Loading...
女子旅365

女子旅365とは

女性の旅を提案し続けている「よくばり女子のパラダイス」シリーズから、旅行の写真と情報を紹介するサイト「女子旅365」が登場!!

ずらっと並んだ写真の中から気になるものをクリックすれば、その写真にまつわる観光名所の情報も確認出来ちゃいます♪
また、最初に目にする情報は写真だけなので、自分でも思いがけない旅のヒントを発見出来ちゃうかも?!

さあ、女子旅365で「よくばり」な旅のヒントを見つけませんか?

台湾

インド

香港

ドバイ

ニュージーランド

バルセロナ

グルメ

買い物

ビューティー

観光

オプショナル

ホテル

TODAY'S PHOTO

  • INFO

    屋台イチゴの飴がけ

    台湾と言ったら「夜市」と答える人も多いはず。台北市内だけでも夜市が10個以上あります。台湾最大級の士林夜市や朝市も夜市も開催される地元密着24時間マーケットの臨江街観光夜市。目的に合わせて訪れる夜市を変えてみるのも楽しそう。夜市での食べ歩きやショッピングはもちろん、歩き疲れた足を癒してくれるマッサージを堪能するのもオススメ。ただ、終電や終バス時刻には気をつけて。深夜0時を過ぎても華やかさを失わないので、ついつい帰りの足を逃しちゃうことも。また、夜市によって特徴も大きく異なるので、交通機関も併せて事前リサーチは忘れずにね。

    BACK MORE
  • INFO

    花生捲

    飴で固めたピーナッツがすごい存在感の花生捲屋さんは、台湾ならどこでもある身近な屋台スナック。屋台の前を通るとナッツの香りが漂ってきて、思わず吸い寄せられてしまいます。ちなみに、花生捲とは宜蘭の名物のクレープのこと。注文すると、店員さんが手際よくピーナッツ飴を削りだし、クレープの皮に乗せていきます。「香菜、いる?」と声をかけられた時は、迷わず「いる!」と答えましょう。甘いものに香菜が意外と合うんです!

    BACK MORE
  • INFO

    九分の屋台

    九分に行ったら必ず立ち寄るという人も多いお店。この写真をみると、屋台に見えますが、実はこの厨房の奥と写真の手前側はテーブル席になっていて、店内で食べることが出来るんです。厨房ではTシャツにエプロン姿のお姉さんが慌ただしく料理を作ったり、オーダーを聞いたりています。それも、厨房と食堂に垣根がないから見れるもの。それを見てるのも楽しいので、待ち時間もあっという間です。ココは魚の団子スープがオススメ。さっぱりとしているので、とっても食べやすいですよ。九分は、ほぼ毎日雨が降っているので、体を温めたいときに食べてみてもいいかも。

    BACK MORE
  • INFO

    龍山寺

    恋愛神様で有名な龍山寺は、台北で最古の伝統ある仏教寺院。きらびやかな極彩色に彩られた門は見るだけでも価値がある素晴らしい建築様式。でも、龍山寺はそれだけではないのです。18体の神様が鎮座し、どんな願いも聞いていただけるありがたいお寺。本殿もとてもきらびやかで台北で最古とは思えないお手入れぶりは、地元の人たちの信仰があってこそ。その中でも女子に注目されているのが、月下老人。お忙しい方なので、しっかり伝える準備をしてお参りしてみて。

    BACK MORE
  • INFO

    ゴマ団子

    臨江街観光夜市にあるゴマ団子屋さん。夜市では、ゴマ団子も安い値段で気軽に食べることが出来ちゃいます。1人用の屋台でお兄さんがせっせと作るゴマ団子。出来たてを渡してくれます。熱々のゴマ団子をひと口かじると、表面はカリッと中は柔らかい餅の中から、程良い甘さのこし餡が口の中に広がります。甘くどくないので、甘いものが苦手な人でも食べることが出来そうです。そして、追いかけるようにゴマの風味が口の中に広がります。餅の触感と、餡子と胡麻のハーモニー。夜市食べ歩きメニューの中に是非加えてほしい一品です。

    BACK MORE
  • INFO

    龍山寺の参拝方法

    お願いしたいことはやまほどあると思うけど、台湾ではお願いは1回のお祈りで1つに絞り込んでからにしましょう。お願い事が決まったら順番を守ってしっかりお祈り。恋のパワーもしっかりゲット!(1)龍門(向かって右手)から入り、入り口の左手でお線香をもらいます。すぐそばのランプで火を付けます。7本すべてちゃんと付けましょう。(2)地図の番号通りにお線香を上げます。お線香を持つ手を額に当てお辞儀は三回、その後火に近い方を持ってストンと落とすように入れれば香炉にちゃんと立ってくれますよ。(3)最後にたどり着くのが月下老人、恋愛の神様です!運命の赤い糸を結ぶ神様の前に来たら最後のお線香をお供えして…準備はいいですか?!(4)月下老人の前にある木片を2つ手に取り手を合わせて…「住所」「氏名」「お願い(一つだけ!)」を日本語でいいのでしっかりと唱えます。(5)唱えたら、木片を手からそっと地面に落とします。裏と表が出たら神様に声が届いた証拠!木片の隣にある「赤い糸」をお守りに頂いて帰りましょう。もし1回失敗しても4回まではチャレンジできるのでがんばって!

    BACK MORE
  • INFO

    九分の茶館

    入口に印象的なお面が2つあるのが特徴のお茶屋さん。実はこのお面ちょっと怖かったです。勇気を振り絞って店の中に入ると、店内は懐かしさが漂いつつもモダンな造りでした。窓際の席に座って早速中国茶を注文。店員さんが丁寧にお茶を入れてくれます。まず、お茶の香りを楽しんでから、ようやく試飲へ。ホッと心が温かくなるような優しいお茶の味に癒されます。また、お茶うけには緑豆?や象鼻子?などの台湾では定番のものが2〜3種類ほど用意されます。お茶うけ単品だと甘みも無く、格別美味しいものではないけれど、お茶と一緒に食べれば、お茶の香りを引きだたせてくれ、お茶だけでなくお茶うけも美味しくいただけます!

    BACK MORE
  • INFO

    九分

    千と千尋の神隠しのモデルとなったとされる九分。ほとんど天候は雨の日が多く、晴れている日は少ないとの事。この日も雨で遠くの景色は霧でかすんで見えなくて残念。バスで九分まで山道をひたすら登ってきたので、晴れていたら蒼々とした山や海が見えたんだろうなぁと想像がふくらみます。九分は昔、金が発掘されたとあって、街は斜面に作られているようで、坂道や階段が多いです。傘をさしながら、階段を上り下り。旅行中食べ過ぎた体にはちょうどいい運動になりました。歩き疲れたら近くのカフェで一服。九分にはレトロでおしゃれな茶館がいっぱい。明治時代の名残がある素敵な室内で飲む中国茶は、雨で冷えた体を温めてくれます。また、窓越しに見る雨に濡れた九分の街並みに心が不思議と穏やかな気持ちで満たされていき、女子としてはたまらないひと時でした。

    BACK MORE
  • INFO

    九分のアーケード

    九分のメインエリアにあるアーケード街。道の両脇には食べもの屋さんやお土産物屋さんやらが所狭しと並んでいて、歩いているだけでも楽しい場所。ひとの流れに合わせてゆったりと歩いて行くと、目に飛び込んできたのは、花文字屋さんのお店。日本では見る事の出来ない珍しい光景だったので、思わず見入っちゃいました。おじさんやおばさんが、平たい棒状のもので文字を色鮮やかな色でサラサラと流れるように描いていくその様はまさに熟練の技がなせるもの。凄すぎて思わずため息が出てしまいました。最後に筆で細かい部分を書き加えて完成。4文字の漢字をものの5分で書きあげてしまいました。出来あがる行程を見ているだけでも楽しい花文字は、れっきとした風水に基づいた縁起の良い文字。出来あがりも華やかなので大切な人へのお土産にも最適です。

    BACK MORE
  • INFO

    臨江街観光夜市

    朝から夜まで24時間営業の臨江街観光夜市。台湾4大夜市の1つです。台北101などがあるオフィスエリアにあるので、他の夜市に比べOLやサラリーマンが多いです。朝は道路の両脇にフルーツなどの屋台が並び、おばちゃんの元気な声と笑顔でこちらもさらに元気になってしまうほど。そして、あたりが暗くなる夜6時ごろになるとイメージは一変!頭上にはキラキラと色鮮やかな電飾がともり、道の中央部分にも屋台が現れます。道の真ん中にある屋台可動式で、ゴマ団子やおでん、豆花など、食べ歩き出来そうな食べものが溢れてます。そして、道のはずれには、日本の昭和をにおわせる昔懐かしいボードゲームやサメ釣り。ちょっとした日本の縁日のような夜市は、老若男女問わず日本人の心を惹きつける事間違いなし。夜一で台湾の夜を満喫しちゃおう!

