沖縄本島おすすめアクティビティ特集

沖縄アクティビティ特集沖縄本島

かつて琉球王国として繁栄を誇った沖縄県は、中国や東南アジアとの貿易が栄え、
貿易立国として諸外国の影響を受けながらも独自の文化を築いてきました。
その文化が今もなお大切に受け継がれており、今日も美しい大自然にあふれ、その歴史や伝統芸能、食文化に至るまで、
本州とは全く異なった魅力に満ちている沖縄県。
160の島々からなる沖縄県の中でも最も大きい島が沖縄本島で、6つの港からは各離島へのフェリーが出ています。

シュノーケリング

沖縄本島のシュノーケリングイメージ
抜群の透明度が見せる海の世界
沖縄は水温が通年で20度を超えていて1年中シュノーケリングができますが、その海は季節によって表情を変えます。沖縄本島南端、糸満市にある大度浜海岸は初心者から上級者までシュノーケリングが楽しめ、初夏から夏にかけてウミガメが産卵に訪れることでも有名。中部の北谷町にある宮城海岸にはソフトコーラルという柔らかい珊瑚が群生しており、サンゴのお花畑とも呼ばれています。その他にも多くのシュノーケリングスポットがあります。

ダイビング

沖縄本島のダイビングイメージ
神秘的な青の世界を心ゆくまで楽しもう
沖縄本島のダイビングスポットといえば、北部恩納村にある真栄田岬の崖の下、青の洞窟が有名です。海面を照らす青い光のきらめく美しさもさることながら、生息する魚の種類やサンゴの種類の豊富さは、初心者の方から上級者の方まで多くのダイバーを魅了してやみません。世界でも有数の透明度を誇る慶良間諸島へは本島からのツアーも出ており、冬にはホエールウォッチングも可能。超上級者の方は、沈船ダイビングが楽しめる古宇利島もおすすめです。

マリンスポーツ

沖縄本島のマリンスポーツイメージ
海の遊びは無限大!ウチナータイムに身を委ねよう
王道のSUPやパラセーリング、ジェットスキーはもちろん、無人島やマングローブをめぐるカヤックツアー、はたまた沖縄の海を独り占めするようなヨットチャーターなど、数多くのマリンアクティビティが楽しめる沖縄。地元で通称「グルクン」と呼ばれるタカサゴ釣りを楽しんだり、サーフィンスクールに参加して、サーフィンデビューを沖縄で飾るなんて贅沢も。サンライズを見ながらのビーチヨガは、とびきりのリラックスタイムを演出してくれます。

遊び・体験

沖縄本島の遊び・体験イメージ
自然と文化が息づく美しい島
沖縄本島の北部エリアは、山々が連なり手つかずの自然が広がっている様子から「やんばる(山原)」と呼ばれ広く親しまれてきました。そんなやんばるで大自然を思いきり楽しむレジャーが年齢問わず大人気。のんびり楽しみたい方は森林セラピー、思いっきり体を動かしたい方はキャニオニングやシャワークライミングなど、好みに合わせて選ぶことができます。琉球ガラスでアクセサリー作り、三味線体験に沖縄料理作り体験、満天の星空観測ツアーなど、書ききれないほどの体験が待っています。
  • 掲載料金は予告なく変更されることがあります。
  • 掲載料金は最安値料金です。催行日、空き状況などの検索条件によっては、掲載料金が検索結果に表示されない場合があります。

沖縄本島の基本情報

  • 気候
    1年を通じて温暖で、年平均気温は那覇で23℃前後、東京や大阪と比べて、年平均気温は6~7℃程度高い。6月下旬から10月頃までは晴れの日が多くある。
  • 降水量
    約2000ミリ
  • 台風
    6~10月。特に8~9月が多い。
  • 梅雨
    5上旬~6月下旬
  • 面積
    約1,200㎢。沖縄県では最大の面積を持つ島。
  • 人口
    約125万人
  • フライト
    日本各地から直行便あり。羽田空港から約2時間45分、関西国際空港から約2時間15分。
    ※2021年4月現在。最新の運航状況につきましては、各航空会社にお問い合わせください。

Q&A

  • Q. 沖縄本島のおすすめの旅行時期は?
    A. 海をメインに楽しむには7~8月の真夏が最もおすすめですが、温暖な沖縄では、春や秋でもマリンアクティビティを楽しむことができます。また、冬はホエールウォッチング、プロ野球のキャンプなどの楽しみ方があります。
  • Q. 沖縄本島でおすすめのアクティビティは?
    A. 沖縄のきれいな海を満喫できるシュノーケリングや体験ダイビングが特に人気です。近年人気が上昇しているカヌーやシーカヤック、SUP(スタンドアップパドルボート)、海の上空を飛ぶパラセーリングなどのマリンアクティビティから、四輪バギー体験などの陸のアクティビティもおすすめです。
  • Q. 沖縄本島の名物グルメは?
    A. 最も有名なソーキそばやゴーヤチャンプルーはもちろん、皮つきの豚肉のかたまりを煮込んだラフテーなど沖縄ならではの郷土料理がどこでも楽しめます。タコライスやブルーシールアイスなど、アメリカ食文化の影響を受けたグルメも豊富で、沖縄本島にはステーキの名店も多くあります。
  • Q. 沖縄本島でおすすめの観光スポットは?
    A. お買い物やグルメがいっぱいの那覇のメインストリート「国際通り」や、大迫力のジンベイザメが見られる「沖縄美ら海水族館」、世界遺産「首里城」、絶景の大橋を渡るドライブが楽しめる「古宇利島」などの定番スポットがおすすめです。東洋一の鍾乳洞と名高い「玉泉洞」では一味違った沖縄が楽しめます。また、恩納村にある真栄田岬の青の洞窟はダイビングで大人気です。
  • Q. 沖縄本島でおすすめの宿泊エリアは?
    A. 幅広く沖縄観光を楽しみたいなら、中心部にある那覇市周辺に宿泊するのがおすすめです。リゾートを満喫したいなら、本島の中西部に位置する恩納村・名護エリア。恩納村の周辺には本島で最もダイビングやシュノーケリングのショップが豊富です。

おすすめ特集

ページトップへ