リスクマネジメント(危機管理)

海外出張者の生命・身体の安全をHISが確保します

労働契約法5条は、企業に従業員の安全配慮義務を課しています。海外出張においても例外はありません。海外出張における安全配慮義務の充足性は、以下の4点が軸になると考えられます。

  • 危険情報の発信があるか
  • 出張者の位置情報を把握できるか
  • 安否確認を、正確に即時行うことができるか
  • 出張者を即時安全圏に避難させることができるか

貴社の従業員が安心して海外に渡航でき、海外ビジネスを最大化する。HISであれば、4点を充足する最大限の危機管理が提供可能です。

リスクマネジメント(危機管理)

危機管理の目的とは。
従業員の生命・身体の安全確保をすることである!

それを満たすための必須条件、皆さんは出来ているでしょうか。
1分程度で出来るセルフチェックで是非自社の危機管理度をチェックしてみて下さい。


自社危機管理診断テスト

現在


チェック0 BAD!危機管理が出来ていません!直ちに営業担当にご相談下さい。
チェック1~6 DANGER!危機管理に問題があります。必要な要素に不設置、もしくは欠如が見受けられます。
チェック6~9 GOOD!危機管理は一定程度実現出来ています。やや不足要素が見受けられます。
チェック10以上 GREAT!危機管理は概ね実現出来ています。コスト最適化チェックが必要です。ご相談下さい。


もっと詳しい
診断を希望される方はこちら


自社に何が不足しているのか、本来危機管理には何が必要なのか、参考になりましたか?
なぜ危機管理が必要なのか、企業が守らなければならない安全配慮義務を満たす危機管理に必要な4要素とは、なんでしょうか。
もっと詳しく知りたい方は以下コラムをご覧下さい。




関連コラム一覧

なぜ企業に危機管理が求められるのか?管理程度は?

【危機管理コラム①】なぜ企業に危機管理が求められるのか?管理程度は?

続きを読む
1.有事対応の在り方は平時に定めましょう。危機管理マニュアル作成の必要性と効果

【危機管理コラム②】有事対応の在り方は平時に定めましょう。危機管理マニュアル作成の必要性と効果

続きを読む
2.全ては情報戦。情報を制するものが出張を制す

【危機管理コラム③】 全ては情報戦。情報を制するものが出張を制す

続きを読む
3.出張申請書ではもう補えない。危機管理の常識:位置情報把握と安否確認

【危機管理コラム④】 出張申請書ではもう補えない。危機管理の常識:位置情報把握と安否確認

続きを読む
4.危機管理、必要なのは緊急避難スキーム。安全確保措置

【危機管理コラム⑤】 危機管理、必要なのは緊急避難スキーム。安全確保措置。

続きを読む



すべての出張者に安全配慮義務を満たす危機管理が実現できます

安全配慮義務を満たすためには、平準化された危機管理スキームをすべての出張者に漏れなく付帯することが必須です。
同一出張に対し、出張者ごとに異なる状況では、安全配慮義務が果たせず、万が一の際には出張者を失うリスクと法令違反のリスクを常に抱えることとなります。





HISのリスクマネジメント(危機管理)概要





リスクマネジメント(危機管理)  事業内容・HISの強み

危機管理マニュアル

危機管理マニュアル

危機管理マニュアル作成の必要性と効果

コラムはこちら
たびレジ

たびレジ

全ては情報戦。情報を制するものが出張を制す

コラムはこちら
危機管理システム Where NOW!?

危機管理システム
Where NOW!?

出張申請書ではもう補えない。
危機管理の常識:位置情報把握と安否確認

コラムはこちら
HIS緊急避難サービス HEEs

HIS緊急避難サービス HEEs
(セキュリティサポート)

危機管理、必要なのは緊急避難スキーム。安全確保措置

コラムはこちら
多角化する海外での危険を察知し、会社として必要な安全配慮義務の要件を満たし、すべての出張者が均一で安全な海外出張を行うためには、HISでの海外出張の一社購買が必須です。HISではマネジメントフィーのみで危機管理の実現が可能です。
お問い合わせはこちら
対応事例集一括ダウンロード[無料] 資料ダウンロード
海外渡航における
PCR検査のご相談も承ります ご相談・お問い合わせ
×CLOSE