エアーズロック −オーストラリア特集−

ケアンズ グレートバリアリーフ エアーズロック ゴールドコースト ブリスベン シドニー メルボルン パース
  • 感動大陸オーストラリア エアーズロック
  • 感動大陸オーストラリア エアーズロック
  • 感動大陸オーストラリア エアーズロック
  • 感動大陸オーストラリア エアーズロック
  • 感動大陸オーストラリア エアーズロック

エアーズロック=ウルル 英語名で『エアーズロック』、先住民アボリジニの言葉で『ウルル』と呼ばれる世界最大級の一枚岩。
岩のふもとには、水場や洞窟が広がり、人や動物・植物の集まる尊い場所。
周囲9.4km、高さ348mと日本の「東京タワー」よりも高いこの聖なる岩は、古代から“聖地”と崇められ現代もその姿は雄大です。

エアーズロック フィールドオブライト

世界の中心と呼ばれる砂漠に現れた光の芸術
エアーズロック フィールドオブライト

国際的に知られているイギリスの芸術家 ブルース ムンロによって生み出される光の芸術「フィールド・オブ・ライト」。彼のイルミネーションの中でも今までで一番大きな規模となり、世界遺産エアーズロック周辺の砂漠に約5万以上もの手作りの球状のガラスに光が灯されます。エアーズロックを背景に太陽光を利用した光の芸術をお楽しみください。

詳しくはこちら

エアーズロックを楽しむ
  • ウルル―カタジュタ国立公園
  • その他のノーザンテリトリー
  • アボリジニの言葉で「ウルル」と呼ばれるエアーズロック、「カタジュタ」と呼ばれるマウントオルガ。
    この2つの岩をはじめ雄大な自然が広がる国立公園。アボリジニが「聖地」と尊ぶこの地で、感動的な自然体験を。

    ウルル 〜エアーズロック〜

    気高く美しい、アボリジニの聖地

    真っ赤な太陽に浮かぶシルエット。オーストラリアを代表する世界遺産として知られる「ウルル・カタ・ジュタ国立公園」です。かつてエアーズロックと呼ばれた「ウルル」は、高さ348メートル、周囲9.4キロの巨大な一枚岩です。早朝と夕刻、太陽の輝きを受けゆっくりと黄金に染め上げられていくウルルの様子は一生に一度は観たい地球の原風景。その威風堂々とたたずむその姿は、訪れる人々を圧倒する神々しさと美しさを秘めています。

    エアーズロック

    『地球のへそ』と呼ばれるウルルの移りゆく絶景を観賞

    エアーズロック サンライズ

    夜明けの最初の光が砂漠の平原をゆっくりと横断する様子や、地平線に近づくにつれてだんだんと姿を現すエアーズロックの様子がご覧になれます。

    エアーズロック サンライズ
    エアーズロック サンライズ

    エアーズロック サンセット

    日没前にサンセット会場にて色が刻々と移り変わるエアーズロックの様子をご覧になれます。

    エアーズロック サンセット
    エアーズロック サンセット

    気温と服装

    服装

    オーストラリア内陸部の気候は一日の寒暖差が20℃前後と激しいため、脱ぎ着しやすく重ね着をした服装が理想です。
    夜間のツアーでは、爬虫類など野生の動物が出てきたりもすることがあり、また赤土が日に照らされ熱くなっていることもありますので、
    長ズボン・長袖の着用をおすすめします。
    土壌は赤土であることから特に靴が汚れます。汚れてもよい靴、そして動きやすいはき慣れた靴をご準備下さい。

    10月〜3月頃

    場合によっては最高気温が40℃を超す場合もございますので、日焼け止めクリームや帽子、サングラスをご用意いただき、暑さ対策を万全にされて下さい。
    日よけやクーラー対策のために、常に一枚多めに羽織るものをお持ちください。夜はさわかやで過ごしやすいのが特徴です。
    特に夏場はハエが大変多いです。ホテルのお土産店などでハエよけネットなどの購入が可能です。