    BACK MORE
  • INFO

    行天宮

    行天宮に行くと絶対みられるこの光景。青い洋服をまとった人たちが一列にずらっと並んでる様子は、見るものを圧倒します。この方たちは、日本でいうお坊さん。分厚い教典を机に広げ、熱心に祈りを捧げている姿は、台湾の宗教について知らなくても自然と手を合わせてしまうほど。周りは参拝客でにぎわっており、その方々も熱心に線香を持つ手を額にあて、熱心に祈りを捧げていました。参拝後、それぞれおみくじを引いたり、ボランティアのお坊さんにお祓いをしてもらったり過ごし方は様々。おみくじも、無料おみくじ解説所も全て中国語なので、おみくじの結果を知りたい場合は、近くにある占い横町で日本語OKな占い師さんに聞いてみてもらうのも良いかも。

    BACK MORE
  • INFO

    コーヒーカップ

    台北101界隈のお店で選びたいのが「自分へのご褒美」グッズ。ティーサロンといいたくなるオシャレな茶房やセンスのいい雑貨店、定番とはいえ元のレートを考えるとお得感のあるブランドショップをゆっくり巡って、「コレ!」という一品を見つけましょう。写真のコーヒーカップは、自分のご褒美にピッタリなペアのコーヒーカップ。日本で買うと高額ですが、台湾だと6,000元で買えちゃいます!

    BACK MORE
  • INFO

    行天宮に祀られている関羽

    占い通りのご本尊状態!台湾では超がつくほど有名な行天宮は、毎日お祈りの参拝者が途絶えることがない凄いパワーがみなぎった場所。そこにご神体として祭られているのが、三国志のお話でも有名な関羽。この関羽、武将として名を馳せていますが、実は中国史上初めてそろばんを使用した人物で、また、簿記の発案者ともされているようです。それゆえ、今では勝負運アップの他に商売の神様として崇められています。商売熱心な人が多い台湾で一番人気なのも納得です。

    BACK MORE
  • INFO

    猫空

    台北中心部から地下鉄に乗って動物園までたどり着けば、そこから空中移動で絶景癒しスポットへ。近年開通したロープウェイが台湾の人たちにも大人気の猫空。ロープウェイを見ながらたどり着く山の上は台北を一望できるビューポイント。週末になるとカップルのデートスポットになってしまうほどのにぎわい。お料理を楽しめる茶房もたくさんあるので、遠くに光る台北101を眺めながらゆったり夕食なんていうのも新しい台北の楽しみ方♪

    BACK MORE
  • INFO

    小城故事

    九分のメインストリートに入ったらすぐ右側にある「小城故事」。ここにはハンドメイドで作られた刺繍のポーチやアクセサリーなど、女子心をくすぐるグッズが盛りだくさん!日本語も少しなら通じるので、色違いやサイズ違いの質問にも答えてくれるのも嬉しいポイントです。

    BACK MORE
  • INFO

    阿原

    台湾の自然農園で育てられた無農薬ハーブのみで造られたユアンソープ。体や肌の調子にあわせて選べる豊富な種類も魅力の1つ。日本でも人気のユアンソープは百貨店でも買う事が出来ますが、ちょっとお高め。でも、ここなら原産国ということもあってお手頃価格で買えちゃいます!気になってはいたけど、手が出せなかった方、ちょっとしゃれたお土産をお探しのかたにはオススメの商品です♪

    BACK MORE
  • INFO

    台北101

    台北101といえば、台湾の観光名所の1つと思っていらっしゃる方も多いはず。実はそれだけではないんです!台北101はもちろん、周辺界隈も振興開発地区として政府の機関や巨大ショッピングモールが立ち並ぶ、最新トレンドが集まる新しい街なんです。一度は行きたい台北101の展望台で508mの眺望に満足したら、そのままショッピングモールへGO!地下1階は超大型のスーパーマーケットも入っていて、見ているだけでも楽しいスポット。ブランドショップから台湾のお土産まで、イイ意味で台湾がギュッと凝縮されています。

    BACK MORE
  • INFO

    タージ・マハル・ホテルの店員

    ラグジュアリークラスホテルなだけあって、サービスも雰囲気も抜群!きめ細やかなサービスと豪華な調度品に囲まれた空間でゆったりとアフタヌーンティはいかが?ここで過ごす時間は、贅沢そのもの。日常を忘れられる事間違いなし!ちなみに、「タージ・マハル・ホテル」で楽しめる本格アフタヌーンティは、ケーキやクッキー、サンドイッチなどが盛られた伝統的な3段タワーのスタンドが特徴で、女の子なら誰でも目を惹きつけられます。インドの紅茶もさることながら、焼きたてのスコーンが絶品!かんきつ系&キウイのジャム、クリームチーズなど、好みのフレーバーをつけて楽しんでみて。

    BACK MORE
  • INFO

    ジ オベロイ ラージヴィラス

    高貴な王族気分が味わえる超豪華なパレススタイルホテル「ジ オベロイ ラージヴィラス」。ジャイプールの喧噪から車で30分でラージ(王族)気分が満喫できる宮殿のようなホテルに到着。王宮さながらの広大な庭には260年前の寺院や蓮の花が咲く池などが点在しています。ゲストルームには天蓋付きのベッドに、24時間対応のバトラーサービス、そして緑あふれる庭園の眺めと心癒される事間違いなし。オベロイスパでは伝統のアーユルヴェーダトリートメントが受けられます。

    BACK MORE
  • INFO

    ジ オベロイ アマールヴィラス アグラ

    アメリカで最も権威のある旅行雑誌「コンデ・ナスト・トラベラー」のコンテストで何度も入賞するなど、世界レベルのクオリティを誇るラグジュアリーホテル。客室をはじめ、ホテルの至る所からタージ・マハルが眺められ、眺望はアグラNo.1。開放的なロビーや緑溢れるガーデン、広々としたプールなど、芸術的とも言える優雅な空間で贅沢な時間が過ごせます。

    BACK MORE
  • INFO

    DHABAの人気1「なすびカレー」

    インドといったら、やっぱりカレー。でも、せっかくだから気軽に本場の味を楽しみたい。そんな貴女には高級ホテル「クラリッジス」にある「DHABA(ダバ)」がオススメ。DHABAは、「デリーNO1!の美味しさ」と在住日本人に評判なカレー屋さん。その中でも一番人気があるメニューは「なすびカレー」。デリーにきたら絶対食べたい一品です。ちなみに、写真は一人前のなすびカレー。結構ボリュームあるように見えますが、程良くスパイスが効いて美味しいので、ペロッと食べる事が出来ちゃいます!

    BACK MORE
  • INFO

    DHABAのお口直しハーブ

    カレー屋さんやインド料理店を訪れたら、注目してほしいのがこちら!各テーブルに置いてあるドライハーブです。日本ではカレーに福神漬が添えられているように、インドでは、食後のお口直しにフェンネルやアニスシードなどのドライハーブを食べるのが定番だとか…。しかも、お口をさっぱりさせるだけではなく、消化をたすけてくれるという嬉しい効果付!これで、安心してインド料理を堪能できますね♪お店によっては、食後にドライハーブを出すところもあるので、違いをたのしんでみて。

    BACK MORE
  • INFO

    DHABAの店内

    「DHABA(ダバ)」店内の様子。パンジャーブ州のローカル食堂をイメージした店内は、トラックをインテリアに使ったり、メニュー表がトラックの形をしていたりとユニークな雰囲気。ちなみに、「DHABA」とは、日本語で「安食堂」という意味。店内の雰囲気、お店の名前から高級ホテル内のレストランということを忘れてしまいそうですが、味は本格的。街中の食堂での食事に抵抗のある人は、ココで街の食堂の雰囲気を楽しんでみるのはいかが?

