• ゴールドコースト GOLDCOAST
  • シドニー SYDNEY
  • エアーズロック AYERSROCK coming soon

Sydney シドニー

シドニーってどんなところ?

シドニーは、オーストラリア最大の都市として、世界遺産オペラハウスや、シドニー湾にかかるハーバーブリッジが有名ですが、今回は、初めてのシドニーで押さえておきたいフォトジェニックスポットを、H.I.S.が運営する旅する女子のためのInstagramアカウント「タビジョ」にて、ステキなお写真をUPして頂いている@aym210さんが体験してきてくれました!
あなたが初めて知る!?魅力的なスポットが紹介されています!それでは、早速ご覧ください。

丘の上の公園でまったり『observatory hill park』

シドニーの景色を眺めるには是非チェックしてほしいこちらの公園。小高い丘にあるので、シドニータワーとはまた違った視点で景色を堪能できます!

芝生のうえでゆっくり寝転んだり犬と遊んだりしてる人達が居て、みんなゆったりした時間を過ごしていました。

こちらの公園ではハーバーブリッジが綺麗に見えるので、このようなアングルでも写真が撮れるのでおすすめです!

シドニーの街を一望『The Sydney Tower Eye』

シドニーの街を一望するならここで間違いなし!地上250mの360度パノラマビュー!

時間帯によって見え方が変わってくると思うのですが、サンセットの時間帯に行くと、黄昏の光りがぼんやりとゆらめいて、とても綺麗でした。

勇気のある方は、展望台の外側を歩けるという屋外アドベンチャーのスカイウォークにも参加してみてくださいね★

カラフルなアイテムがいっぱい『glebe markets』

毎週土曜10時からやってるglebe marketsは、ボヘミアンなアイテムや、かわいいビンテージものが多いと聞いて行ってきました!

かわいい掘り出し物がたくさんあってテンションがあがります★

値下げを狙った15時頃もいいですが、混み合うため早めの時間に行く事をオススメします!

食べ物も売ってたりするので、食べ歩きしながらお買い物なんてのもいいですね~。

ピンクがかわいいフォトジェニックカフェ『baby coffee co.』

シンプルだけどピンクのインテリアがかわいいこちらのカフェ。

朝早くからopenしてるので、朝ごはんを食べに来ているお客さんで賑わっていました。広々としたテラス席もあります。

体にいいものばかり入ってるスムージー!とっても美味しかったです!

オーストラリアのカフェはだいたい朝早くから開いてますが、そのぶん早くに閉まってしまうので(こちらは15時close)早めに行くことをおすすめします!

スイーツもかわいい紅茶専門店『The rabbit hole tea bar』

こちらは紅茶の専門店です。店内ではたくさんの種類の茶葉やグッズも販売しており、イートイン出来る紅茶メニューはもちろん、スイーツやフードも充実してました。

清潔感のある白を基調としたお店です。シンプルだけどたくさんのこだわりを感じられるお洒落な店内で、素敵なtea timeを過ごせました^^

ラズベリーのミルクティーをオーダー。蜂蜜をいれながら飲むのですが、絶妙な甘さと酸味がありとても美味しかったです!

オーストラリアはカフェやコーヒーショップが本当にたくさんありますが、紅茶好きの方にはぜひ行ってみてほしいカフェです。

インテリアが素敵な『clean treats』

インテリアがかわいく、ごはんもおいしく、空間づくりが素晴らしい期待を裏切らない素敵なカフェ!

店内は3つのフロアに分かれていてとても広々としています。ローカルの人が多かったイメージ。

パンケーキがとても美味しそう(しかもかわいい★)で迷いましたが、私はサラダをオーダーしてみました!

最近日本のカフェにも増えてきたカラフルなラテ。dream latteは、見た目だけでなくネーミングまでかわいいブルーのラテでした★

タイルがポイント!スタイリッシュレストラン『salt meats cheese』

こちらは夜22時までopenしているのでディナー使いにしようと思っていたのですが、glebe marketsのすぐ近くだったので予定変更してランチを食べに行ってきました!

オーダーしたブルスケッタは、ボリューム満点!そしてとっても美味しくて元気がでました!笑

タイルのテーブルがかわいくて、タイル好きにはたまらないお店でした。

店員さんがフレンドリーでたくさんお喋りしてくれたので、楽しい時間を過ごせました!

いかがでしたか?
今までのシドニーのイメージを一新するような、お洒落スポットが満載でしたね!
「女子旅したい!」と思った方も多いのではないでしょうか。
今回のレポートを参考に、今度はあなたが、シドニーの新たな魅力を探しに旅してみませんか?

H.I.S.スマートフォンTOPに戻る