    6月〜8月頃

    特に朝晩の寒さが大変厳しくなります。
    タイツや厚手のコートなどご準備ください。日の出から気温も上がり日中は過ごしやすく、日の入り後に気温が下がりはじめます。

     
    9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
    最高気温(℃) 28.8 32.2 34.9 36.4 38.5 36.9 34.4 29.6 24.5 20.5 20.4 23.4
    最低気温(℃) 10.8 14.8 18.3 20.6 22.6 22.1 19.1 14.4 9.5 5.6 4.5 5.8

    カタジュタ 〜マウントオルガ〜

    ウルルから西へ約50キロの場所に位置するのが、36個の奇岩が連なった不思議な景観で知られる「カタ・ジュタ」と呼ばれるマウントオルガです。5億年もの昔から浸食を続けて形成された円形ドーム状の奇岩群で、先住民アナング族の聖地として崇拝されてきました。また有名な映画の舞台にもなったと言われている風の谷も実際に足を運ぶと想像を絶するスケールです。

    カタジュタ イメージ

    7つの聖地

    7つの聖地と呼ばれるこのパワースポットは、エアーズロック(ウルル)の中でも特に神聖な場所とされています。
    写真撮影が禁止されているので、行った人のみが見ることができる一見の価値のある場所です。

    • 聖地1マラプタ…女性の聖地

      「ウサギワラビーのポーチ」。出産の儀式に使われていたとされる。

    • 聖地2ワラユキ…男性の聖地

      何らかの男性の儀式が行われ、女性は近づくことも禁じられていたといわれている場所。

    • 聖地3ンガルタワタ…男性の聖地

      先住民アボリジニのマラ族の男性が儀式を行っていた場所とされる。

    • 聖地4ジュカチャピ…女性の聖地

      先住民アボリジニのマラ族の女性が悪魔の化身クルパニに襲われた場所とされる。

    • 聖地5タピュジ…男女の聖地

      先住民アボリジニのマラ族の女性が食べ物を集めていた場所といわれている。

    • 聖地6クニヤピティ…男性の聖地

      雌(メス)のクニヤ(ニシキヘビ)が卵を置いた場所といわれている。

    • 聖地7プラリ…女性の聖地

      いまだ謎とされているミステリーポイント。周辺に砂漠地帯なのに1年中水が枯れない「ムティジュルの水場」や「ウルルの心臓」と呼ばれるハート形の窪みがある。また、先住民アボリジニの壁画も見ることができる。

    7つの聖地 イメージ

    星空観賞

    エアーズロック周辺は晴天率が高く、オーストラリア有数の天体観測地となっています。天候が良ければ、夜空を見上げると地平線から地平線まで弧を描く天の川や、まばゆいばかりに輝く星たちが手に取るように見えます。

    星空観賞 イメージ

    エアーズロックリゾート

    最高に贅沢なひとときを

    国立公園内に造られたエアーズロックリゾートでは優雅で快適なバケーションが楽しめます。周囲はウルル・カタジュタ国立公園に指定されており、その景観を損なわないように配慮して造られたリゾート。建物は赤茶色に塗られ、ゆくゆくは色あせて周りの砂漠の色と同化するような特別な塗料が使われているそうです。エアーズロックまで19km、マウントオルガまで51km離れているため、ここがツアーの発着点となります。

    リゾート内シャトルバスの利用が無料!

    無料シャトルバスがリゾート内を10:30〜00:30の時間帯に、毎日、約25〜30分間隔に運行しています。
    ※時刻表はありません。

    エアーズロックリゾート イメージ

    おすすめオプショナルツアー

    オプショナルツアー一覧へ

    おすすめホテル

    セイルズ イン ザ デザート イメージ

    セイルズ イン ザ デザート

    砂漠に浮かぶ舟のようなホテル

    エアーズロックリゾートの中心に位置した絶好の立地の国際リゾートホテル。バルコニー付きの優雅な客室はゆったりとリラックスできます。まるで砂漠に浮かぶ舟のような外観が印象的です。

