マヤ文明最大の都市遺跡 チチェンイッツァ

古代マヤ文明の代表的な遺跡であり、新・世界七不思議にも登録されたチチェンイッツァ。航空券とホテルを組み合わせてオリジナルの旅を作るもよし。エルカスティージョ(ピラミッド)、高僧の墳墓など新・旧チチェンイッツァ遺跡を巡る添乗員同行ツアーなどもご用意♪

世界遺産データ

  • 古代都市チチェンイッツア

  • 文化遺産
  • 1988年
  • メキシコ

世界遺産データ

世界遺産データ

日本から、空路でカンクン、またはメリダへ。カンクン、メリダからはバスまたはオプショナルツアーで。

今も残るマヤ文明の伝統的な遺跡群

文化遺産

チチェンイッツァは、ユカタン半島北部に位置する、800年近く続いたマヤ文明の都市。さまざまな時代に建てられた壮大な遺跡の数々が今も残され、当時の栄華を彷彿とさせる。
遺跡は南側の旧チチェンと、北側の新チチェンに分けられ、中でも階段状の神殿ピラミッド「ククルカン神殿」は、春分・秋分の日の夕方になると、階段上にヘビのようなジグザグの影ができることで有名。

おすすめ航空券・ホテル・旅のパーツ・ツアー・旅行情報

※掲載料金は一例になります。詳細はお問合せください。

海外航空券

カンクン往復航空券 (燃油・諸税別途)

>>こちらから検索

おすすめホテル

おすすめオプショナルツアー

海外ツアー・旅行情報

H.I.S.おすすめツアー・旅行情報

メキシコ旅行

メキシコシティ旅行

カンクン旅行

ネイチャーワールドのツアー

TOPへもどる