    BACK MORE
  • INFO

    タージ パレス ニュー デリー

    閑静な立地が魅力の名門五つ星ホテル「タージ パレス ニュー デリー」。インド各地に高級リゾートを持つホテルグループ「タージ」だけにインドらしさを前面に押し出したインテリアがエキゾチックな気分を盛り上げます。宮廷インド料理が味わえる「Masala Art」に、豪華急行列車を思わせるインテリアの「Orient Express」などレストランも多彩。インド古来のアーユルヴェーダのスパもありと充実です。

    BACK MORE
  • INFO

    ヒルトン ガーデン イン

    ヒルトン ガーデン インは、2009年にできたセレクト・シティ・ウォークに隣接したホテル。そのため、ショッピング派にはうってつけのホテルです。地下鉄の駅まで徒歩5分と使い勝手がいい立地もさることながら、無料でWi-fiが使い放題というのも最新ホテルならではの嬉しいポイントです。写真はホテルのプール。ゴージャスな雰囲気が漂いお姫様気分に浸れます。

    BACK MORE
  • INFO

    pickswicksのケーキ

    インドのスイーツは、とっても甘い。甘党の方でも思わず「甘いっ!」と声を漏らしてしまうほど、インドのスイーツは激甘系が揃っています。もちろん、その国のスイーツ文化だから、そのまま楽しみたいところですが、どうせなら、美味しくいただきたいですよね。クラリッジスホテル内にある「pickswicks」のスイーツは、その中でも甘さ控えめのスイーツが揃ってます。まずは、こちらでインドのスイーツを小手調べ!なんてのもいいのかも・・・。

    BACK MORE
  • INFO

    pickswicksの店内

    デリーでは5つ星クラスのホテルでビュッフェが流行っています。その中でもイチオシなのが、クラリッジスホテル内にある「pickswicks」。なぜなら、女子に嬉しいスイーツ&ワンスプーンサイズのオードブルが種類も多彩に揃っているからです。インドでは、1品のボリュームが多く、数多く食べることが中々できませんが、こちらでは比較的食べやすいので、色んなものを食べてみたい方にとっておすすめです。

    BACK MORE
  • INFO

    RoyalTreatのカレー

    ラジャスターン地方のカレーは、少し酸味の強い風味が特徴で、好き嫌いがはっきり分かれる味。でも、ここ「RoyalTreat」なら、外国人観光客も多く、マイルドに仕上げてあるから、日本人でもラジャスターン風カレーが美味しくいただけます。特に、マトンのカレーは、お肉がトロトロになっていて、非常に美味しいです。是非、試してみて♪(写真は2人前です)

    BACK MORE
  • INFO

    LMB

    「ジャイプールで一番有名なお菓子屋さんは?」と言えば、誰もが思い浮かべるほどの名店、LMB。創業280年の老舗のお菓子屋さんでもあるこのお店は旧市街の目抜き通りにあります。店内に置いてある食品は、動物性脂肪を一切使わないベジタリアン仕様というのが嬉しい。地元っ子にも人気なこのお菓子屋さんは、ベジタリアンレストランも併設されています。レストランでは、ラジャスターン風カレーを600円前後で楽しめ、日本ではなかなか食べる事が出来ない珍しいルーも味わう事が出来ます。また、お菓子はテイクアウトもOK。お店が混雑している時には便利です。

    BACK MORE
  • INFO

    mocha

    胃がカレーで疲れてしまった時、観光や暑さで疲れてしまった時はココがおすすめ♪ここのお店は、テーブルごとに趣向を変えた家具や壁に施されたアートなど、スタイリッシュなインテリアが印象的。店内には女性同士のお客様の他に、カップルもたくさん!店内にはブランコになった椅子や一人がけのゆったりとしたソファなどたくさん。ちなみに2人がけのソファはカップルに大人気でした。ゆっくりと時間の流れる店内で、水たばこのにおいが漂う店内でまったりくつろぐことが出来ます。お食事もラップサンドやパスタなど、各国の料理が揃ってます。そして、モカと言うだけあって、ここのコーヒーの品揃えはピカイチ!世界各国のコーヒーが楽しめます。一番のオススメはインド産のコーヒー。熱い土地にあわせて口あたりさっぱりとした味の美味しいコーヒーです。

    BACK MORE
  • INFO

    水牛

    撮った場所は、オールドデリーの超ローカルマーケット、「チャンドニーチョーク」。自転車の後ろに大きな荷台のついた乗り物「サイクルリキシャー」に乗って散策していたら、後ろに牛車がいたのでパシャリと撮りました。都会では大分見ることが減った牛ですが、オールドデリーではまだまだ見られます!(野良牛もいます。)

    BACK MORE
  • INFO

    サイクルリキシャー

    インド内で最も見かける大衆車「サイクルリキシャー」。このサイクルリキシャーを引く人の事をリキシャマンといいます。日本の人力車を引く車夫のように、特にガッシリとした体つきでもない、むしろヒョロッとした体形の方が多いリキシャマン。大柄な人を2,3人乗せて坂道や舗装されてない道を進んでいくような力が彼らのどこに潜んでいるのか。見ているだけで彼らの力強さに目を奪われてしまいます。実際に乗るときは、値段交渉を忘れずに。タクシーの様にメーターがあるわけではないので、最初にある程度交渉をしておかないと高い金額を言われてしまう事も。

    BACK MORE
  • INFO

    ハウズ・カース・ヴィレッジ

    デリーのオシャレな若者や、外国人駐在員がよく行くオシャレエリア。新しいショップやレストラン、バーがどんどん登場していて目が離せません。日本でも着られそうなインド服や洋服、バッグやアクセサリーや雑貨、アンティークショップでは家具や古い映画のポスターなどがあって、お部屋に飾れば一気にインドっぽさが漂います!ここでのイチオシのお店は「***O LAYLA」。紙製のネックレスや木のイヤリングなど、リサイクル品を使ったア癖やユニークなデザインの服など、個性的なアイテムが並んでおり、見るだけでも面白いです。

    BACK MORE
  • INFO

    アーユルヴェーダ

    ル・メリディアンホテル内にあり、シャワーやパウダールームも文句なしの充実さ。マッサージに使うオイルも、街の怪しいスパだと使い回しの心配がありますが(!?)、ここなら安心して任せられます。マッサージの前には瞑想の時間もあり、インド気分もUP。パウダールームではスパコスメの化粧水が、シャワールームではボディーソープやシャンプーが使えます。気に入ったら購入も可能なので是非。

    BACK MORE
  • INFO

    象のタクシー

    アンベール城のふもとからお城までの約15分ほどを、象さんの背中に乗ってのぼるサービス。象さんの背中の高さに合わせた乗り場から乗り、鞍はしっかりしていて手すりも付いているので安心です。のっしのっしと揺れますが、しっかり掴まって、その揺れも楽しんで。キレイにメイクアップされた象さんもいて、たくさん集まった様子は迫力満点!

    BACK MORE
  • INFO

    ヘビ使い

    ジャイプールの観光地でよく見られるヘビ使い。カゴの中にはコブラが入っていて、ヘビ使いが笛を吹くとゆっくりと動きます。全然動かないコブラもいるけど、そこはご愛嬌(ヘビ使いがつついて動かすことも・・・)。ヘビ使いのターバンをかぶらせてもらい、笛を持って記念撮影もできますよ!(お金を取られるので、払いすぎないよう要注意です。数十ルピーでOK。)

    BACK MORE
  • INFO

    サリーレンタル

    H.I.S.デリー支店が利用しているお店では、簡単に着られ、しかも着崩れしにくいように特別に縫製されたサリーを使用。お腹が見えるのがイヤなら、隠れるようにも着せてもらえるのでご安心を。お店では色とりどりのサリーの中からお好きなものを選んで、お店の奥さんに着せてもらいます。ブラウスは裾と袖を安全ピンでタイトに留めてもらうと、よりインド人風♪なんと、これまでに数名のお客様のサリー姿が現地の新聞にとり上げられているんです!アグラ観光をする日は、バッチリアイラインでインド美女になりきりましょう!

