H.I.S.トップページ > 目的から探す > THE運-世界のパワースポット特集- > おすすめパワースポット一覧 >カレル橋 聖ヤン・ネポムツキー像【チェコ・プラハ】

【チェコ】幸運のカレル橋「聖ヤン・ネポムツキー像」
-幸運・開運-

カレル橋にある「聖ヤン・ネポムツキー像」の銅板に触れると、幸運が訪れるそうです。チェコのプラハを訪れたらぜひ行ってみましょう。

触れると幸運になる聖人像がたたずむ★カレル橋

観光スポットとしても有名な「カレル橋」は、プラハ最古の美しい石橋です。

1357年、当時の王カレル4世の命で、聖ヴィート大聖堂の建築家ペトル・パルレージュの指揮で建設が開始され、1402年に完成しました。
その後、17世紀から19世紀にかけて橋の両側の欄干に、30体の聖人像が並べられ、現在の姿となりました。
聖人像は聖書から題材をとったり、歴史的な聖人や英雄をモデルとしていて、その多くはバロック様式で作られています。

その30体の一つに「聖ヤン・ネポムツキー像」があります。その像の下、台座の部分の銅板に触れると幸運が訪れると云われており、カレル橋を訪れる多くの人が幸運を願って触れていくことでも有名です。

「カレル橋」はもともと、火薬塔からプラハ城へと続く「王の道」の一部として造られていて、そのことからプラハ歴史地区の世界遺産の登録建築物にもなっています。

橋からの景観も美しく、特に夕暮れのプラハ城や町並みは風情があって素敵ですよ。

プラハの殉教者「聖ヤン・ネポムツキー像」の台座にある2つの銅板に触れると、幸運が訪れると云われています。
カレル橋を訪れるほとんどの人が触れていくのでは…と思うほど大人気の像で、触れるために順番待ちをするほど。
銅板も多くの方に触れられているため、その部分だけピカピカに光っています。(笑)
プラハを訪れたらぜひ、「聖ヤン・ネポムツキー像」にも会いに行ってみましょう。

お得なパッケージツアーや添乗員同行ツアーなら >>チェコツアーを探す

自由な旅を楽しみたいなら >>プラハ行き航空券を探す