大阪バス★★★
大阪府大阪観光バス★★
大阪府関西観光バス
大阪府大阪バス近畿★★
大阪府アクロス大阪バス
大阪府ケイエム観光バス
大阪府とらんすぱっく
大阪府中央交通
大阪府/奈良県奈良交通
大阪府商都交通★★

安全システム搭載バス

安全システム搭載バス

バスツアーの安心の取り組み

より安全で快適なご旅行をお楽しみ頂く為に、セーフティバスに加え、安全システム搭載のバスが続々と導入されています。当社が利用している全バス会社に導入済みのシステムをご紹介致します。

衝突被害軽減ブレーキシステム

衝突被害軽減ブレーキシステム衝突被害軽減ブレーキシステム
走行状態を検知し、衝突被害を軽減する機能!
バスが障害物を察知し衝突時の速度を抑え、衝突被害の軽減に寄与するシステムです。走行中、前方に障害物を察知し追突の恐れがある場合に警報やブレーキ作動で注意を促し、追突の可能性が高くなるとより強力なブレーキが作動します。

ふらつき警報

ふらつき警報

車両のふらつきを検出し、警報で注意を喚起!
ハンドル操作のふらつき具合から注意力が低下していると判断した際に警報を出し、ドライバーに休息を促します。

車両安定制御システム

車両安定制御システム

車両のふらつきを検出し、警報で注意を喚起!
カーブでの車線のはみ出しや横転などを抑止するため、警報音やエンジンの出力制限、ブレーキ作動で、ドライバーの回避操作を的確にサポートします。

ドライブレコーダー

専用カメラを車両に設置し走行時の映像を常時録画しています。収集したデータを基に安全対策や安全教育も各社行っております。

IP無線(トランシーバー)

必要に応じて各バス会社他のバスとやりとりができます。GPSで位置や速度の確認ができるものもあります。

ABS(アンチロック・ブレーキシステム)

急ブレーキ時にタイヤがロックされるのを防ぎ、車両の進行方向の安定性、ハンドルの操作性を保ち、障害物を回避し安全に止まることができます。

運行管理体制・車両安全対策

車両のふらつきを検出し、警報で注意を喚起!

ドライバーは出退勤時に、免許証確認、対面点呼、アルコール数値検査、健康・睡眠状態の確認を実施しております。定期健康診断も各社年2回受診し健康指導も行っております。

滑りやすい路面やカーブでの事故の抑制に貢献!

安心・安全を最優先としてドライバーは出庫前に法令で定められた点検項目に基づいた日常点検を実施しております。法令で定められた3ヶ月毎の定期点検、1年毎の車検は専門員による確実なメンテナンスを実施しております。
バス会社への訪問調査

バス会社への訪問調査

各利用バス会社への定期的な訪問調査(自社監査)を行うことにより、安全の維持と向上に努めております。
パスツアーのTOPページへ

ページトップへ