H.I.S.おすすめの滞在プランをご用意しました。

マレーシアは、マレー系・中国系・インド系などの多民族で構成された東南アジアの中心に位置する国家です。それぞれの民族が持つ宗教、生活習慣の融合は独特な文化を生み、様々な文化が入り混じっています。また、国土のすべてが海に面しているため、ビーチはもちろん、マングローブの生息する熱帯雨林や世界遺産の山々など、手つかずの自然が溢れているのも魅力の1つです。ビーチやホテルでのんびりするのも良し、自然いっぱいの熱帯雨林や山でアクティブに動くのも良し、多彩な文化が入り混じってる街を歩くのも良し。マレーシアに行けばきっとお望みの滞在が見つかるはずです。

ビーチも山も楽しみたい!アクティブ派におすすめ

ボルネオ島

サバ州都であるコタキナバルは、ボルネオ島の玄関口。島からスピードボートにのれば青く透き通った海を楽しむことができます。またその一方で、世界遺産に登録されたキナバル山をはじめとする山々やマングローブに囲まれた川などもあり非常に自然豊かな島です。食事は、海に近いのでシーフード料理が有名です。また、サバ・ベジタブルという文字通りサパ州でしか食べられないご当地食材を使った料理も行ったらぜひ食べてみたい。

詳しくはこちら

ホテルでのんびりしたい!のんびり派におすすめ

ランカウイ島

マレー半島の西海岸沿いに位置し、大小さまざまな99の島々からなるランカウイ諸島の中で1番大きな島がランカウイ島です。島内は車も少なく、ゆっくりとした時間が流れており、のんびりとした滞在ができます。また、島全体が免税となっており、ビールなど酒類が安いのも魅力的。また東南アジア初のユネスコジオパークに指定されており、数々の伝説が残る島としても知られております。

詳しくはこちら

世界遺産の街を歩きたい!街歩き派におすすめ

ペナン島

ペナン島で最も人気のあるビーチエリア、バトゥフェリンギと世界文化遺産にも登録されているジョージタウンからなるビーチも街も楽しめる島。マレーシア特有のババ・ニョニャ文化の街並みやコロニアル調の建物など歴史を感じさせるジョージタウンの街中にはモスクや中国、インド、ミャンマーなど様々な寺院だけでなく、ウォールアートや針金アート等アート作品も点在しています。また、ババ・ニョニャ料理やマレーシアいち美味しいといわれる屋台も必見です。

詳しくはこちら

近代都市と歴史地区が入りまじる都市で買い物したい!買い物派におすすめ

クアラルンプール

通称「KL」の愛称で親しまれている、首都・クアラルンプール。
西側にあるオールドタウンには英国当時時代を色濃く残した歴史的建築物も多く残っているので新旧の魅力を感じることができます。一方でクアラルンプール随一の繁華街、ブキッ・ビンタンやKLCCには高層ビルや街のシンボル、ツインタワーが建ち並び、都会的な一面を垣間見ることができます。アジア各地から人々が集まるため、マレー伝統料理のみならず、移民料理など多岐にわたる料理が楽しめるのも魅力の1つです。

詳しくはこちら

マレーシアについて

言語
マレー語・英語・中国語・タミール語
電圧/周波数
240V/50Hz コンセント

時差
−1時間
通貨
マレーシア・リンギット(1リンギット=約25円)(※2017年6月現在)
ビザ・パスポート
マレーシア…日本国籍ビザ(査定)なし。渡航条件…日本出発日にパスポートの有効期限6ヵ月+滞在日数以上で90日以内の滞在可能(但し、パスポート査証欄余白は1ページ以上必要です)※日本国籍以外の方は、異なります。ご自身にて自国及び渡航先の領事館、入国管理事務所などにお問い合わせのうえ、必要な手続きをお済ませください。
気候と服装
1年を通じて常夏の気候。日中は気温が高くても、朝夕は冷え込むこともあります。また、ホテル・レストランなどの施設では冷房がよく効いていることがあるので長袖の上着などをご持参されることをおすすめします。日中の日差しはかなり強くなりますので街歩きの際は、帽子・サングラス・日焼け止め等を、トレッキングやビーチへ行かれる際は虫よけなども準備されるのがおすすめです。

クアラルンプールの年間気候 ペナン島の年間気候 コタキナバルの年間気候 東京の年間気候

フライト情報

成田←→クアラルンプール … 片道約7.5時間(直行便利用)

成田←→ペナン島 … 片道約11時間(乗継便利用)

成田←→ランカウイ島 … 片道約10.5時間(乗継便利用)

成田←→ボルネオ島(コタキナバル) … 片道約5.5時間(直行便利用)/ 片道約12時間(乗継便利用)