Sponsored by H.I.S.

実はコスパ最強!?
~ビジネスクラスの空の旅~

 


「飛行機のビジネスクラスって何?」
「値段ばっかり高いけど、エコノミーと何が違うんだろう?」
と疑問に思ったことはありませんか?具体的にどのような差があるのか気になりますよね。
「ただ座席が広いだけじゃない!?」「何かサービスがいいの?」
今回は、実はあまり知られていない「ビジネスクラスとエコノミークラスの違い」についてご紹介します!

デルタ航空 成田空港ラウンジ

ビジネスクラスは搭乗前からVIP扱い

デルタ航空 成田空港ラウンジ

エコノミークラスとは異なる専用カウンターで、優先的にらくらくチェックイン。ビジネスクラスは座席数がエコノミーに比べて圧倒的に少ないので、待ち時間も少なくスムーズです。
荷物を預けたらあとは搭乗を待つのみ。免税店で買い物を楽しむこともできますが、ゆったりとしたひと時を過ごしたいならラウンジへ行きましょう。

ラウンジでは飲み物、軽食、お酒はもちろん、シャワールームやマッサージ、wifi環境も整備されています。大抵の場合、眺めのいい場所に位置しているので、リラックスできること間違いなし!


空港内をうろうろして、カフェなどに入る手間を考えると、ラウンジの存在は欠かせません。搭乗前からちょっとリッチな気分です。
例えば、思わずテンションがあがりそうな、こんなラウンジもあります。

  • 全日空では国際線空港ラウンジに日本酒・焼酎・泡盛などの利き酒コーナーを設置。
  • エティハド航空のアブダビ空港のラウンジには世界的に有名な「シックスセンシズスパ」の無料メニューを用意。
  • ターキッシュエアラインズのイスタンブール空港にはゴルフシュミレーター設置。
  • ラウンジサービスそのものが、旅の楽しみの一つになるかもしれませんね。

    気になる座席の違いは?

    ビジネスクラスの座席と一言で言っても、航空会社や機体によって差が出てきます。
    例えばアメリカン航空のビジネスクラスでは、最先端の技術で快適さを追求した180度フルフラットシートが採用されています。
    また、個室のような空間で足をのばせますし、全席通路側なので席を立つときも隣を気にせずに済みます。

    アメリカン航空 座席一例
    エミレーツ航空 バーカウンター

    一方、エコノミークラスでは後ろの人を気遣ってリクライニングも遠慮してしまいがちです。
    また、隣に人が座った状態なので、気を使わずにはいられません。
    ビジネスクラスのゆったりとした座席では、エコノミークラスよりも充実した映画や音楽視聴などのサービスもあります。
    また、座席だけではなく、軽食や飲み物を提供するバーコーナー(無料)も常設されている場合も。

    ベトナム航空オリジナルカクテル/エミレーツアメニティセット

    さらに、ビジネスクラスの座席には、素敵なアメニティも付いてきます。
    アメニティに特にこだわりを感じるのがエミレーツ航空。なんとイタリアの高級ブランド、ブルガリのアメニティーキットが用意されているんです。驚きですね。
    至れり尽くせりのサービスが価格に含まれていると考えると、エコノミークラスとの値段の差にも納得ですね。

    機内食にも大きな違いが

    短距離路線では気にならないかもしれませんが、日本縲怏「米などの長距離路線では食事の質が旅の質を左右します。
    エコノミークラスの機内食というと、簡単な食事といったイメージで、プラスチックの容器に入ったものを連想する方が多いでしょう。
    一方、ビジネスクラスでは、一般的にお皿に盛り付けられた食事が提供されます。選択肢も多く、一流シェフ監修やレストランとのコラボ企画など、工夫がこらされています。
    また、こだわりのワインの提供や、ブランドの食器を使っている航空会社などもあり、機内食=単なる食事ではなく、機内食そのものが空の旅の思い出になりそうですね。

    アリタリア航空機内食一例

    機内への預け入れ荷物にも違いが

    エコノミーでは通常預け入れ荷物の上限が20kgまでとなっています。例えばヨーロッパへ行った女性の多くは、お土産で20kgは軽くオーバー。追加料金が発生します。
    一方、ビジネスクラスは一般的に30kgまでOK。大きな違いですね。
    しかも優先タグがつけられるので空港に到着したら早い順番で荷物を降ろしてもらえます。 このように、ビジネスクラスでは座席の広さだけではなく、多くの場面で優遇されるため、コスパはとても良いと言えるのではないでしょうか。
    しかも、搭乗中の疲れが溜まりにくいことも大きな特徴です。

    エコノミーを利用して到着した後は

  • 足がパンパンで(むくんで)歩きにくい。
  • 睡眠不足で体調が良くない。
  • リラックスできず、気疲れした。
  • 一方、ビジネスクラスでは
  • 長時間のフライトでもゆっくり体を休めることができる。
  • 到着後の観光や会議も疲れを感じない。
  • グラフ

    こんな声をよく聞きます。
    ビジネスクラスとエコノミークラスの到着時の体の疲れの差は歴然。
    ビジネスクラスなら旅行先に到着したら即行動もできて、時間を無駄にしません。
    一回乗ったら、ファンになる。一度乗ったらやめられない。
    ビジネスクラス、おすすめです。

    ビジネスクラスで快適な空の旅へ

    ビジネスクラスが気になる方に朗報です。
    ビジネスクラスというと、「高い!なかなか手が出ない」と思われがちですが、H.I.S.ではお得なツアーを豊富なラインナップでご用意しております。
    半期に一度の大セール「スーパーサマーセール」も5/23より6/18まで開催。
    例えば、180度フルフラットのビジネスクラスで優雅に行くハワイ旅行が19.98万円より。
    「スーパーサマーセール」で、お得だけど、リッチな旅を是非、お楽しみください。

    ※掲載内容は2017年4月時点のものです。変更となる場合もございますので予めご了承ください。

    Copyright 2017 H.I.S. All rights reserved.