H.I.S.トップページ>目的から探す>とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ>国別海外旅行コラム>ポルトガル>今最も注目されているワイン産地!ポルトガルワインの基礎知識

今最も注目されているワイン産地!ポルトガルワインの基礎知識

|とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ

とっておきの極上旅行ナビ

  • 国別海外旅行コラム
  • ヨーロッパの豆知識
  • ヨーロッパの旅日記
  • 目的・形態別オススメヨーロッパ

歴史遺産が息づく国 ポルトガル

今最も注目されているワイン産地!ポルトガルワインの基礎知識

ポルトガルワイン

ヨーロッパで最も古い歴史を持つポルトガルワイン

ワイン造り

ポルトガルは、古くからワイン造りが盛んでした。

ポルトガル原産のぶどう

ワインに欠かせないポルトガル原産のぶどう。その栽培は5世紀から始まっていました。

マデイラワイン

ポルトガルのマデイラワイン。これはビンテージものです。

ワインショップ

おしゃれなワインショップ。ガラス越しに見える樽に心躍ります。

リバテージョ州

リバテージョ州。ここで、最もポピュラーなポルトガル白ワインが造られます。

エンクルザード

ダン地方で栽培される白ブドウ“エンクルザード”

トウリガナショナル

ポルトガルを代表する赤ワイン“トウリガナショナル”

ポルトガルの黒ぶどう

ポルトガルの黒ぶどうがあるからこそ、おいしい赤ワインができるんですね。

ポルトガルワインの見極め方

ワインの産地として有名なヨーロッパですが、その中でも最も長いワイン生産の歴史を持つのが、ポルトガルです。ポルトガルでつくられたワインは、ポルトガルワインと呼ばれています。

日本では、ワインにポルトガルのイメージはあまりないかもしれませんが、それは一時期ポルトガルが半鎖国状態であったから。実はヨーロッパ内では古くからワイン造りに注力してきた国として有名で、その品種や味にも定評があります。ポルトガルに足を運んだら、ワイン好きが愛するポルトガルワインを是非堪能してみてください!

ポルトガルワインといったら、日本でも流行した甘みたっぷりの「ポートワイン」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ポートワインは18世紀にポルトガルで生まれ、その親しみやすさから日本の酒店でよくみかけるようになったワインです。
17世紀にはマデイラワインがポルトガルで誕生しましたが、これらはスペインのシェリーと並んで世界三大酒精強化ワインと呼ばれています。

ポルトガルは世界で初めて原産地呼称管理法を制定した国です。
1987年以降はEUに加盟し、他国同様産地限定高級ワインと、テーブルワインの2種類が制定されました。現在では以下の4種類に分けられています。

・Vinho de mesa(ヴィニョ・デ・メザ)…テーブルワイン。産地限定高級ワイン以外のもので、産地名は記載されません。
・Vinho Regional(ヴィニョ・レジョナル)…生産地域をラベルに表示することができるワインです。
・IPR(インディカソン・デ・プロヴェニエンシア・レギュルメンターダ)…産地表示上質ワインです。IPRに指定された地域は29あります。
・DOC(デノミナシオン・デ・ オリヘン・コントロラーダ)…原産地呼称統制ワイン。DOCに指定された地域は19あります。

ポルトガルワインの歴史

ポルトガルは12世紀までスペインの支配下にあったため、ワインづくりにおいてもその歴史を共有しています。
紀元前5世紀頃には、ぶどう作りがすでに始まっており、ローマ時代に突入してからさらなる発展を遂げました。

イスラム教徒に支配された8世紀から一時ワイン生産が停滞期に陥りますが、キリスト教徒が領土を回復してからは、またワイン生産が活発になります。
スペインから独立した12世紀以降もワイン作りを続け、特殊な技術を取り入れながら、徐々にポルトガル固有のワインを完成させていきました。
ポルトガルは、日本とも歴史的繋がりが深い国です。ポルトガル人から鉄砲が伝えられたのは有名な話ですが、それと一緒にワインも伝えられたと言われています。
しかし、20世紀の中盤からは半鎖国のような状態が続いていたため、ポートワインやマデイラワインなど一部を除いて、ポルトガルワインが世界に知られることはありませんでした。

1974年にリスボンを中心としてカーネーション革命が起こり、その後EUへの加盟を果たしたポルトガルは、自国のワインをヨーロッパ、そして世界へと広めていきます。
EUからの支援で最新のワイン製造技術を取り入れたことから、ポルトガルワインの生産が激変します。

次々と革新的なワインを生産していくポルトガルは、ワイン消費国の中でもよく知られる国となりました。当初は安いワインを提供してくれる国というイメージでしたが、徐々に、評論家たちから世界の高級ワインに勝るとも劣らない味だと絶賛されるようになり、現在では、世界中の愛好家から注目されるワイン産地として位置づけられるまでになりました。

ポルトガルワインの品種と生産地

・Maria Gomes(マリアゴメス)・Fereso Pires(フェルナン・ピレス)産地:バイラーダ、リバテージョなど
ポルトガルで最も多くみられる白ワインの品種です。バイラーダやリバテージョを中心にポルトガル全域で栽培されており、さわやかな酸味が特徴です。

・Avesso(アヴェッソ)産地:ヴィーニョ・ヴェルデ
ヴィーニョ・ヴェルデの主要品種である白ワインです。薫り高く、果実味が強い。風味も濃厚。

・Encruzado(エンクルザード)産地:ダン
ダン地方で最も一般的な白ワイン品種です。収穫される量は少ないのですが、優れたワイン品種として定評があります。酸味と果実味のバランスが見事。

Touriga Nacional(トウリガナショナル)産地:ダンなど
ダンを中心に生産されている、ポルトガルを代表する赤ワインの品種です。深い色で、タンニンが非常に多く凝縮されたワインです。

・Jaen(ジェエン)産地:バイラーダ
スペインでもハエンと呼ばれ親しまれている、ダン地方の主要赤ワインです。滑らかな口当たりと、凝縮された果実味が特徴です。

お得なパッケージツアーや添乗員同行ツアーなら >> ポルトツアーを探す

自由な旅を楽しみたいなら >> リスボン行き航空券を探す

ポルトガルに行ったら聴くべし!ファドの魅力とは世界的強豪国、ポルトガルサッカーについて知る
各時代を映す、ポルトガル世界遺産の見どころ