バルト三国最北の街 タリン

エストニアの首都であり、中世の面影が残る港町タリン。城壁に囲まれた旧市街エリアの石畳の路地を辿りながら、中世の雰囲気を味わえる。お好みの航空券とホテルを組み合わせてオリジナルの旅行を作るのはいかが?

世界遺産データ

  • タリン歴史地区

  • 文化遺産
  • 1997年
  • エストニア

世界遺産データ

世界遺産データ

日本から、空路ヘルシンキやコペンハーゲン経由にてタリンへ。

バルト三国に分布する遺産

バルト海沿岸のエストニア、ラトビア、リトアニアには、三国合わせて4つの世界遺産がある。ドイツの影響を色濃く残すラトビアのリガ歴史地区、カトリック教国として独自の文化を育んできたリトアニアのヴィリニウス歴史地区など、隣り合いながらも異なる顔を持つ三国の文化に触れてみよう。

北欧の中世の港町

文化遺産

「デンマーク人の街」を意味するタリン。対岸のヘルシンキ(フィンランド)までは船で1時間半、旧ソビエト連邦の一共和国でもあったタリンは、ドイツ騎士団が入植していたという中世の面影を今も保ち、ロシアと北欧それぞれの雰囲気も併せ持つ、ユニークな魅力にあふれる貿易と観光の街。

市内にあるトーンベアの丘にある大聖堂(トームキリク)近くの展望台から街の全景を楽しんだり、石畳の細い路地がねじれるように続く下町を散策するのがおすすめ。旧市街の中心、ラエコヤ広場周辺には、かわいい雑貨ショップや和めるオープンカフェが点在。夏は白夜となり、民謡好きな人が多いというタリン市民は、ビール片手に長い夜を陽気に楽しんでいる。

おすすめ航空券・ホテル・旅のパーツ・ツアー・旅行情報

※掲載料金は一例になります。詳細はお問合せください。

海外航空券

タリン往復航空券 (燃油・諸税別途)

>>こちらから検索

おすすめホテル

TOPへもどる