    BACK MORE
  • INFO

    ファテープル・シクリーのヤギ

    インドはまるで動物園のように、街中にたくさんの動物がたくさんいます。犬、牛、鳥、リス、猿、象、馬、ラクダ、そしてヤギ。特にここ、ファテープル・シクリーでは、なぜか野良ヤギがたくさんいて、自由に階段をピョコピョコ移動している姿がかわいいんです。観光客に慣れているのか、写真を撮ってもあまり逃げないのですが、野生の動物には絶対に触れないように気をつけてくださいね!

    BACK MORE
  • INFO

    ヴァサント クンジ

    Diorやシャネルなど高級ブランド店が軒を連ねる「DLF エンポリオ」、「DLF プロムナード」「AmbienceMall」と3棟のショッピングモールが集まるヴァサント・クンジは、デリー最大にして、最新のメガモール。特に「DLF プロムナード」は、ZARAやMANGOなどの人気セレクトショプやスーパーマーケットも入店していて、旅行者も利用しやすいテナント構成が魅力です。ちなみに、「ZARA」は国内最大級のフロア面積です。広い店内に様々なアイテムが並び、自分用に思わず買ってしまいたくなります♪

    BACK MORE
  • INFO

    女人街のバック売り場

    香港は夜遅くても買い物ができる街。その中でも有名な露店街のひとつが女人街(トンチョイ)。夕方3時ごろから露店がどんどん立ち上がっていく姿は圧巻。ひとたび露店街が出来上がれば革製品や女性用衣料品やアクセサリー、ベビー用品など何でもござれの通りに変貌します。じっくり探せば凄くお安い値段で良いものが見つかったりするので、是非出かけてみて。夜の8時〜10時頃が一番込み合うので、夕方の明るい時間に出かけるとゆっくりお買い物が出来るかも。

    BACK MORE
  • INFO

    SASAの店内

    香港各地に展開するチェーン店、莎莎(ささ)。ピンクの看板が目立つこのお店は、現地の人も御用達のコスメドラッグストア。香港の街を歩いていると結構な頻度で見かけます。チープなものからお安くなっているジャパンコスメ、日本未上陸の海外コスメまで幅広い品ぞろえで女の子のお土産にはピッタリ。

    BACK MORE
  • INFO

    キャットストリートにあったアンティーク雑貨

    安くてキッチュな掘り出し物が潜んでいる骨董品屋街、キャットストリート。所狭しと立ち並ぶ露店や店舗には、写真のようなキラキラしたアンティーク雑貨から、ガラクタにしか見えない代物、年代物の古雑誌と色々あります。一風変わったものを買うにはオススメの場所。もちろん、香港の古くからの街並みが残るエリアでもあるので、お店を覗きながら歩くだけでも十分楽しめます。

    BACK MORE
  • INFO

    スーパーマーケットの商品棚

    お土産スポットで楽しいのが現地のスーパーマーケット。香港だけにいろんな国の食材やお菓子がずらりと並んでいます。地元の雰囲気を味わいながら、お土産を見つけちゃいましょう。陳列棚にずらりと並ぶバラエティ豊富な即席麺は、色鮮やかで見ているだけでとても楽しいもの。日本ではめったに見ることが出来ない光景にテンションが上がります♪

    BACK MORE
  • INFO

    糖朝のマンゴープリン

    香港に行ったら絶対食べたいスイーツ、マンゴープリン。日本でも食べる事が出来るけれど、本場でも食べたくなるのが乙女心。プルプルのプリンを口に運べば、口いっぱいに広がるマンゴーの甘さと香り。絶品です!ちなみに、香港でマンゴープリンといえば、糖朝が有名。日本にも出店するなど、その味は折紙つき!マンゴープリン以外にも点心や他のスイーツも美味しいので是非行ってみて♪

    BACK MORE
  • INFO

    ガイダンチャイ

    日本のベビーカステラをつなぎ合わせたかのような、香港のローカルスイーツ。中はもっちり、外はカリッとしていて、たまごの香りとふんわりとした甘さが口の中いっぱいに広がります。香港っ子にも大人気のスイーツなので、一度は試してみて!お値段も10香港ドルとお手頃で、食べ歩きにも向いています。(料金は2012年11月現在の値段です)ローカルスイーツというだけあって、香港のいたるところにある?蛋仔のお店。実は、結構当たり外れがあるらしいんです。ちなみに、この写真は「北角?蛋仔」というお店で、地元でも美味しいと評判のお店。北角以外にも、湾仔など他の地域にも出店してます。

    BACK MORE
  • INFO

    ベン&ジェリーズのアイスクリーム

    濃厚でとろっとしたアイスクリームの食感がやみつきになってしまうアイスクリームチェーン店。香港には7店舗あるので街並みを眺めながらのブレイクタイムにぜひ。とっても美味しいから食べ過ぎに注意してね♪写真にあるようなアイスクリームの他にもスムージーやシェイクなどのドリンク類も種類豊富に取り揃えています!

    BACK MORE
  • INFO

    OZONE

    香港で今大注目なのがリッツカールトンにあるバー、オゾン。香港のどこにいてもすぐに判る超高層ビルのリッツカールトンの最上階(118階)に、なんとオープンテラスを作ってしまったと話題です。予約はできませんが宿泊客でなくても入ることが可能なので、訪れてみて。風の強さはご愛敬、どこよりも高い位置から眺めるビクトリア湾の風景は圧巻です!気になるドリンクは1杯100香港ドル〜とホテルのバーとしてはお手頃です♪

    BACK MORE
  • INFO

    足藝舎

    「飛行機の疲れをまずは癒したい!歩き疲れた〜!!」って方にオススメの足藝舎。夜中の2時まで開いている上、日本語もある程度伝わるのでマッサージの強さ弱さも伝えやすいお店です。足つぼマッサージだけではなく、全身アロマリンパマッサージや耳掃除など色んなメニューがあるので、体調に合わせて選んでくださいね。笑顔が優しいオーナーさん。店内はシンプルながらきれいに整えられ、落ち着いた雰囲気でゆったりできますよ。

    BACK MORE
  • INFO

    ミッドレベルエレベーター

    世界一長いエレベーターで有名なミッドレベルエレベーター。長さはなんと全長800m!屋根つきだから雨の日の観光だってへっちゃらです。中環街市ビルやハリウッド・ロードなど、名所を縦断するようにあるエスカレーターだから、両脇にかわいいお店がたくさん♪「あ!」と思ったら迷わず降りてみてね。普段は上りだけの一方通行だけど、通勤時間帯(朝6時〜10時)は下りに代わってるから気をつけてね。

    BACK MORE
  • INFO

    オープントップバス

    九龍半島のネイザンロードを訪れたら、絶対に目にするオープントップバス!色も赤や緑などさまざま。定番中の定番だけど、香港にきたら一度は乗っておきたい乗り物です。H.I.S.では女人街観光とセットになったプランをオプショナルツアーでご用意。香港といえばお馴染みの頭上に広がる道路に迫り出したきらびやかな看板も、バスの2階部分から見れば、すぐ目の前に!ちょっとしたアトラクション気分が味わえます。また、クリスマスシーズンになるとクリスマスイルミネーションが街を彩り、一層華やかさが増します。疾走感を味わいながら、ちょっと高い視点から見る香港。信号で止まった時には、写真を撮ったりと充分に楽しめます。

    BACK MORE
  • INFO

    シンフォニーオブライツ

    ネイザンロードと並んで香港の象徴的な観光名所である、シンフォニーオブライツ。毎日夜8時から13分間、音楽に合わせてイルミネーションがキラキラ輝きます。見る方法は、(1)香港島側から見る。(2)九龍半島側から見る。(3)船上から見る。と大きくわけて3つあります。その中でも、一番のオススメは(3)船上から見るプランです。船上からの景色のいいところは、香港島側も九龍半島側も一度に楽しめちゃうところ♪アクア・ルナのシンフォニーオブライツ観賞にあわせた便にはカップルがいっぱい。船上でワインを片手にロマンチックな雰囲気に包まれて観賞するのはいかが?

