H.I.S.トップページ>目的から探す>とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ>国別海外旅行コラム>スペイン>ジプシーのカルチャーを学ぶアンダルシア観光のツアースポット

ジプシーのカルチャーを学ぶアンダルシア観光のツアースポット

|とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ

とっておきの極上旅行ナビ

  • 国別海外旅行コラム
  • ヨーロッパの豆知識
  • ヨーロッパの旅日記
  • 目的・形態別オススメヨーロッパ

魂ゆさぶる情熱のラテンの空気 スペイン

“アンダルシアでフラメンコとマタドール観光ツアー”

ひまわり畑

アンダルシア名物、一面のひまわり畑!

力強いバイラオール

タブラオにて。力強いバイラオール(男性の踊り手)の踊り

闘牛

本場で闘牛を初見物!大熱狂のひとときです!

闘牛

状況によって、場内にお客さんを入れてくれることもあります

シェリー酒

もちろん楽しみは試飲♪本場のシェリー酒を堪能

生ハム

工場の天井にぶらさがった大量の生ハム。圧巻!

情熱の国スペインに行くなら、かの地で生まれた独特の文化、フラメンコ闘牛の見物などが組み込まれたツアーはいかがでしょう。なかでも、ジプシーの生まれたアンダルシア地方で体験するのがおすすめです。

本場フラメンコを見物できる隠れ家的スポットは、「タブラオ」という洞窟のような小屋です。もちろん観光客用に大きなレストランで見物を、というところもありますが、これが本場のスタイル。旅行者も気軽に行けるので、ぜひチェックしてみてください。

タブラオでは、フラメンコと一緒にお酒や食事も楽しめます。スペイン料理に舌づつみを打ちながら、汗を飛び散らせて踊る女性の迫力に、きっと圧倒されることでしょう!本場のフラメンコは、やっぱり違います。

日本のスペイン料理屋さんでもフラメンコショーをしていますが、ここでは迫力が日本のそれとはまったく異なっています。タブラオ内の空気がスペインの空気をさらにあおっていて、酔いしれること間違いなし!

もともとフラメンコはジプシーで発展した踊りで、生きる辛さを表現した情熱そのものと言われています。

そして、闘牛もスペインならではのカルチャー。必見です!

闘牛が行われるシーズンは、バレンシアの火祭り(3月15日前後)から10月のサラゴサのピラール祭まで。基本的には毎週日曜日、または当地のイベントや行事にあわせて開催されます。必ず見られるわけではないので、事前に確認しておきましょう。

闘牛にも、ルールがあります。周りのスペイン人の反応を参考にしながら見てみると、何がOKで何が反則なのかなんとなくわかってきますが、ルールを予習しておくとより楽しめると思います!

まず闘牛が場内に出てきて、ピンクの布をはためかせた人が牛をぐるぐると走らせます。その後、槍のようなものでちょこっと牛を突つくのですが、このときは殺しません。最後に華麗な衣装をまとった闘牛士が登場して、真っ赤な布で牛を軽やかにさばきます。ここで観客は、大声援!会場全体で「オーレ!オーレ!」と叫びます。

最終的に牛を殺すまで続けられる闘牛ですが、これが文化。ついかわいそうだと思ってしまうのかも知れませんが、目を背けず、ぜひ最後まで見てください。

フラメンコ同様、闘牛もマタドール(闘牛士)と牛の生死をかけた戦いです。スペインでは、ただカルチャーを外から見物するだけでなく、そういった本質を体で感じることができる国ですね。

また、アンダルシアは野菜や魚介類など、日本人の口にも合う料理が豊富なことでも有名ですね。

スペイン料理で美味しいのが「ガスパチョ」という、トマトなどの野菜をすりおろした冷製スープです。日本では出会えないお味なので、ぜひ本場スペインで食べてみてください。それからタコのマリネもびっくりするくらいおいしいです。タコも新鮮だし、ワインにもよく合うんです。

アンダルシアではシェリー酒の工房見学や、生ハムの工場見学も体験できます。

ハモン・セラーノと呼ばれるスペインの生ハムは、塩気がちょうどよくてとっても美味!工場はスペイン内にとても多くて、予約なしでも見学できるところがほとんどなので、ちょっと立ち寄る気軽さで楽しめます。

お得なパッケージツアーや添乗員同行ツアーなら >> アンダルシアツアーを探す

自由な旅を楽しみたいなら >> マドリード行き航空券を探す

エル・グレコも愛した世界遺産の街と生ハム旅行ツアーガウディの遺産とモデルニスモでアートに酔う旅行ツアー
アンダルシアでフラメンコとマタドール観光ツアーセレブもトリコ、地中海に浮かぶリゾート旅行ツアー