タイ

タイ海外出張・業務渡航

タイへの出張(入国・渡航)に必要な情報をまとめました。
タイの基本情報やビザ情報、お役立ち情報等の最新情報をお伝えします。

個人旅行を検討の方はこちら
お問い合わせはこちら

タイへの海外出張・業務渡航について

ご相談・お問い合わせ

最新のサービスや実施事例、
イベント情報をお届け

メルマガ登録

タイの渡航情報

感染症危険情報 入国 ワクチン接種証明書
- 観光:〇 ビジネス:〇 不要
項目 査証 海外:隔離ホテル 海外旅行保険 日本出発前のPCR検査 海外:日本帰国前のPCR検査
観光 ビジネス 手配 隔離期間
条件 不要 不要
無査証滞在日数 (旧)30日 → (新)60日
※対象:短期商用・短期就労
(短期就労は「緊急業務届」の
提出が必要な業務のみ)
なし なし 推奨 不要 不要
詳細はこちら
HIS手配 - - - -
国際線情報(日本発着)
バンコク行き 東京発 ANA:毎日運航/JAL:毎日運航/TG:毎日運航
名古屋発 TG:毎日運航
関空発 TG:毎日運航
福岡発 TG:毎日運航
※TG=タイ国際航空 ※LCCは記載しておりません。

渡航情報

NEW

タイ政府は7月15日、日本人の一般旅券保持者に対し無査証滞在日数の変更を発表しました。

渡航情報

タイ政府は12月12日、日本人が商用目的でタイに30日以内滞在する場合、査証の取得を免除することを時限的な特例措置(2024年1月1日~2026年12月31日)として決定しました。

渡航情報

タイ政府によると、4月1日(土)0時以降、日本を含むビザ免除国/地域からタイに入国する渡航者の滞在可能期間は45日から30日になります。
タイへの渡航に際しては、入国時に押される滞在可能期間のスタンプをご確認いただくようお願いいたします。

渡航情報

1月10日、タイ航空当局から各航空会社に対し改めて変更通知が出されましたので、関連情報と共に概要をお知らせします。
[タイ空港当局からの1月10日付通知内容]
1.新型コロナワクチン接種証明書の提示は不要。
2.新型コロナの治療費を含む保険加入義務
(1)入国時にPCR検査を求められる国(注:中国、インドなど)からタイに渡航する乗客には、少なくとも1万米ドルの新型コロナ治療を含む保険加入を求める。保険加入期間は、タイ滞在期間+7日間必要。乳幼児を含め年齢を問わず保険加入が必要。学生等については、タイの受け入れ先からのレター等(新型コロナ治療をカバーする保険に関するもの)の提示でも可とする。
(2)タイの検疫担当官は、こうした国からの渡航者に対してランダムに保険のチェックを行う。保険を持っていない場合、タイ入国手続き前に保険を購入する必要がある。
(3)タイ旅券保持者、航空機乗継ぎでタイに入国しない者、タイの労働許可を保持する外国国籍者、飛行機の搭乗員、外交・公用旅券または国連レセパセ所持者は、保険が免除される。
(4)保険の不所持は、搭乗拒否理由にはならない。
3.その他
(1)航空会社は、食事や緊急時を除き飛行機搭乗中は乗客に常時マスク着用を要求するといったガイダンスに適切に従わなければならない。
(2)飛行機搭乗中に新型コロナの症状のある乗客は、タイ到着時に検査を行うことが推奨される。

海外医療保険

[タイの保険に関する大使館からの注意事項]
外国人がタイで新型コロナに感染し、病院で治療、入院する場合、治療費・入院費が高額となる可能性があります。このため、上記を問わず、必要に応じて新型コロナ治療を含む保険の加入をご自身でご検討ください

   

タイの航空券やホテルの
お見積り・ご相談は
お気軽にお問い合わせください

タイの業務渡航お見積りフォーム

タイのお役立ちコラム

これを読めば大丈夫!タイ渡航の準備から帰国までを解説します。

渡航情報

これを読めば大丈夫!タイ渡航の準備から帰国までを解説します。

ビジネスパーソンのタイ渡航において、最新の必要な情報や見るべきポイントをまとめました。

海外出張 持ち物リスト

出張

【2024年最新版】
海外出張 持ち物リスト

出張の際は、出張先で困ることがないように入念な準備を行う必要があります。これだけは欠かせない出張持ち物リストをご紹介し、不安を取り除きます!

海外出張 女性だからこその持ち物。あります

出張

【2024年最新版】海外出張
女性だからこその持ち物あります

性別問わず共通する部分は多いのですが、女性だからこそ持っていきたい物や、気を付けたい物もあります。女性目線で出張における持ち物を紹介します。

タイを動画で解説

【1分でわかる】タイ 会食にもおすすめ!個室レストラン4選

【#6 Group Trip Channel】海外版!団体旅行人気方面ランキング ~旅行幹事さんの為のお役立ち情報~

タイのよくある質問

入国の際に特別な手続きはありますか?保険の加入義務はありますか?

日本からの渡航者に関しましては特別な手続きは必要ありません。
保険加入も必須の要件には入っておりませんが、万が一の備えとして、海外渡航前に保険の加入を強く推奨しています。

査証は必要ですか?

