赤茶色の聖地 ウルル カタジュタ国立公園

ノーザンテリトリーにあるオーストラリアの国立公園の1つ、ウルル カタジュタ。巨大な一枚岩のウルル(エアーズロック)や、同じく岩石の山であるカタ・ジュタ(オルガ)を有する壮大な景観。航空券とホテルを組み合わせてオリジナルの旅を作るもよし。観光付プラン、フリープランのツアーもご用意♪

世界遺産データ

  • ウルル-カタ・ジュタ国立公園

  • 複合遺産
  • 1987年
  • オーストラリア

世界遺産データ

成田からシドニー・ケアンズ・パースを経由してエアーズロック(コネラン空港)へ。空港から観光の基点となるエアーズロックリゾートへは無料シャトルバスで約15分。エアーズロックリゾートからエアーズロック,オルガ岩郡へはシャトルバス(AUD50〜)、レンタカー、ウルルエクスプレス(シャトルスタイルタクシー)で。ダーウィン発着のオプショナルツアーも多数あり。

周遊券で世界遺産巡り

オーストラリアには計16箇所の世界遺産がある。ケアンズの『ウェットトロピックス(自然遺産)』をはじめ、ブリスベンの『フレーザー島(自然遺産)』、シドニーの『中東部オーストラリア多雨林保護区(自然遺産)』や『ロード・ハウ諸島(自然遺産)』、メルボルンの『王立博覧会ビルとカールトン公園(文化遺産)』や『ウィランドラ湖群地域(複合遺産)』、タスマニア島の『タスマニア原生地域(複合遺産)』、パースの『西オーストラリアのシャークベイ(自然遺産)』、ダーウィンの『パヌルル国立公園(自然遺産)』などなど…。オーストラリア周遊航空券ならいくつもの世界遺産をぐるっと巡ることも可能!

赤茶色の聖地

複合遺産

ウルル カタジュタ国立公園には、約30kmの距離をおいて、オーストラリアで最も有名な2つの岩山が横たわっている。エアーズロックの名で知られるウルル山は、高さ348m、周囲約9kmの巨大な一枚岩。陽が西に傾くにつれオレンジ、赤、紫とその色を変えていく。

大小36の巨石群からなるカタ・ジュタはオルガ山とも呼ばれ、最も高い岩で546mもある。公園内には、この岩山を聖地と崇める先住民アボリジニの集落がある。彼らがこの地に定住したのは4〜5万年前とされ、地球上で最も早く人間社会を形成した民族といわれている。今日も過酷な自然環境の中で、伝統的な生活を維持する彼らの文化が貴重であるとして、文化遺産にも登録された。

おすすめ航空券・ホテル・旅のパーツ・ツアー・旅行情報

※掲載料金は一例になります。詳細はお問合せください。

海外航空券

エアーズロック往復航空券 (燃油・諸税別途)

>>こちらから検索

おすすめホテル

おすすめオプショナルツアー

海外ツアー・旅行情報

H.I.S.おすすめツアー・旅行情報

オーストラリア旅行

エアーズロック旅行

シドニー旅行

ケアンズ旅行

パース旅行

ダーウィン旅行

メルボルン旅行

TOPへもどる