    BACK MORE
  • INFO

    レイユームン

    九龍からでも、香港島からでも地下鉄で気軽に行ける鯉魚門(レイユームン)は、おいしい海鮮をその場で料理してくれるレストラン街。湾に沿ってずらっと並ぶ魚屋さんにはなんと60店舗以上あり、生け簀には日本ではみないサイズの魚介類がたくさんあって歩くだけでも楽しめるスポット。香港ならではの密集した高層住宅の夜景もとてもキレイです。ゆっくりした雰囲気で出来たてのシーフードを楽しむなら一度は訪れてみてほしい場所。

    BACK MORE
  • INFO

    女人街

    香港に来たら、人がごった返した活気のあるマーケットに行ってみたいですよね。そんな時はここ!女人街がオススメです!店同士が競うあうように商品を並べています。商品が並びきらないのか、隣に負けたくないのか、通路をどんどん浸食(?)しながら商品を並べているので、大人2人がギリギリ通ることが出来るような狭さ。そのため、店の人の熱気、行き交う人の熱気をひしひしと感じます♪みんな商品をみながら通るので、進行速度はノロノロ。人も多いので食べ歩くにはちょっと難しいかも。そして、気になる品ぞろえは申し分なし!名前の通り女性にとって嬉しい商品があることはもちろん、男性に嬉しい商品もありますよ。

    BACK MORE
  • INFO

    香港SKY100の展望台

    2011年4月にオープンした香港の新名所「SKY100」。その高さは世界で4番目に高いとの事。2階から100階まで超高速エレベーターで約60秒。あっという間に到着しちゃいます。展望台までの道には、ガラス張りの廊下があり、下には香港の街並みの模型があり、空中散歩をしているような感じです。さて、写真の画像、何だか分かりますか?実は、望遠鏡なんです!しかも、ただの望遠鏡ではないんです。望遠鏡でみる景色を時間や天候をかえて見る事が出来るんです!たとえば、雨の日でも、この望遠鏡でみる景色は晴れだったり、昼までも夜景の景色が楽しめちゃいます。もちろん、本来の望遠鏡としての機能も優秀。近くまでズームできるので、観光ルートの確認もできます。

    BACK MORE
  • INFO

    ラクダのバーガー

    一見、何の変哲もないハンバーガー。実は、ラクダのお肉を使用したハンバーガーなんです。荷物運搬や観光の目玉としてドバイで大活躍のラクダは、食でも地元の人、観光客を問わず大人気です。日本では全くなじみの無い意外性満点のラクダの肉は、羊ほど臭みはなく牛肉に近いです。しかし、牛肉より繊維が多いのか硬く感じられ、一般的なハンバーガーに見られる様な流れ出る肉汁もありません。肉汁が無くても肉の脂身を感じることは出来、パティと一緒に挟まっているマッシュルームやハーブの香りとも絶妙に絡み合い美味しく食べることができました。写真のラクダバーガーを提供している「Local House」は、バスタキア地区という歴史観光地区にあります。店内の多くは日を通すような簡単な屋根が付いたテラス席。ちょっと蒸し暑く感じる方は、レモンミントジュースがオススメ。口の中にミントの香りとレモンの酸味が広がり、さっぱりとしますよ。話題性に富む世にも珍しいラクダの肉専門のレストラン。話のタネに観光のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

    BACK MORE
  • INFO

    砂漠サファリ&バーベキューディナー

    アラブに来たなら、砂漠でラクダはハズせないという方は多いはず。H.I.S.でダントツ人気NO.1のオプショナルツアーがこちら。まずは4WDでスリリングな砂丘のカーアクションからスタート。前後左右に激しく揺れるのでキャーキャー大興奮!その後どこまでも続く砂漠の地平線のかなたに落ちる夕日を眺めたら、キャンプ地へGO。ここではとってもキュートなラクダに乗ったり、BBQバイキングを食べながらのベリーダンスショー、サンドアートの見学や民族衣裳の試着体験など、お楽しみが盛りだくさん!

    BACK MORE
  • INFO

    バージュ・カリファの展望台

    某ハリウッド映画にも登場した世界一高い建物がこちら。高さ828mは文句ナシの世界一! 展望台にはオープンデッキもあって、風を感じながらドバイの街を一望できます。展望台から見るドバイの街は砂漠の中に突如現れた近代都市そのもの。なんとも不思議な感覚です。そして、オススメの見方はドバイファウンテンのショーを上から見ることです。下からドバイファウンテンのショーを見て、その迫力に圧倒され、上から見て噴水の大きさに改めて感動する。そして、時刻は夕方頃がオススメ日が落ちて影っていく景色の中に浮き上がっていく街の明かりと、噴水。とても幻想的です。また、展望台には最先端の技術を駆使した仕掛けもいっぱいあるので、景色以外にもたっぷり楽しめます!

    BACK MORE
  • INFO

    キティちゃんスパの店内(1)

    世界初!大人から子供まで大好きなキティちゃんのスパ「ハローキティ・ビューティー・スパ」が2012年5月にドバイにオープン!その気になる店内は、ピンクとオフホワイトを基調に上品にまとめられており、キティちゃんの世界観がそのまま再現されています。ここの大きな特徴は、大人の女性向けのクイーンモードの他に、お子様(小中学生ぐらい)の女性向けのプリンセスモードがあること。但し、子供向けと侮るなかれ、ハンドマッサージ&ケア、フットケアなど施術内容は大人向けと遜色ありません。そして、使用するプロダクトは、もちろん赤ちゃんにも使用可能なオーガニック製品。ドバイに住む母娘の為にある本格派スパと行っても過言ではありません。キティちゃんファンでなくても、行ってみたい場所ですね。

    BACK MORE
  • INFO

    キティちゃんスパの店内(2)

    キティちゃん柄のクッション、キティちゃんのリボンが刺繍してあるタオル、キティちゃんマークのシャンプーやクリームなど、キティちゃんがあふれている夢の空間。ピンクとオフホワイトで統一された店内は、可愛らしいなかにも上品さが漂い、まさに、自分がお姫様になったかのような気分に浸れます。また、店の一角にはカフェスペースがあり、待ち時間や施術の合間も、お店オリジナルのオーガニックなスイーツを食べながら優雅に過ごすことが出来ます。ちなみに、気になるこのスパに対するドバイの女性の反応は、連日問い合わせがあるとかで結構高いようです。日本のキャラクターが海外で受け入れてもらっているというのは、なんだか嬉しいですね。そして、スパのラインナップは通常のスパと変わらず、さすが高級住宅エリアに立地するだけあって施術もしっかりしています。お値段が高くて気おくれしちゃう方は、キティちゃんのネイルアートはいかが?スパの施術は完全予約制なので、興味のある方は事前に予約を入れておくのを忘れずにね。

    BACK MORE
  • INFO

    タリース・オットマン・スパ

    宮殿ホテル「ジュメイラ・ザビール・サライ」にある豪華スパ。8,000平米の広大な敷地にはドバイ最大のトルコ式ハマムやタラソテラピー・プール、スノー・ルーム、アドベンチャーシャワーなど珍しい設備がいっぱい!名前のとおり雪のルームです。スチームサウナやドライサウナと交互に入ることで、毛穴が引き締まるんです。スパメニューを受ければ、ジムやこれらのファシリティが使い放題!!メニューはフェイシャルで300UAEディルハムからなので、かなりのお値打ちプランですよね!(1UAEディルハム=約21円/2012年9月現在)

    BACK MORE
  • INFO

    ネオス

    ジ・アドレス・ダウンタウン・ホテルの63階にある、クリスタルのシャンデリアが輝く近未来的な雰囲気のバー。ここからはバージュ・カリファの夜景がとっても綺麗に見えるんです。その上、ドバイ・ファウンテンまで見下ろせるので、1度で2度おいしい感じが女子心をくすぐります!もちろん、夜景を堪能する為に、窓際のテーブルを確保することを忘れずに。

    BACK MORE
  • INFO

    クバ・バー

    マディナ・ジュメイラ内にある、バージ・アル・アラブの夜景を堪能できるバー。オープンテラスでアラビアンな気分に酔いしれる事ができます。ピンクに染まるサンセットの時間帯も人気だそう。バージ・アル・アラブを眺めながら、カクテルとシーシャ(水たばこ)でゆるゆるとした時間を過ごす…そんな大人な楽しみ方はいかが?