    ホテル詳細へ このホテルに宿泊するツアー

  • 州の北部地域はトップ・エンド、州の南部に当たる大陸の内陸部はレッド・センターと呼ばれ、ダイナミックな自然が特徴的なノーザンテリトリー州。先住民アボリジニの居住が多く、アボリジニ全人口の約4分の1がノーザン・テリトリーで生活しています。世界遺産に登録されており、自然とアボリジニ文化が共存するカカドゥ国立公園や近代的でスタイリッシュな州都ダーウィンなど幅広い体験ができるエリアです。

    地図

    カカドゥ国立公園

    日本の四国と面積がほぼ同じ、オーストラリア最大の国立公園。貴重なアボリジニの岩壁画があり、美しい湿原や森には、1500種の植物、280種の鳥類、120種の爬虫類、50種の哺乳類、30種の両生類、80種の淡水魚、1万種の昆虫が確認されており、壮大な自然とアボリジニ文化が共存したまさに自然の楽園です。

    カカドゥ国立公園 イメージ

    ダーウィン

    オーストラリアの最北に位置するダーウィンは、カカドゥ国立公園への冒険旅行の出発点です。近年都会的でスタイリッシュな進化を遂げ、美味しいシーフードやディナークルーズ、乾季の時期にはビーチ沿いで野外マーケットや野外シネマを楽しめる、活気ある街となっています。またロマンチックなサンセットが見られることでも有名です。

    ダーウィン イメージ

    リッチフィールド国立公園

    ダーウィンからわずか2時間で到着するリッチフィールド国立公園。白アリたちが建てた高さ2メートルを超す大きさのアリ塚群やアボリジニのパワースポットでもある滝があります。滝壺では泳ぐことができます。

    リッチフィールド国立公園 イメージ

    アリス・スプリングス

    旧跡を探訪し、アボリジニ美術館で地元の芸術家の作品を鑑賞し、文化イベントに参加し、砂漠での様々なアドベンチャーに挑戦してみましょう。アボリジニアートの中心地として注目を集める街、アリス・スプリングスは、お祭や、風変わりなイベントの数々が一年中開催されるなど魅力あふれる町です。

    アリス・スプリングス イメージ

    おすすめオプショナルツアー

    オプショナルツアー一覧へ

HISだけのポイント

ウルル(エアーズロック)ふもとめぐり&サンセットツアー

ウルルふもと散策の後、夕日に赤く染まるウルルと雄大な夕焼けを、お飲み物&カナッペとともにお楽しみください。

詳しくはこちら

カルチャーセンター見学

ウルル・カタジュタ国立公園へ入園し、最初は先住民の歴史と文化の資料館・カルチャーセンターを見学します。
先住民の工芸品をお土産として購入が可能です。

イメージイラスト

ウルルふもと散策(マラウォーク)

ウルルのふもとにあるマラウォークと呼ばれる散策路へご案内します。
浸食によってできた洞窟へ入り、マラ・ジュクルパと呼ばれる先住民の神話に耳を傾けます。
この散策では、ウルルの岩肌に触れることができます。

ウルルふもと散策(マラウォーク) イメージ

ウルルふもとをぐるりと一周、車窓から観光

ウルルのふもと約10km以上いおよぶ外周道路をぐるりと一周、車窓から観光します。
先住民にとって大切な場所(聖地)をご覧いただきます。

イラストイメージ

ウルルサンセット観賞

ウルル日の入り会場へ移動し、スパークリングワインとおつまみをお召し上がりいただきながら、
日の入りとともに変わりゆくウルルの色の変化をご観賞ください。

【サンセット時間】
(4〜9月)18:00〜18:45頃
(10〜3月)18:46〜19:45頃
※時期により異なり、時間はあくまで目安となります。

エアーズロック(ウルル)サンセット イメージ

スケジュール

  • 宿泊ホテルへお出迎え
  • カルチャーセンター見学 【約40分】
  • ウルルふもと散策(マラウォーク)【約60分】
  • ウルルふもとをぐるりと一周(車窓)
  • ウルルサンセット観賞 【約40分】 
    ※飲み物&おつまみ付き
  • 宿泊ホテルにて解散
イメージイラスト

