ビジネスクラス&ファーストクラス|エクステージ ヨーロッパツアー|ポルトガル特集

ABOUT PORTUGAL

ポルトガルとは

日本からのフライト時間
日本からの直行便はないので、ヨーロッパの主要都市からポルトガル行きの飛行機に乗り換えるのが一般的です。乗り継ぎ時間を入れて所要17〜20時間程度。
日本からの直行便がある都市
なし
言語
ポルトガル語。
入出国とビザ
【ビザ】観光を目的としてポルトガルに入国する場合、6ヵ月間で90日以内の滞在の場合はビザの取得不要。
※ポルトガル入国の際には往復予約済の航空券が必要
【パスポート】ポルトガル出国時に3ヵ月以上の有効残存期間と査証欄の空白ページ(2ページ以上)が必要。
時差とサマータイム
日本との時差は−9時間。ポルトガルの9:00が日本では18:00となります。サマータイム実施時は−8時間の差となります。
ビジネスアワー
夏のバカンスシーズンなど、長期休暇を取る店も多いので注意が必要。
【銀行】月〜金曜8:30〜15:00、土・日曜、祝日は休み。
【ショップ】月〜金曜は9:00〜13:00、15:00〜19:00、土曜9:00〜13:00。日曜と祝日は休み。ショッピングセンターは毎日10:00〜23:00。
【レストラン】昼12:00〜15:00、夜19:00〜22:00。カフェやバルは8:00〜23:00。
通貨
通貨はEU単一通貨ユーロ。
チップ
ポルトガルにもチップの習慣はありますが義務というわけではなく、特別なことを頼んだ場合やサービスなどに心付けとして渡します。
【レストラン】店の格にもよりますが、一般には料金の5〜10%をきりのいい金額に切り上げて渡すか、おつりの小銭をテーブルに残す。カフェで飲み物だけなら不要。
【ホテル】ベルボーイやルームサービスを頼んだとき1ユーロ程度。
【タクシー】おつりの小銭を渡すか、きりのいい金額に切り上げて支払う。
宿泊税
リスボンに宿泊する旅行者を対象に「宿泊税」が課税されます。1.0ユーロ/1名1泊あたりをチェックイン、又はチェックアウト時にお支払いいただきます。尚、宿泊税は現地事情により予告なく変更となる場合があります。
気候
1年を通して温暖な気候。一般的に6月から9月までが乾季です。秋から春にかけては雨が多く、1日のうちでも晴れたり雨が降ったりと不安定な天気が続きますので雨具の用意があると安心。
服装
昼間は暑くても朝晩は冷えることもあるので、カーディガンやジャケットなど羽織るものを持参するのがおすすめです。特に北部は雨量が多いので、傘はもちろん、防水ジャケットがあると便利。
喫煙
2008年1月1日より公共施設での喫煙が禁止となりました。レストラン、カフェなどの飲食店では喫煙エリアのみ喫煙できます。
水道水はそのまま飲用できるが、水が変わると体調を崩すこともあるので、気になる人はミネラルウォーターを利用したほうが安心です。500ml入りはスーパーマーケットで買うと10セント、駅の売店などでは50セント程度。
電圧とプラグ
電圧は230Vで、周波数50Hz、プラグはCタイプ。
料理・グルメ
海洋王国として栄えたポルトガルはやはり海鮮料理。バカリャウという伝統の干しダラを使った料理やタコのリゾットなどが有名です。ヨーロッパの中では珍しいお米を多く使う食文化は日本人にも親しみやすい。エッグタルトやカステラも本場の味をぜひお試しください。
お酒
ポルトガルの名産といえばポートワイン。北部ポルトの町で最後の熟成をしたものだけがポートワインと呼ばれます。発酵途中にブランデーなどを加えて酵母の働きを止めており、アルコール度数が高く甘口のワインです。
スポーツ
今や、サッカーでは世界的強豪国へと成長したポルトガル。サッカーリーグは「スーぺル・リーガ」と呼ばれ、シーズンは、8月から5月くらいまで。フーリガンのような危険はなく、女性や子どもがいても安全にサッカー観戦が楽しめます。
ファド
アメリカのカントリーミュージックやイタリアのカンツウォーネなど、各国特有の音楽文化がありますが、ポルトガルにも「ファド」という音楽文化があります。ファドは大衆的な場所から自然に生まれたもので、現地の人にとっては生活の一部ともいえる音楽。ポルトガルではほとんどのレストランでファドを演奏しており、気軽に楽しむことができます。
美術
リスボンで晩年を過ごしたアルメニア人の石油王のコレクションを展示するグルベンキアン美術館や王国時代に収集された美術品を展示するリスボン国立古美術館は収蔵品の数も大変多く、貴重な作品を目にすることができます。またコインブラ大学の図書館やレオ・エ・イルマオンという書店の建築など、フォトジェニックなスポットも沢山あります。
主な祭り・イベント
「古い歴史と文化の国」ポルトガルで、いま大注目の観光イベントとして注目を集めているのが、アゲダという地方都市で毎年7〜9月に開催される傘祭り。ストリートの上空5mほどの高さに色とりどりの傘が無数に浮かび、そのカラフルさに思わず目を奪われます。