    BACK MORE
  • INFO

    バスタキヤ地区

    ドバイに行ったら絶対訪れてほしいオススメのエリア「バスタキヤ地区」。高層ビルが建ち並ぶ最先端なドバイとはひと味違う、土壁の伝統的建造物が細い路地に並んでいるのが印象的なエリアです。無料のギャラリーや小さいカフェ、お洒落なショップが集まり、まるで別世界に迷い込んだよう。オールド・ドバイを感じられる、雰囲気抜群なスポットです。

    BACK MORE
  • INFO

    ジュメイラ・ザビール・サライ

    ヤシの木を模した人工島「パーム・ジュメイラ」に2011年オープンしたホテル。オスマントルコ時代をモチーフにした外観もロマンチックで素敵です。ゲストルームは全室アラビア湾をのぞむオーシャンビューで、グランドデラックスルームは56uという広さが魅力。劇場や映画館、プライベートビーチ、2つのテニスコート、インフィニティプール、タリース・オットマン・スパなど、ファシリティも充実しています。ワイルドワディへの無料アクセス、ドバイモール、モールオブジエミレーツへの無料シャトルなどうれしい特典ものりだくさんの至れり尽くせりなホテル。気分はもう、アラブのセレブです♪

    BACK MORE
  • INFO

    ジ・アドレス・ダウンタウン・ドバイ

    世界一高い「バージュ・カリファ」、世界一の噴水ショー「ドバイ・ファウンテン」、世界一大きい「ドバイ・モール」に徒歩圏内。まさにドバイの“世界一”をホテルから楽しめるのがこちら。約70uという客室の広さ、インテリアの豪華さはドバイならではのゴージャスなステイにぴったりです。プレミアムファウンテンビューのお部屋ならドバイ・ファウンテンをひとりじめした気分に。

    BACK MORE
  • INFO

    ドバイ・モール内の水族館

    ないものがない!?全てが揃う世界最大級なショッピングモール「ドバイ・モール」。東京ドーム23個分という敷地面積には、約1,200ものお店が入店。一日かけてもまわりきれないほど、とにかくビッグ・スケールなんです!水族館やアイススケートリンクまであるのにはビックリ!ちなみにこの水族館、巨大水槽を少し離れて見るだけなら、無料なんです。写真の人だかりは、まさに無料エリアにいる人たち。水族館のチケットを購入すると入れる有料ゾーンはそこより手前にあるので、じっくり観察できます。もちろん写真撮影も可能です♪また、水族館のチケットは種類が豊富で、目的にあわせて選べます。巨大水槽だけでなく、全長48mもある水中トンネルにも入れるチケットが特にオススメです。

    BACK MORE
  • INFO

    スーク・マディナ・ジュメイラの店内

    伝統的なスークを再現したショッピングモール。のんびりとアラビックな掘り出し物を探せるスポットです。入口は小さめですが、中は広大です。このスケールのでかさは、やはりドバイと言ったところ。メインエントランスに入るとマップが置いてあるので、必ず入手してね。本物のスーク以上にスークらしく品ぞろえが豊富です。料金は他のところに比べて若干お高めですが、その分同じ商品でも色々なパターンが選べたりと利便性は抜群です。やっぱり、気に入った形や色など、いろいろ選びたいしこだわりたいですよね。ちなみに、こちらでは、アラブ版の親子マトリョーシカなんて面白い商品がありました。個性的な友人へのお土産にもピッタリで帰国後、話題になること間違いなしの品物です。

    BACK MORE
  • INFO

    シーシャ

    ストロベリー、バニラ、ミントなどいろんなフレーバーが楽しめるシーシャ(水たばこ)は、アラブの伝統文化。煙は紙巻たばこより冷たく、軽い心地よさが特徴です。また、フレーバーが付いている分、個人差はあるかと思いますが、とっつきやすいです。もくもくと煙を吐き出しながら、のんびり過ごしていると、心が安らぎます。普段ノンスモーカーの方でも一度は試してみませんか?

    BACK MORE
  • INFO

    スカイライン ゴンドラ

    ゴンドラで向かうは、クイーンズタウンのアミューズメント施設「スカイライン」。ただ、このゴンドラは普通のゴンドラとは一味違います。なんと、乗車時間10分足らずで、標高差約450メートルを一気に昇っちゃいます。ほぼ真上に昇っていくような感じなので、4人乗りのゴンドラに乗った後、すぐに乗り場が下の方に…。グングン昇っていくので、高所恐怖症の人はちょっと怖いかも。ゴンドラからは、クイーンズランドの街並み、そして、途中ではバンジージャンプの施設が見えます。まさに、バンジージャンプをしようとしている人、ちょっとスタート地点から後ずさっている姿を見ると、こちらまで手に汗をかいてしまうほど。スカイゴンドラは、クイーンズタウン中心街から歩いて5〜7分。余裕があれば、ぜひ訪れてほしいスポットです。ゴンドラ乗り場で、お得なゴンドラ&リュージュのセット券を買うのを忘れずに。

    BACK MORE
  • INFO

    スカイライン リュージュ

    スカイラインに来たら絶対にやりたいアクティビティ、「リュージュ」。初心者コースと上級者コースの2つに分かれてます。ここでオススメの楽しみ方を紹介!まずは小手調べで初心者コースで1回、そして、感覚が掴めたら上級者コースへ。初心者コースでも、意外とスピードが出るので楽しめますが、混雑の為なかなか進めないこともあります。そのため、初心者コースでは、スタート前に習うソリの操作方法の確認と、自然豊かな風景を楽しんでください。そして、今度は上級者コースに挑戦すべく、リフトに乗車!そのリフトには、先ほど遊んだソリがひっかけられています。日本では、なかなかお目にかかれない珍しい光景でもあるので、ぜひ見てみてくださいね。スタート地点に戻ってきたら、上級者コースへGO!変化のある傾斜、ヘアピンカーブ、加速していく程に体に受ける風も強くなっていき、気分はスゴ腕レーサー。あまりにも面白いので、童心にかえって、思わず熱中しちゃいます。地元の子供たちなのか、スピードを上げてすべっている子や、仲間内で競争しながらすべっている子いたりと、大人から子供まで幅広く楽しめます。

    BACK MORE
  • INFO

    スカイライン ジップトレック

    ニュージーランドでは、クイーンズタウンにしかない「ジップトレック」。スカイラインのボブズヒル近くで体験できます。森林地帯に手づくりされたツリーハウスを拠点に、森林の中に張り巡らされたワイヤーを利用し、颯爽と自然の中を滑りぬけます。森の中の移動はターザンになった気分。最初は、慣れない浮遊感に「キャー」と絶叫していても、すぐに森の中を滑り降りる疾走感の虜になってしまいます。コースによっては、森の上を通るルートも。空の青、湖の藍、その間に広がる白い雲と緑豊かな山々。その景色に包まれ鳥になった気分で遊覧できます。また、ワイヤーとは腰部分に装着したハーネスでつながれているだけなので、ワイヤー移動に慣れてきたら、手放し、上下逆さまに滑ったりと自由な角度から絶景を楽しめます。オススメはやっぱり逆さでみる景色。クイーンズタウンの絶景はゴンドラからでも見れますが、逆さで見ることが出来るのはココだけ。ちょっと怖いかも知れないけれど、勇気を出して挑戦してみよう。目の前に広がる景色は、きっとかけがえのない大切な思い出になる事間違いなし!また、気さくなガイドさんの自然についてのレクチャーも必見です。ジップトレックは気温が高い日でも日陰に入れば肌寒くなるので、必ず羽織るものを用意してね。

    BACK MORE
  • INFO

    グレノーキー乗馬体験

    クイーンズタウンから車で1時間。映画「ロード・オブ・ザ・リング」の撮影も行われたグレノーキー。最初はこの自然が美しいグレノーキーをドライブ。写真ストップを含め1時間お楽しみいただきます。その後は、お待ちかねの乗馬体験!この作品の中で「ミスティ・マウンテン」として出てきた山をバックに壮大な自然を駆けまわれば、映画の世界にトリップしちゃいそう。乗馬経験がなくても心配ご無用。器具のレンタルはもちろん、乗る馬も気性が温厚で優しい子が多く、馬のサイズも自分の身長に合わせて選んでくれるので安心です。また、ここの馬は、前の馬の後ろについて歩く様に教え込まれ得ているので、乗馬経験者が手綱を引かなくても、自分だけで乗馬が楽しめちゃうのも、日本にはない仕様♪

    BACK MORE
  • INFO

    マタマタ

    ファン必見!映画「ロード・オブ・ザ・リング」の世界観に浸れるおすすめスポットです。イアン・アレクサンダー氏の広大な牧場には、あの緑が美しいホビット村のセットが組まれています。このオプショナルツアーでは、映画の劇中で使われたセットを撮影中の色々なエピソードと共に、ガイドが詳しくご案内いたします。また、ホビット村を訪れる前にはシャイアズレストランでランチ。牧場に行ってからは、ロケ地見学以外にもなんとも可愛らしい羊にエサをあげる事が出来ます!

