H.I.S.トップページ>目的から探す>とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ>国別海外旅行コラム>フィンランド>フィンランドのオーロラを攻略!

フィンランドのオーロラを攻略!

|とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ

とっておきの極上旅行ナビ

  • 国別海外旅行コラム
  • ヨーロッパの豆知識
  • ヨーロッパの旅日記
  • 目的・形態別オススメヨーロッパ

森と湖の大地へ フィンランド

フィンランドのオーロラを攻略!

オーロラ

フィンランドのラップランド上空に現れた、美しすぎるオーロラ

ケミ川

ラップランドに流れる、フィンランド最長のケミ川

トナカイ

フィンランドに生息するトナカイ

フィンランドのブーツ

あったかいフィンランドのブーツ。

ケッコネン国立公園

広大な面積を誇るケッコネン国立公園。キャンプもできます。

ホテルから見えるオーロラ

運がよければ、ホテルでもオーロラを見ることが!

フィンランドでオーロラが見られる場所

フィンランドといえば、豊かな緑が生い茂る森と、美しい湖。そんな大自然のイメージがあるのではないでしょうか。しかし美しいのはそれだけではありません。フィンランドでは、大変美しいオーロラを見ることもできるのです。

オーロラといえば、カナダやアラスカが観測地として有名ですが、フィンランドのオーロラもそれに劣りません。

フィンランドでオーロラを見るなら、ラップランドがおススメです。ラップランドとはフィンランド、ノルウェー、スウェーデン、ロシアにまたがるスカンジナビア半島最北の地。サンタクロースが住んでいる場所としてもお馴染みです。ラップランドには低い高原に多くの湿地や湖があり、フィンランド最長であるケミ川が流れています。自然が豊かで、トナカイや野鳥などにも出会うことができますよ。

フィンランドでオーロラを見るための条件

オーロラは、ラップランドでならいつでもどこでも見られるわけではありません。一年を通じて起きる現象ではありますが、オーロラを見るための条件があります。
1.晴れた日
2.空が暗い この2つが最低条件です。

また、オーロラが見える高緯度地方は夏と冬で日の長さが極端に違うため、夏は白夜となり当然オーロラは見えません。冬は夜が長くなるので、オーロラを見るチャンスは多くなります。オーロラの活動が最も活発になるのは、現地時間で23時頃だといわれています。19時、21時にもよく観測されるようですが、時間通りに現れるわけではないので、あくまでも今までの観測結果から導き出された予想時間だと思ってください。

空が明るい昼には、もちろん見えません。
オーロラそのものの活動は、春分、秋分に近い時期ほど活発だと言われています。時間的には見えるチャンスが少なくなりますが、美しく激しいオーロラを見るためには真冬よりもこの時期がいいとされています。

フィンランドでオーロラを見るための準備

オーロラを見る時間や時期を考えると、着の身着のまま見に行くというわけにはいきません。
フィンランドの冬はとても寒いです。できるだけ重ね着をして、暖かい格好をしましょう。何時間いるかもわかりませんから、カイロは多めに持ち、帽子や手袋などの防寒具も忘れずに。また、雪が積もって滑りやすくなっていますので、積雪に対応できるブーツを用意しておきましょう。

暗い場所ではよりキレイなオーロラを見られますので、人工の灯りがある場所は避けましょう。オーロラ観測のための小屋や観測所は、灯りの配慮もされていますので、そういった場所を選ぶのが無難でしょう。

オーロラ観測のためのホテルもチェック!

寒い中に佇み、出現のチャンスを待ちわびるのがオーロラ観測の醍醐味ですが、寝ながらオーロラを観測できるホテルが誕生しました!
コテージのように一つ一つ分かれているそのホテルは、フィンランドのウルホ ケッコネン国立公園にある「Igloo Village Kakslauttanen(イグルービレッジ カクシラウッタネン)」というリゾートホテルです。

特徴は、なんといっても天井がガラスになっていること。見上げれば空なので、運が良ければ寝ながらオーロラを鑑賞できるのです。

オーロラが見られなかったとしても、ベッドで寝ながら星空を拝めますので、最高の思い出になること間違いありません。

お得なパッケージツアーや添乗員同行ツアーなら >> オーロラツアーを探す

自由な旅を楽しみたいなら >> ロバニエミ行き航空券を探す

フィンランドの人気キャラクター、ムーミンの魅力フィンランドの国民的ブランド・マリメッコの魅力に迫る
サンタクロースの故郷であるフィンランドの楽しみ方