掲載内容は2018年3月時点のものです。変更となる場合もございますので予めご了承ください。

CITY INTRODUCTION

ポルトガル都市紹介

  • LISBON

    リスボン

    ヨーロッパ大陸最西端の首都。テージョ川河口の丘に囲まれているため、7つの丘の街とも呼ばれています。

  • PORTO

    ポルト

    旧市街は世界遺産に登録され、ヨーロッパの街並みが昔のまま残っています。美しい曲線のドンルイス1世橋は街のシンボル。

  • COIMBRA

    コインブラ

    モンデゴ川河畔の町。ポルトガルで最も歴史ある名門コインブラ大学は13世紀に創立。2013年に世界遺産に登録されました。

BUSINESS CLASS INTRODUCTION

ビジネスクラス紹介

エールフランス航空

ビジネスクラスシート一例

シート幅
約68〜72センチ
リクライニング
180度(フルフラット)
シート全長
約196センチ

フレンチテイストの機内食が好評
エレガントな空間でくつろぎのひとときを

心地良さを追求したシートとフレンチテイストの機内食が好評。広々としたシートピッチ、180度のリクライニングシート、プライバシーを守るシェル型シートなど、長時間のフライトも快適にお過ごしいただけます。

ラウンジ/イメージ

リニューアルされて、より快適に過ごせるラウンジ。フランスの若手デザイナーによるデザインです。

機内食/イメージ

パリ発便では三つ星シェフをはじめ一流料理人の美食メニューを提供。世界ソムリエチャンピオンが厳選したワインセレクションとともにご堪能ください。

※掲載内容は2018年3月時点のものです。変更となる場合もございますので予めご了承ください。
※使用する機材・座席など記載の情報は航空会社の都合により、急遽変更となる場合があります。

TOUR LIST

エクステージ ポルトガルコース一覧

魅力あふれる多彩なコースを多数ご紹介

パンフレット

パンフレット請求フォームはこちら

ご予約・お問合せは

株式会社クオリタ

ビジネスクラス専門デスク

HISが100%出資している「株式会社クオリタ」では、
独立したそれぞれのカウンターを用意し、
旅のご相談を承っております。
お飲み物を召し上がりながら、時間を気にする事なく、
コンシェルジュと共に旅のプランを創り上げてください。

専門デスクのご案内はこちら

価格重視の方向けのコースもご用意しています

気軽に空の旅を楽しむ
ビジネスクラスツアー

ご予約・お問合せは

ビジネスクラス&ファーストクラス専門デスク

QUALITAロゴ
HISが100%出資している「株式会社クオリタ」では、都内近郊5カ所にビジネス&ファーストクラス専門デスクを設置しています。
お客様の旅をより一層快適に演出するため、専任コンシェルジュがご希望に合わせたご提案をいたします。
QUALITA 会社概要
営業に関するお知らせ
新宿店のみ 全日11:00〜17:00で営業を再開しております。来店は事前予約制、また最終受付は16:00となります。尚、その他の店舗は引き続き休業とさせていただきます。お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
クオリタ新宿店

クオリタ 新宿

MAP

03-5360-4888
  • 営業時間全日 11:00〜17:00
    (来店受付最終受付は16:00)
クオリタ銀座店

クオリタ 銀座

MAP

03-3538-7300
  • 臨時休業
クオリタ渋谷店

クオリタ 渋谷

MAP

03-3496-9750
  • 臨時休業
クオリタ丸の内店

クオリタ 丸の内

MAP

03-5219-3251
  • 臨時休業
クオリタ横浜店

クオリタ 横浜

MAP

045-410-1531
  • 臨時休業
入会金・年会費無料ビジネスクラスをご利用になるお客様のためにメンバーシップをご用意しています
メンバー限定の特典や特別商品をはじめ、さまざまなジャンルの希少情報を発信しております。

ビジネスクラス・ファーストクラスを利用した商品のご成約でどなたでもご入会いただけます

入会の流れ・お申し込みはこちら

※ご入会には、株式会社クオリタにてビジネス・ファーストクラスを利用した海外ツアーまたは海外航空券のご購入が条件となります。