    BACK MORE
  • INFO

    マタカナ・ファーマーズ・マーケット

    オークランドの町中から車で1時間ほどの場所にある、小さな町マタカナ。ここでは毎週土曜日に地元の方々がオーガニックを栽培した野菜、果物、ワインなどを持ち寄り販売するマルシェが開かれます。中にはオーガニックのアイスクリーム屋さんもあり、見るだけでなく、食も楽しめちゃう素敵な場所。せっかく行くなら、小腹を空かせて行かなきゃもったいない!

    BACK MORE
  • INFO

    クッキータイム

    ニュージーランド人にとってはお馴染みの人気クッキー。コンビニやスーパーマーケットで売られているのもよく目にします。ただし、直営ショップは世界中でまだココだけ!工場直営とあって、店内で販売しているクッキーはコンビニやスーパーマーケットのものとはひとあじ違う!何が違うかというと、焼き立てクッキーが売っているところ、そして、細かく砕けてしまって、1枚の形になってないようなクッキーはまとめて業務用としてお得な値段で販売されているところ。買って食べるもよし、ばらまきようのお土産としてもよしの有難いお店です!キュートなキャラクター「クッキーマンチャー」のグッズも販売しているので是非チェックしてみて♪

    BACK MORE
  • INFO

    テ・プイア

    マオリ文化と大自然が融合した施設。マオリ芸術工芸学校も併設され、作品はギフトショップでも購入できます。白い湯気と硫黄のにおいが漂う地獄谷エリア内には、温水を吹き上げる間欠泉が9つもあり、その間欠泉の中でもお目当ては約30メートルの高さまで上がる「ポフツガイザー」。間欠泉以外でも、形や色もさまざまな温泉湖や温泉のお湯が流れる川などの景観も楽しむことが出来ます。ロトルア先住民であるマオリ人の優しさに触れながら、大地の息吹を感てみましょう。

    BACK MORE
  • INFO

    ヘルズゲート

    ロトルア地区で最も地熱活動の活発な土地にあるヘルズゲート。ヘルズゲート&ワイオラ・スパはロトルア市内より車で約12分東にある地熱保留地に位置しています。ここは700年以上前からマオリ族の湯治の湯として利用され、今でもマオリ族によって守られている場所。ヘルズゲート地熱保留地を眺めながら入浴できる硫黄温泉とロトルアで唯一の泥温泉があり、特にその天然泥は美肌効果が高いんだとか!温泉の後は併設されたスパでさらなる心身チャージを。マオリ伝統療法ミリミリ・マッサージなんていかが?

    BACK MORE
  • INFO

    オービット 3コースディナー

    ニュージーランドのシンボル、スカイタワー最上部にある回転展望レストラン。約1時間かけてゆっくりと1周をまわります。窓には一面に広がるオークランドの夜景、そして、卓上にはゆらゆら揺れるキャンドルの明かりが非日常的でロマンティックな空間を演出。もちろん、お皿に彩りよく盛り付けられたモダンニュージーランド料理の味は絶品!のんびりスローな時間が流れ、心ゆくまで美味しい食事と夜景を楽しめます。

    BACK MORE
  • INFO

    Pacificaのハンドクリーム

    ニュージーランド発のオーガニック・ブランド。ニュージーランド航空のビジネスクラス機内のアメニティにも採用されている程、代表的なオーガニック・コスメ。香りも数種類あり、潤うのに着け心地はサラリとしているのが特徴。パッケージも女子向きでとってもキュート♪普段お世話になっている会社の先輩や女友達へのお土産、自分へのご褒美と幅広い用途も嬉しい。

    BACK MORE
  • INFO

    イーストディスパ

    スカイシティグランドホテル内にある、落ち着いた雰囲気と技術力の高さで人気のスパ。バリやインド式トリートメントを中心に、ニュージーランドだけに生息するマカヌから採れる100%ピュアなハチミツ「マヌカハニー」を使用したニュージーランドならではのメニューを取り揃えています。旅の疲れを癒してくれる、こんなスパはいかが?

    BACK MORE
  • INFO

    ホーリー・トリニティ教会

    パーネル通りにある、3つの連なる三角屋根が特徴的なルネサンス様式の教会。壁一面のステンドグラスから差し込む光には神々しささえ感じられ、疲れた心をそっと包んでくれるよう。日常では目にすることが少ない、ステンドグラスを通して色味が強調されて差し込んでくる光は、女性であればきっと、ドラマティックな気分に浸れる事間違いなし!タイミングが合えば、定期的に開かれるピアノ演奏やコーラスのイベントも見られるとの事。

    BACK MORE
  • INFO

    ロトルア泥パック

    ロトルア地方で採れるミネラルたっぷりの天然の泥をメインに、天然素材のみで作られているパック。泥が古い角質を吸収し、マカヌハニーがしっとりとした潤いを与えてくれる優れものです。その他、キウイやミルク配合のものなど、いろんな種類があるので、お肌の状態にあわせて使い分けたいところ。

    BACK MORE
  • INFO

    シープ・プラセンタのサプリメント

    日本でも大注目のプラセンタ。美白や老化防止、活性酸素の除去などといった美肌効果があるといわれ大人気に!ニュージーランドならストレスフリーの環境下で羊が育つので、プラセンタの質も高いんだとか。馬プラセンタよりお手頃価格で、豚プラセンタよりも効果を実感しやすい羊プラセンタは要チェックです!

    BACK MORE
  • INFO

    ワイトモ洞窟

    約3,000万年前には海の底に眠っていたワイモト。地殻変動により地上に現れた石灰岩の洞窟は、長い年月によって形作られた、まさに自然の造形美。鍾乳洞の中には発光性の昆虫である土ボタルが生息しているところもあり、洞窟の天井を覆いつくす青白い無数の光がとっても神秘的です。その様子は満点の星空を見ているようです。ワイトモへは、個人で行くよりオプショナルツアーで行くのがオススメ。当社では、ワイモト洞窟とロトルアの2大人気観光名所を1日で巡るツアーをご用意!昼食付なので、全てお任せで観光ができちゃいます。

    BACK MORE
  • INFO

    スパ・ディ・ヴァン

    オークランドの中心地から車で約25分。ブドウ畑を見渡せるロッジに併設されたスパ。ワイン大国ならではのブドウを使用した贅沢なメニューが受けられます。ブドウには抗酸化作用があり、美肌づくりには最適だとか。解放感抜群の高級スパでアッパーな気分に酔い痴れてみてはいかがでしょうか。

    BACK MORE
  • INFO

    ボツワナブッチャリー

    「ボツワナのお肉屋さん」という店名なだけあってお肉料理が自慢のレストラン。店内は洗練されたゴージャスな雰囲気で、お洒落して出かけるディナーにぴったり。湖を眺めながら味わえるオープンテラス席もあります。ラム、ラビット、ヴェニソン(鹿)など絶品お肉の食べ比べも楽しい!店のドアノブやいろんな場所に包丁のモチーフが使われているのも面白い。是非探してみて♪

    BACK MORE
  • INFO

    サグラダファミリア

    もはや説明不要なほど有名な、ガウディ代表作品「サグラダファミリア」。キリストの一生が描かれた壁面、ステンドグラスがきらめく内部は圧巻の一言。まるで木漏れ日溢れる森のような天井にも注目です。塔の中にのぼれば、てっぺんからこの聖堂を楽しむことも。ちなみにこの建物は今もなお建築中で、完成は2026年を予定しているのだそう。百聞は一見にしかず、この進化し続ける未完の芸術「サグラダファミリア」をぜひあなたの目で見てください。

