H.I.S.トップページ>目的から探す>とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ>国別海外旅行コラム>中欧>音楽に愛される町、ウィーン旅行ツアー

モーツァルトハウスなどウィーン旅行のツアースポット

|とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ

とっておきの極上旅行ナビ

  • 国別海外旅行コラム
  • ヨーロッパの豆知識
  • ヨーロッパの旅日記
  • 目的・形態別オススメヨーロッパ

悠久の中世遺産を散歩 中欧

“音楽に愛される町、ウィーン旅行ツアー”

ストラッセンバーン

ウィーンへは、ストラッセンバーン(路面電車)に乗って…

モーツァルト

誰もが知る、天才作曲家のモーツァルト

シェーンブルン宮殿

広い敷地のシェーンブルン宮殿

ウィーン国立歌劇場

ウィーン国立歌劇場。本物のオペラが楽しめる!

デーメル

王宮御用達!デメルのチョコレート♪

「ウィーンは、私の仕事にとって、世界で最良の土地です」これは、晩年をウィーンで過ごしたモーツァルトが父親にあてた手紙のなかの一節です。ウィーンはそれだけ音楽に密接な町で、音楽家からも愛されている土地なのです。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団や、ウィーン少年合唱団といった演奏団体は日本でもよく知られているので、「ウィーンはクラシック音楽の聖地」と感じる人は少なくないと思います。そんなウィーンを旅行するときの、おすすめスポットをご紹介したいと思います。

ウィーンに着いたら、まずはモーツァルトハウスで、モーツァルトについてじっくりと知っていくのがおすすめです。日本語のオーディオガイドやパンフレットもあるので、しっかりと学ぶことができますよ。

モーツァルトハウスは、以前は「フィガロハウス」として、彼が「フィガロの結婚」を作曲した時に住んでいたアパートの一室を一般公開していました。実は、「フィガロハウス」時代に見学できたのはたった一室のみで、しかも他の部屋には一般の人が住んでいたのです。

しかし彼の生誕250周年を記念して、この小さなアパートを改装し、現在のモーツァルトハウスへと変貌を遂げたのです。さすがモーツァルトは、ウィーンの人々に愛されているのですね。

館内の見学コースは4階からはじまり、3階、2階と降りていきます。

2階は、モーツァルトが実際に住んでいた部屋を再現し「彼がここでどういった生活をしていたか」ということを見学者に想像させるような、そんな空間になっています。他の作曲家や作家などの記念館とは、ちょっと違った工夫がされていますね。

3階、4階はモーツァルトにゆかりのあるオペラについてや、当時の町が再現されたものなどが展示されています。

また、シェーンブルン宮殿ウィーン国立歌劇場などの建築物も見逃せません。

シェーンブルン宮殿は、レオポルド1世が夏の離宮として建てたもの。当時はバロック様式でしたが、その後ここに住むことになったマリア・テレジアがロココ様式に統一させ、ピンクだった壁も黄色に塗りかえさせました。

敷地がとても広く、大きな庭にはギリシャ神話の1シーンを表したとされる「ネプチューン噴水」があります。大きくて神秘的な噴水の前では、たくさんの観光客がのんびりと過ごしています。

ウィーン国立歌劇場では、音楽の都ウィーンらしく、毎日演目を変えて音楽ファンを魅了しています。世界有数の指揮者が指揮棒を振るとあって、外観も上品で高貴な雰囲気。

さらに中はびっくりするくらい広く、座席数1709、立ち見席も567と、この数だけでも圧倒されてしまいます。しかもそれが連日満席ということですから、さすがウィーン!一度は本物のオペラを、ここで体感してみたいですね♪

ウィーンはデメルザッハーのチョコレートザッハートルテなど、女の子なら誰もが大好きなチョコレートが有名な町でもあります。デメルもザッハーもとても人気があるカフェで、甘いものに目がない女子たちで、いつも混みあっています。

並んでも、チョコレートをゲットしましょう♪並んだ甲斐のある、本場のお味を保証しますよ☆もっと買っておけばよかったと、後悔しないように。デメルは、元々はザッハーのパティシエ。オリジナルのザッハートルテを名乗れるのは、ザッハーだけと決まっているんです。 この2店の食べ比べも、人気の観光コースなんです。

お得なパッケージツアーや添乗員同行ツアーなら >> オーストリアツアーを探す

自由な旅を楽しみたいなら >> ウィーン行き航空券を探す

旅人は2度、プラハへ還る旅行ツアー塔の町プラハは中世の薫り旅行ツアー音楽に愛される町、ウィーン旅行ツアー