H.I.S.トップページ>目的から探す>とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ>国別海外旅行コラム>クロアチア>隠れた特産品、クロアチアワインの魅力

隠れた特産品、クロアチアワインの魅力

|とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ

とっておきの極上旅行ナビ

  • 国別海外旅行コラム
  • ヨーロッパの豆知識
  • ヨーロッパの旅日記
  • 目的・形態別オススメヨーロッパ

太陽の光溢れる東欧の真珠 クロアチア

隠れた特産品、クロアチアワインの魅力

vrhunsko vino

クロアチア最高級ワイン、vrhunsko vino。お気に入りとして購入していく旅行者も多い。

kvalitetno vino

高級ワインだが比較的ポピュラーに飲まれているkvalitetno vino

ダルマチア

ダルマチアの港。町並みに船が映えますね。

Plavac

観光客を魅了するPlavacは、ダルマチア地方で有名なクロアチアワインです。

ワインバー

クロアチアのワインバー。こんな場所で、愛する人とグラスを重ねられたら最高ですね。

旅の記念に、お土産に。クロアチアワインのススメ

クロアチアのお土産と言えば、いちじくのお菓子や可愛い雑貨などが有名ですが、実は隠れた特産品に、クロアチアワインがあるんです。

「クロアチアワインの基本」

  • ・bijelo vino(ビィエロ・ヴィノ)…白ワイン。
  • ・crno vino(ツルノ・ヴィノ)…赤ワイン。
  • ・suho(スホ)…辛口。

ラベルにぶどうの種類が大きく記載されているのですが、その下にこれらの記載がありますので、チェックしてみましょう。

「クロアチアワインの等級」

  • ・vrhunsko vino(ヴルフンスコ・ヴィノ)…最高級ワイン。政府が指定した12地域の統制保証原産地をさらに細かく分け、66にエリアを分割。その一つか、または隣接した地区でつくられたもの。
  • ・prdikatna vina(プレディカートナ・ヴィノ)…最高級ワインのうち、成熟度が高いワインのこと。kasna berba(カスナ・ベルバ)は遅摘みで、さらに遅摘みの中から厳選したものが、izborna berba(イズボルナ・ベルバ)と呼ばれています。
  • ・kvalitetno vino(クヴァリテートノ・ヴィノ)…高級ワイン。政府指定の統制保証原産地のうち、一地域でつくられたもの。

「クロアチアワインで有名な産地」

クロアチアワインを生産している有名な産地が、ダルマチア地方。ダルマチアとは、アドリア海の沿岸地域一帯を指します。入り組んだ海岸線と数百のダルマチア諸島から成り、漁業が盛んです。

ダルマチア地方で有名なクロアチアワインは、Babic(バビッチ)、Plavac(プラヴァッツ)、Plavac mali(プラヴァッツ・マリ)といった赤ワインです。プラヴァッツ・マリはアメリカで人気の黒ブドウ品種「ジンファンデル」と同じものだと言われています。

白ワインには、Posip(ポシップ)、Vugava(ヴガヴァ)、Rukatac(ルカタツ)、Marastina(マラスティナ)といった品種があります。
ダルマチアの漁師たちの食卓には、必ずワインがあります。夕食にはオリーブオイル漬けにした魚介類とオリーブを好んで食べ、そしてそれらをつまみながら大きめのコップでぐっと赤ワインを飲みます。オシャレにワイングラスを重ねるのもいいけれど、産地に合わせてこんな飲み方をしてみるのもいいかもしれません。

空と海が広がる開放的な場所でワイルドにワインをあおるのは、日本にいてはなかなかできない楽しみ方だと思いませんか?
ダルマチアはアドリア海沿岸だけあり、スーパーにも立派な魚介類がたくさん並んでいます。夕食の食材をスーパーで調達して、さっと調理してからホテルのベランダでワインと一緒に頂く。海を眺めながらのワインは格別です!旅のスケジュールに余裕がある時には、是非試したい贅沢な過ごし方の一つです。

「クロアチアワインの飲み方」

クロアチアワインを飲む時には、相手の目を見ながら、グラスを軽く重ねる、または軽く持ち上げてから頂くのがマナーです。乾杯の音頭は、「Zivjeli(ジヴィェリ)」または「U zdravlje(ウ・ズドゥラヴィエ)」。また、フランスと違い、年数を重ねていないワインを飲むのが一般的なようです。

お得なパッケージツアーや添乗員同行ツアーなら >> クロアチアツアーを探す

自由な旅を楽しみたいなら >> ドゥブロヴニク行き航空券を探す

クロアチアの世界遺産ガイドクロアチアを代表する実力派チェリスト「2cellos」って?
東欧の強豪 クロアチアサッカーに迫る!