大地に描かれたナスカの地上絵

ペルー南部の荒涼とした海岸線の大地に刻まれるナスカの地上絵。ペルーが誇る世界遺産の1つ。航空券とホテルを組み合わせてオリジナルの旅を作るもよし。巨大な地上絵を空から眺める、遊覧飛行観光付ツアーもご用意♪

世界遺産データ

  • ナスカとフマナ平原の地上絵

  • 文化遺産
  • 1994年
  • ペルー

世界遺産データ

成田から空路でリマへ。リマから長距離バスでナスカへ行き(約6時間)、ナスカで遊覧飛行にのる方法と、リマからナスカ遊覧飛行にのる方法が一般的。

リマ・クスコも世界遺産

リマ歴史地区には、17世紀コロニアル時代の面影が残る建造物が多く存在する。 また、クスコ市街にはインカとスペインの文化が混ざり合った独特な建築物が残っている。時間があったら、ぜひ立ち寄ってみよう。

制作方法や目的は未だ謎の巨大な地上絵

文化遺産

ペルーの中南部に広がる乾燥した平原地帯の大地に、ナスカの地上絵はある。700以上の幾何学模様と、ハチドリやコンドルなど、約70の動植物の絵が描かれている。大きさは約10〜300mと大小さまざまであるが、それらの全体像を正確に把握するためには、かなり高い位置から見なければならないが、周辺は高台一つない平原である。
地上絵の多くは、紀元前2〜後7世紀にナスカ文化の人々が描いたと考えられている。ただ、この巨大で精巧な図を描くためには、高度な測量技術と数学的な知識が必要とされるが、その制作方法や目的は謎となっている。現在では農耕や水に関わる儀礼に使われていたという考え方が有力である。

おすすめ航空券・ホテル・旅のパーツ・ツアー・旅行情報

※掲載料金は一例になります。詳細はお問合せください。

海外航空券

リマ往復航空券 (燃油・諸税別途)

>>こちらから検索

おすすめホテル

リマおすすめホテル

シェラトン リマ ホテル&コンベンションセンター
最安値  円〜

おすすめオプショナルツアー

海外ツアー・旅行情報

H.I.S.おすすめツアー・旅行情報

ペルー旅行

ナスカ旅行

リマ旅行

クスコ旅行

ネイチャーワールドのツアー

TOPへもどる