H.I.S.トップページ>目的から探す>とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ>国別海外旅行コラム>イタリア>オードリーと歩くローマの街なみ旅行ツアー

観光に最適、ローマ旅行のツアースポット

|とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ

とっておきの極上旅行ナビ

  • 国別海外旅行コラム
  • ヨーロッパの豆知識
  • ヨーロッパの旅日記
  • 目的・形態別オススメヨーロッパ

文化と歴史、陽気な太陽の国 イタリア

“オードリーと歩くローマの街なみ旅行ツアー”

ローマ

オードリーがVespaで走った路地のよう

ローマ

常に大混雑!ローマの観光メッカ、スペイン広場

ローマ

見たら写真を撮りたくなるトレヴィの泉。思わずパチリ♪

ローマ

思った以上に大きい真実の口。噛みつかれそう!

ローマ

蚤の市がひんぱんに立つナヴォーナ広場

ローマ

ヴァチカン名物、カラフルな衣装の兵士さん

ローマへ来たら「なりきりっ!ローマの休日」気分を味わってください♪

オードリー・ヘップバーンが演じるアン王女が、お忍びで出かけた美しい町ローマ。そこで出会った新聞記者とのたった一日の切ない恋・・・

「 そんな素敵な恋がしてみたい!」という女子は、多いはず☆せっかくローマに来たんだから、オードリーみたいに悠々と町を歩いてみましょう。もちろん、デニムとTシャツなんかじゃなく、ブラウスとスカートでね!年齢に関係なく、オードリー気分を味あわせてくれる街、ローマです。

もちろん、ローマはかなり見どころ満載。古代から残る遺跡や趣向を凝らした建築物が本当にたくさんあるので、どんなに忙しい旅行でも2日間くらいはローマ巡りにあてたいところです。「ローマは一日にしてならず」ならぬ「ローマは一日にしてまわれず」です。

ローマの休日の舞台としてもっとも有名なのがスペイン広場。スペイン階段でオードリーがジェラートを食べたシーンは、映画を見たことない方でも知ってますよね。オードリー気分を楽しみたい夢見る乙女が多すぎるせいか、残念ながらスペイン階段では飲食が禁止されています。

なにしろこのスペイン広場、大変なにぎわいです!大勢の観光客が全員ここでジェラートを食べたら…と思うと、禁止せざるを得ないかな、と納得ですね。階段の手すりに寄りかかって、「ジェラートを食べている風」な記念撮影は、ぜひお試しくださいね。

階段の上にはトリニタ・デイ・モンティ教会、下の広場にはバルカッチャの噴水があります。映画「アマルフィ」でも登場してました。この景色の美しさはは階段に立っているだけでも十分楽しめますよ。

昼間ももちろん見応えはありますが、夜のライトアップがまた格別。行くなら是非夜にも、訪れてみてください♪

トレヴィの泉も必見のポイントです。なんといっても、恋が成就するという泉ですから♪願いを込めて訪れる人は、後をたちません。

泉に背を向けてコインを投げるのがお約束。1枚投げると、ローマに再び訪れることができる、2枚なら、恋が成就するという言い伝えがあるんです。でも、3枚めを投げてはいけません!なぜなら、3枚のコインを投げると悲恋に終わると言われているんです。

大きな広場にあるのでは?と思われがちですが、トレヴィの泉は、実はこぢんまりとした広場にあります。観光名所だけあって、平日も多くの観光客が訪れていますが、美しい彫刻の隙間から湧くように流れ出ている泉を見るだけでも見る価値アリ!

そして真実の口。新聞記者が口の中に手を入れたとき、オードリーが驚くシーンは、あまりにも有名です。

「 嘘つきは噛みつかれる!」といわれているこの彫像は、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会にあります。 近くで見ると、ちょっと怖いかも知れません。そして、けっこう大きいです。本当に噛みつかれそうで、ハラハラしてしまうかも。 手を入れても、ドキドキしてすぐに引っ込めちゃう人もよく見かけます。

真実の口もそうですが、日本では撮影禁止になりそうな神聖な場所でもイタリアでは撮影OKなんですよ。

他にもアン王女が最初に立ち寄っていたコロッセオや、最後に記者会見を行ったコロンナ宮殿なども足をのばしてみてください☆どこもお姫様気分にひたれること、間違いなしです。

また、ローマに来たなら立ち寄ってみたいのが、蚤の市。蚤の市といえば、骨董品やアンティークが並んでいるイメージですが、ローマの蚤の市は一味ちがいます!

ローマの人々が安くお買いものしたい時に利用している場で、ティッシュや洗剤などがスーパーよりも安く売っているんです。ほかにも、中古の靴や服なんかも!とにかくありとあらゆるものがそろうのが特徴で、イメージとはちょっと違う、ユニークな市場です。ローマっ子の生活を覗いているようで、とても楽しいですよ。

次は、世界最小国ヴァチカン市国の玄関ともいわれているサン・ピエトロ大聖堂へ向かいましょう。

大聖堂そのものが、もはや芸術品! 内部の彫刻や絵画、ドーム型の天井から射し込む光、どれをとっても芸術の一部です。 外観を見るだけでも、その美しさには圧巻です!ピエロみたいなヴァチカン兵の衣装も含め、ぜひ見ておきたいところです。

ここで一つ注意点。中に入るためには、予約をしなければいけません。しかも、一カ月待ちなので、ご予約はお早目に! 日本で予約をするなら、旅行会社にお願いするとスムーズです。

お得なパッケージツアーや添乗員同行ツアーなら >> ローマツアーを探す

自由な旅を楽しみたいなら >> ローマ行き航空券を探す

オードリーと歩くローマの街なみ旅行ツアードゥオモから見渡すレンガ色の古都旅行ツアー水の都と大聖堂をめぐる旅行ツアー
地中海を五感で楽しむ!南イタリア旅行ツアー太陽のシチリア、蒼い海と白い遺跡に心ダイブする夏旅行ツアー