観光目的、商用目的で入国の場合は30日以内の滞在であれば不要です。(商用目的の場合、2027年1月1日からは査証が必要になります。)
上記目的以外での入国の場合は目的に応じた査証の取得が必要となりますので大使館ホームページにてご確認ください。

商用目的で30日以内の無査証滞在をする場合、特別な手続きはありますか?

タイ入国時に商用目的を証明できる書類を提示します。
商用目的を証明できる書類の詳細は大使館ホームページにてご確認ください。

タイ入国時に入国カードの記入は必要ですか?

2022年7月よりタイ入国に関する出入国カードは廃止されております。入国時に必要なものは、パスポートと搭乗券のみです。

タイの航空券やホテルの
お見積り・ご相談は
お気軽にお問い合わせください

タイの業務渡航お見積りフォーム

タイの基本情報

  • 国名
    タイ
    タイ王国 The Kingdom of Thailand
  • 言語
    公用語はタイ語。 高級ホテルや、欧米人が多い地域は英語が通じることもある。
  • 宗教
    9割以上の大多数が仏教徒である仏教の国。 信仰は自由でイスラム教、ヒンズー教、キリスト教信者も少々いるが、国王は仏教徒でなければならないという決まりがある。
  • 気候
    国全体が熱帯性気候で、特にバンコクやプーケットは1年中蒸し暑い。5月~10月は雨季で1日に数回激しいスコールが降る。
  • 服装
    基本的に高温多湿なので通気性の良い服装がおすすめ。日差しが強いため、日焼け止めや日傘などでUV対策を。冬は朝晩肌寒くなることもあるので、羽織るものがあるとよい。
  • 通貨
    バーツ【BHT】
  • チップ
    チップの習慣がある。ポーターにはホテルのランクによって20~100バーツ、ベッドメイキングに20~50バーツ、バーやカフェではお釣りの小銭を置いてくる程度。マッサージも満足すれば50~100バーツを。タクシーは基本不要。
  • マナー・習慣・文化
    【肌の露出】暑いので肌の露出をしがちだが、寺院や王宮ではNG。ストールなどの準備を。 【あいさつ】左手は不浄の手とされているので、握手は右手で。また挨拶は胸の前で手を合わせる「ワイ」を使うとよい。

タイのおすすめ観光スポット

バンコク王宮周辺3大寺院

バンコク王宮周辺3大寺院

王室専用の寺院が集まった、通称エメラルド寺院と呼ばれる「ワット・プラケオ」、涅槃物で有名なバンコク最古の寺院の「ワット・ポー」、アユタヤ時代に建てられた「ワット・アルン」。夕暮れに染まるチャオプラヤー川と「ワット・アルン」は幻想的な美しさです。

パタヤビーチ

パタヤビーチ

バンコクや空港から近場のビーチリゾート。ビーチにはカラフルなパラソルが並び、パラセイリングやバナナボートなど多彩なマリンスポーツが年間を通じて楽しめます。ビーチ沿いには多くのレストランやホテルなどが軒を連ね、リゾート気分を味わえます。

アユタヤ

アユタヤ

タイのバンコクから北へ約76kmの場所に位置する遺跡群で、1991年にユネスコ世界遺産にも登録されている観光スポットです。当時の王室寺院や仏塔の一部からは、かつてアユタヤ王朝として栄えた様子が垣間見え、数多くの仏像が当時の反映の名残を後世に伝えています。

水上マーケット(バンコク)

水上マーケット(バンコク)

小さな運河沿いにお土産や食べ物などのお店が並ぶこのマーケット。運河に浮かぶボートの上から交渉しながらショッピングを楽しんだり、ボート上にも関わらず本格的なタイ料理を味わえるなど、独特のタイ文化を満喫することができます。新鮮な果物、野菜、工芸品などを買うことができ、お土産選びには最適です。

ワット・サマーン(ワット サマーン ラッタナーラーム)

ワット サマーン ラッタナーラーム

2011年に一般的な参拝を目的に建立された、祈願成就までのスピードが大変速いごと言われるパワースポットです。高さ24m、幅16mの巨大なピンクガネーシャ像の周りに、14匹のネズミが配されています。ネズミが曜日ごとに色分けされており、自身の誕生日の色をしたネズミに願い事をささやくと、願い事が叶うと言われています。

プーケット

プーケット

タイ最大の島であり、「アンダマン海の真珠」と呼ばれ、世界有数のリゾート地として知られるリゾート地。エメラルドグリーンの美しいビーチで、年間を通して、各種マリンスポーツやアクティビティを楽しむことができます。繁華街パトンビーチはシーフードレストランやお土産屋が立ち並び、夜も多くの人でに賑わいます。

バンコク出張におすすめのホテル
※ 法人契約済みのお客様は弊社担当者にお問い合わせください。

その他アジアの人気国

シンガポールへの海外出張・業務渡航

シンガポールへの海外出張・業務渡航

香港への海外出張・業務渡航

香港への海外出張・業務渡航

中国への海外出張・業務渡航

中国への海外出張・業務渡航

PAGE
TOP