ウルル(エアーズロック)サンライズ&カタジュタ(マウントオルガ)ふもと散策ツアー

夜明けとともに浮かび上がるウルルのシルエット、その後サンライズを観賞をお楽しみいただいた後、カタジュタ・ウォルパ散策をお楽しみください。

詳しくはこちら

ウルルサンライズ観賞

日の出とともに次第にウルルがその姿を現す荘厳な雰囲気をお楽しみください。

エアーズロック(ウルル)サンライズ イメージ

ウルルふもと散策(クニヤウォーク)

ウルルのふもとにあるクニヤウォークと呼ばれる散策路へご案内します。
先住民の壁画見学、ムチジュルの水場ではクニヤ・ジュクルパと呼ばれる先住民の神話に耳を傾けます。
この散策では、ウルルの岩壁にハートの形をした窪みを探してみてください。

ウルルふもと散策(クニヤウォーク) イメージ

カタジュタふもと・ウォルパ散策(ウォルパゴージウォーク)

36個の中でも最も大きな2つの岩に挟まれた “ウォルパ散策”では、
谷間を吹き抜ける風を感じながら散策します。
ゴツゴツとした散策路ですので、歩きやすい服装・靴でご参加ください。

【サンライズ時間】
(4〜9月)06:55〜07:35頃
(10〜3月)05:45〜06:55頃
※時期により異なり、時間はあくまで目安となります。

カタジュタふもと・ウォルパ散策(ウォルパゴージウォーク) イメージ

スケジュール

  • 宿泊ホテルへお出迎え
  • ウルルサンライズ観賞 【約45分】
    ※コーヒー&紅茶付き
  • ウルルふもと散策(クニヤウォーク)【約40分】
  • カタジュタふもと・ウォルパ散策(ウォルパゴージウォーク)【約40-60分】
  • カタジュタ・ピクニックエリアにてトイレ&写真休憩
  • 宿泊ホテルにて解散
イメージイラスト

エアーズロックのサンライズを眺めながら朝食!

朝食をお取りいただく時間がございますので予めご準備ください。朝食ボックスを持って早朝のサンライズ観光へ。エアーズロックのサンライズを眺めながら、大自然の中でお召し上がりいただく朝食は格別です。

ツアー自体に朝食は含まれておりません。
事前に朝食ボックスの含まれるパックツアーをお申込みのお客様は、ツアー出発前にフロントにてお受け取りください。

エアーズロック(ウルル)サンライズ イメージ

サザンスカイバーベキューディナー

ウルル近くに設置された屋外の特設会場にてオージー・スタイルのBBQディナーをお楽しみください。
天気が良ければお食事の後、日本語ガイドの解説とともに南半球の星空観賞もお楽しみいただきます。

詳しくはこちら

天空のウルルディナー イメージ

7つのウルル聖地マップ&ウルルカタジュタ記念証明書をプレゼント

7つのウルル聖地マップ

サンセットツアー中、車窓にてウルルふもとをぐるりと一周にご案内します。
※日本語ガイド付き空港送迎が付いているお客様のみ対象です。

ウルル・カタジュタ世界遺産訪問証明書

ツアーの最後には、「ウルル・カタジュタ世界遺産訪問証明書」をお渡しします。
この証明書はポストカードとしてご利用いただくことができ、旅の良い記念にお持ち帰りください。

ウルルカタジュタ記念証明書 イメージ

観光には認定ガイドが同行!

以下の観光にはウルル・カタジュタ国立公園認定のガイドが同行!

便利グッズプレゼント

該当のパッケージツアーをお申し込みのお客様に、観光時に役立つ“アウトバックグッズ”をプレゼント

  • ・巾着袋
  • ・ハエよけネット
  • ・水筒(水は入っておりません)

※一部対象外のパッケージツアーや、個人旅行のお客様には有料でのお手配も可能です。

便利グッズプレゼント イメージ

おすすめツアー

▲ページの上へ