    BACK MORE
  • INFO

    カサ・ミラ

    ガウディ設計の高級アパート「カサ・ミラ」。ガウディが自然界にインスパイアされ、直線を排除して曲線で表現したという集合住宅。しかも、現在も実際に人が住んでいるというから驚き。有料で館内見学も可能です。屋上にのぼればサグラダファミリアも眺められ、1階のショップではガウディ作品のグッズの購入も可能です。パラボリックな曲線美をご堪能あれ。

    BACK MORE
  • INFO

    グエル公園

    実業家グエルとガウディが夢のコラボで創り上げた未来都市型の分譲住宅地。買い手がつかず、結局売れたのはガウディ本人とグエルが購入した2軒だけだったとか。現在は市が買い上げ、公共公園にしています。トカゲの噴水は溜まった雨水が流れる構造になっているなど、自然と調和した設計は見事。また、大階段のトカゲは人気者で、お土産のキャラクターになってしまうほど。グエル公園のトカゲをモチーフにしたマグネットは、色鮮やかでデスクに置いただけで一気に華やぎます♪

    BACK MORE
  • INFO

    カサ・バトリョ

    地中海をイメージした邸宅「カサ・バトリョ」。グラシア通りにあってひときわ目を引くこの邸宅は、ガウディが実業家バトリョの依頼を受け、増改築した建造物として知られています。地中海をテーマに曲線的なデザインの邸宅は内部もタイルやステンドグラスの装飾が施されています。外観は光り輝く海面、内部は海底を表現しています。ここではチケット代に日本語のオーディオガイドがついているので、お得。是非、外観観光だけでなく中に入場してみて。ガウディの家に対する様々なこだわり、工夫をオーディオを聞きながらじっくり見る事が出来ます。曲線ときれいなタイルがはられた内部は、ファンタジーの中の世界の様です。ガウディの芸術性を存分に味わえます。

    BACK MORE
  • INFO

    ラ・マヌエル・アルパルガテラ

    優しいおばあちゃんにほっとする、手作りアルパルガータ店「ラ・マヌエル・アルパルガテラ」。アルパルガータとは、綿や麻などの天然素材で作られたスペインの伝統的な靴のこと。ここは1940年代からハンドメイドで作り続けているアルパルガータの老舗店です。某ハリウッドスターをはじめ、数多くの有名人も御用達だとか。定番の形からウェッジソールやスリッパまで幅広いデザインも魅力。お値段もお手頃なんです。

    BACK MORE
  • INFO

    サン・ジョセップ市場

    侮るなかれ、一度は立ち寄りたい面白スポット「サン・ジョセップ市場」。「ボケリア」の愛称で親しまれるバルセロナ最大の市場がここ。観光客はもちろんバルセロナっ子も多く訪れ常に活気に満ちています。カラフルなお菓子や色とりどりのフルーツ、野菜から魚貝類やお肉にいたるまで、まさに食材の宝庫。中にはお土産にぴったりな可愛いものもあるので、ふらりと覗いてみて。特にここで売られているフルーツソルトは見た目がかわいいので、自分用に買っておきたい一品!

    BACK MORE
  • INFO

    オリマール

    バルセロナ定番のグッズが欲しい場合はココ!オリマールに行ってみて!カタルーニャ産のものが豊富に揃うので、バルセロナならではのお土産探しに最適なお店。オリーブオイルやオリーブオイルを使ったソープやクリーム、ワイン、チョコレートなどオーナーがセレクトした商品がずらり。世界最大のチョコレートの祭典で世界一に輝いた小山進さんのチョコレートも置いてあります♪

    BACK MORE
  • INFO

    デシグアル

    スペインで大人気!そのデザインは大胆かつ個性的なブランド「デシグアル」。「Desigual(デシグアル)」とは、スペイン語で「同じでない」という意味。その名の通り、カラフルでビビッドな色柄使いは他に類を見ない独創的なものばかり。012年12月には原宿にショップがオープン予定。スペインに来たなら日本のョップには並ばないシューズなどのアイテムが狙い目です。主役級のアイテムを手に入れよう。

    BACK MORE
  • INFO

    デマシエ

    老舗「Xocoa(チョコア)」の姉妹店「デマシエ」。100年以上続く老舗チョコレート店「チョコア」が展開する、チョコレートやクッキーなどのスイーツショップ。店内ではチョコアのチョコレートや、ピザなどの軽食も販売。おすすめはしっとり濃厚なチョコブラウニー。イートインスペースもあるので旧市街に訪れたらいっぷくして行こう。

    BACK MORE
  • INFO

    パパブブレ

    スペイン発のアートキャンディー専門店「パパブブレ」。現在日本でも東京駅、横浜、中野、渋谷に店舗を構えている人気店です。小さな飴の中には可愛いイラストが入っていて、見た目もキュート。巨大ペロペロキャンディや口では言えない形をしたものなどお茶目なアイテムもいっぱい!本場スペインで買うってところに価値があるかも。お土産にも最適なフルーツのイラストがかわいいビン詰めのキャンディもあります♪

    BACK MORE
  • INFO

    ブボ

    女子コーフン必至!どれにしようか目移りしちゃうケーキ屋さん「ブボ」には、スペイン最優秀パティシエが生み出すスイーツがずらり。2005年リオンで開かれたワールド・チョコレートケーキ・コンテストで賞を獲得した「サビーナチョコレートケーキ」がお店の定番人気ケーキ。他にもまるでハンバーガーのようなケーキや、鮮やかなグリーンのケーキなど見た目もお味もハイクオリティなものばかり。

    BACK MORE
  • INFO

    セルベセリア・カタラナ

    地元っ子が押し寄せる、行列必至の老舗バル「セルベセリア・カタラナ」。スペイン人は自分のお気に入りの店を見つけたらそこに通い詰めるため、このお店はいつもローカルでいっぱい!お手頃価格で美味しいとあって地元でも大人気なんです。手前のカウンター席ならおひとり様でも安心。どれも美味しそうで選べない!という方にはタパス盛り合わせもおすすめです。また、女子にオススメなドリンクは「サングリア」。甘すぎないので、料理との相性もバツグンです!

    BACK MORE
  • INFO

    クアトロガッツ

    4匹の猫という意味の「4 Gats(クアトロガッツ)」は、18歳の無名時代のピカソも通った、五感で感じることが出来るアートカフェです。その他にも、19世紀末を代表する多くの芸術家達が集まったお店で、若きピカソはここで個展を開いたこともあるそうです。さらに、若かりし頃のピカソは仲間たちと店のメニューやポスターなどのデザインも手がけていたとのこと。そこまで聞いちゃえば、ちょっと行ってみたくなりませんか?残念ながら、実際のお店は閉店してしまったものの、ピカソ生誕100周年の1981年に再び当時を再現したお店をオープン。店内にはピカソの絵画もあります。

    BACK MORE
  • INFO

    エル・カングレホ・ロコ

    海沿いにある人気シーフードレストランがこちらの「エル・カングレホ・ロコ」です。シンプルな旨みのオリーブや自分で作るパン・コン・トマテなど一品一品が美味しいのにビックリ。お値段がそんなに高くないところも大きな魅力です。かなり店内が広いのでグループでも安心。2階席やテラス席なら地中海を眺めながらのんびり食事を楽しめます。是非、美食家たちもうならせる絶品シーフードにうっとり癒されてみて。

    BACK MORE
  • INFO

    プルペリア・ア・グディーニャ

    店名の「プルペリア・ア・グディーニャ」は、グディーニャ地方のタコ屋さんという意味。日本の雑誌にも取り上げられたことがある、知る人ぞ知る人気タパス店です。お昼からワインを飲みながらタパス三昧…なんて、贅沢なランチ使いにも◎。おすすめはラコン(豚の腕のハム)やアンチョビとツナのサラダ。スペイン名物生絞りオレンジジュースもお試しあれ。日本語メニューもあるので、注文しやすいのも魅力です。

    BACK MORE
  • INFO

    エクリプセ

    「エクリプセ」は、Wバルセロナホテルの26階にある若者から大人気のバー。0時までは夜景を眺めながらおしゃべりに花を咲かせるバータイム。そして、シンデレラタイムが過ぎる0時以降はクラブに早変わり。サッカー選手もよく訪れるというから、運が良ければ有名人に会えるかも!?

    BACK MORE