インド

インド海外出張・業務渡航

インドへの出張(入国・渡航)に必要な情報をまとめました。
インドの基本情報やビザ情報、お役立ち情報等の最新情報をお伝えします。

個人旅行を検討の方はこちら
お問い合わせはこちら

インドの海外出張・業務渡航について

ご相談・お問い合わせ

最新のサービスや実施事例、
イベント情報をお届け

メルマガ登録

インドの渡航情報

感染症危険情報 入国 ワクチン接種証明書
- 観光:〇 ビジネス:〇 不要
項目 査証 海外:隔離ホテル 海外旅行保険 日本出発前のPCR検査 海外:日本帰国前のPCR検査
手配 隔離期間
条件 必要 不要 不要 推奨 不要 不要
詳細はこちら
HIS手配 - - -
国際線情報(日本発着)
デリー行き 東京発 ANA:毎日運航/JAL:毎日運航/AI:週4便
※AI=エアインディア

インドの航空券やホテルのお見積り・ご相談はお気軽にお問い合わせください

インドの航空券やホテルの
お見積り・ご相談は
お気軽にお問い合わせください

インドの業務渡航お見積りフォーム

インドのお役立ちコラム

海外出張 持ち物リスト

出張

【2024年最新版】
出張 持ち物リスト

出張の際は、出張先で困ることがないように入念な準備を行う必要があります。これだけは欠かせない出張持ち物リストをご紹介し、不安を取り除きます!

海外出張 女性だからこその持ち物。あります

出張

【2024年最新版】出張
女性ならではの持ち物。あります

性別問わず共通する部分は多いのですが、女性だからこそ持っていきたい物や、気を付けたい物もあります。女性目線で出張における持ち物を紹介します。

【危機管理コラム③】全ては情報戦。情報を制するものが出張を制す

危機管理

【危機管理コラム③】
全ては情報戦。

情報を制する者が出張を制す

常に最新情報をいつでもどこからでも確認できるようにしておく必要があります。企業が守らなければならない危機管理に必要な4要素をまとめました。

インドのよくある質問

インドに渡航する場合、査証の取得は必要でしょうか。

日本国籍の方がインドに渡航する場合、渡航目的に沿った査証(ビザ)または、e-Visa取得が必要です。

インドへ直行便の就航は再開していますでしょうか。

2023年3月現在、デリー・バンガロール・ムンバイに直行便が就航しています。

滞在時の注意事項はありますか?

国際線ターミナルは搭乗目的以外の方は入ることができません。
現地の方の送迎や合流がある場合は事前に待ち合わせ場所をお約束いただくことをおすすめいたします。
インドルピーは持ち出しが禁止されているため日本国内では両替ができないため、現地にて両替ください。

インドの航空券やホテルのお見積り・ご相談はお気軽にお問い合わせください

インドの航空券やホテルの
お見積り・ご相談は
お気軽にお問い合わせください

インドの業務渡航お見積りフォーム

インドの基本情報

  • 国名
    インド
    インド共和国 Republic of India
  • 言語
    ヒンディー語、英語、複数の各州公用語
  • 宗教
    ヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教、シーク教
  • 気候
    暑季(4月~6月)雨季(6月~9月)乾季(11月~2月)
  • 服装
    乾季は冷え込むため、長袖や暖房着が必要。
  • 通貨
    ルピー【INR】
  • チップ
    チップ必要。
  • マナー・習慣・文化
    インドは宗教上、左手を「不浄の手」と認識しており、食事はもちろん握手も右手で行います。左手を差し出すことは失礼に当たるので注意が必要。また国防上の理由により、駅構内や空港などの建物での写真が禁止されています。

インドのおすすめ観光スポット

タージマハル

タージマハル

タージ・マハルを建てたムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンがアグラから都を移した際に、ヤムナー河のほとりに建築した美しい城塞で象徴的な赤砂岩の城塞と城門から通称レッド・フォート(赤い城塞)と称されています。インド独立の歴史を深く表す場所であり、インド独立記念日にはインド首相が、この場所で演説を行います。

アグラ城

アグラ城

ムガル帝国の権力と繁栄のシンボル「アグラ城」。この地の特産物である赤砂岩を使用して建築されたため「赤い城」と称されます。 内部には各皇帝がそれぞれ建てた居室や宮殿等があり、優雅で広大。皇帝が代を変えるごとに増強され、栄華を極めたムガル皇帝の権威の跡が色褪せる事なく残っています。

アンベール城

アンベール城

ラージプートの王が16世紀に築いたアンベール城。 ペルシャ様式とヒンドゥー様式が融合した独自のラジャスターン様式で彩られた城内は、マハラジャの栄華の面影を残す壮麗優美な内装になっています。アンベール城名物の象のタクシー揺られ、周辺を観光するのもおすすすめです。

クトゥブミナール

クトゥブミナール

インド初めてのモスク、クワットゥル・イスラーム・モスクに隣接された世界で最も高いミナレットで、奴隷王朝の皇帝クトゥブウッディーン・アイバクがヒンドゥー教徒に勝利したのを記念して建てられた尖塔です。1993年に世界遺産に認定され、赤土石でつくられた塔の高さはおおよそ72.5mあります。壁面にはコーランやイスラム独特の幾何学模様がびっしりと刻まれています。

風の宮殿:ハワー・マハル

風の宮殿:ハワー・マハル

ピンクシティと称されるジャイプールの中でも一際目を引く優美なファサードが「風の宮殿:ハワー マハル」。1799年に、ジャイプール5代当主プラタプ・スィンにより建てられたジャイプールのシンボルです。姿を見られることを制限されていた宮中女性のために建てられ、通りに面したたくさんの小窓は宮殿内に風を取り込むことが目的です。

レッド・フォート

レッド・フォート

タージ・マハルを建てたムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンがアグラから都を移した際に、ヤムナー河のほとりに建築した美しい城塞で象徴的な赤砂岩の城塞と城門から通称レッド・フォート(赤い城塞)と称されています。インド独立の歴史を深く表す場所であり、インド独立記念日にはインド首相が、この場所で演説を行います。

その他アジアの人気国

シンガポールへの海外出張・業務渡航

シンガポールへの海外出張・業務渡航

中国への海外出張・業務渡航

中国への海外出張・業務渡航

タイへの海外出張・業務渡航

タイへの海外出張・業務渡航

PAGE
TOP