H.I.S.トップページ>目的から探す>とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ>ヨーロッパ旅行記>ハネムーンに最適♪エーゲ海の白亜の島々を巡る旅

ギリシアの宝石!エーゲ海の島々を旅を満喫

|とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ

とっておきの極上旅行ナビ

ハネムーンに最適♪エーゲ海の白亜の島々を巡る旅

どこまでも続く真っ青な空と紺碧のエーゲ海。ギリシャならではの真っ白な街並みと真っ白な砂浜。今回は、ハネムーンとしても大人気のエーゲ海旅行記です!私はハネムーンというか婚前旅行だったんですが…新婚さんに負けないほどラブラブに、超~楽しんできました(笑

1日目・アテネ入り

早朝に成田空港を出発。
夜も更けてからアテネ空港に到着しました。初日はそのまま宿泊先のホテルへ。

ミコノスタウン

真っ白な壁にプラスされた青や赤がキレイ!歩くだけでワクワクしちゃいます。

2日目・エーゲ海に浮かぶ白い宝石、ミコノス島へ

さあ!ここからがいよいよ婚前旅行の始まりです~♪
まず私たちが向かったのは、エーゲ海ツアーには欠かせない「ミコノス島」!


ピレウス港から高速船に乗るんですが、海が青いこと青いこと~。そして徐々に見えてくるミコノス島は、まさに「白い宝石」!エーゲ海に浮かぶように建ち並ぶ真っ白な建物に、テンションあがりまくりです↑↑


ミコノスタウンに入る前にオシャレなカフェやアクセサリーショップがたくさんあって、目移りしちゃいました。
そして一歩、ミコノスタウンに足を踏み入れると、一点の曇りもないような白さに改めて感動!そこにアクセントカラーとして赤青黄が加えられていて、とにかく美しすぎるんです!!ちょっと散歩するだけでもうっとりしてしまいました(´∀`*)


ただ迷路みたいなんですよ…。狭くてうねうねしてて。どうやら、町の防衛のために敵を惑わす目的があるみたいです。確かに迷う…。


途中で、ミコノス島名物ペリカン君に遭遇しました!身近で見るのは初めてだったので感激というか…びっくり。思ったより大きいです!もう街の中にいるのは慣れっこのようで、道端に設置された餌をせっせと突いていました。


ディナーは海辺のレストランで炭火焼きのロブスターをいただきました。ミコノスにはバーやディスコなど、夜更けまで営業しているお店がたくさんあって、ホテルに帰るのがもったいなかったな~。


カト・ミリの風車

ミコノス島のシンボル、カト・ミリの風車。ミコノスらしい真っ白な風車です。

3日目・ミコノス島のシンボルを観光

今日はミコノス島のシンボルであるカト・ミリの風車をじっくり巡ってきましたよー。これがすごくかわいいんです!


ちょっぴり太めでコロンとしてて。どことなく素朴な佇まいがエーゲ海によく馴染んでいました。「かわいいね」って大興奮ではしゃいでいたら、彼から「そんなお前がかわいいわ」と愛情たっぷりのツッコミをいただいたり…(*゚д゚)ムホムホ
妄想じゃなくてよっ。


そしてパラポルティアニ教会へ。ミコノス島にはなんと大小合わせて300以上もの教会があります。その中でもここが一番印象的だったなぁ。まずそのフォルムが自由で独創的。他じゃ絶対ないだろうなぁって確信できるほどの独特な教会でした。


風車の近くに「ヴェネチアン・ポート」という小さな入り江があったんですが、ここも素敵だった!エーゲ海に沈む夕日と風車がすごく絵になる♪夕日の時間帯がおススメですね~。


夕食にはシーフード料理をたっぷりと堪能し、ワインをいただき、雰囲気を満喫。この島って、石田純一さんが東尾理子さんにプロポーズしたところなんですよね~
たしかにいい雰囲気です(*´ω`*)ぐふふ


サントリーニ島の家々

断崖の上に建ち並ぶサントリーニ島の家々。どこに行っても絶景を眺められます。

4日目・幻のアトランティス大陸へ足を踏み入れる!

ちょっと遅めの朝を迎え、昼頃から、幻のアトランティス大陸とも呼ばれているサントリーニ島へ向かいました。遠い昔、火山の大爆発によって島の中心が海に沈んでしまったといわれていて、黒い断崖の上に建つ白い街並みが特徴的です。
なだらかな土地に建物が並んでいるミコノス島とは、全く違った雰囲気に感動!「幻」といわれているだけあって、中世の歴史を深く感じさせる島だなぁ…。


サントリーニでは、船から優先的に降りることができる(=時間を無駄にしない)ツアーがお勧めだということで、急きょツアーに参加。
島に着いたらバスで崖を登っていき、イアの町へ向いました。まずは一押しの絶景スポットへ!ガイドさんに連れられるがまま壁に囲まれた細い道を歩いていきました。そこで私たちを待っていたのは、何度も目にしたことがある、美しすぎる絵葉書の風景!断崖に建ち並ぶ白くて小さなおうちがかわいすぎる~っ(*´∀`*)
イアの伝統的な「キクラデス建築」で、どの家にも広いテラスがついているのが特徴。


ゆっくりと時間が過ぎていくイアでは、イア岬でまったり過ごすのも良さそう。イア岬の夕日は絶好の撮影スポットで夕焼け時にはたくさんの観光客が集まっていました。


夕日を見る前に少し時間があったので、富豪ビルビリスの家を改築したという海洋博物館へ。貨物船の模型や地図が展示されていて、私はそれほど興味をもてなかったんだけど、彼は少年みたいな目で展示品を眺めていました。


ゆっくりと時間が過ぎていくイアでは、イア岬でまったり過ごすのも良さそう。イア岬の夕日は絶好の撮影スポットで夕焼け時にはたくさんの観光客が集まっていました。


その後はサントリーニ島最大の街であるフィラへ移動し、フィラで宿泊。サントリーニはワインが有名なんですよね。この夜は気になっていた「アシルティコ」というワインをチョイス!ブドウほぼ100%らしく、かなり濃密なお味でした!初めての味かも。

ロバタクシー

フィラの街を行きかうロバタクシー。カラフルでオシャレでしょ♪

5日目・ショッピングを楽しめるフィラの街

サントリーニ観光ならイアが最高!とのことでしたが…フィラも素晴らしい!イアはのんびりとしていて、おもちゃのような街並みに女心をくすぐられましたが、フィラはとっても賑やかで観光地を満喫♪って感じ。
断崖に沿ってロープウェイを登っていくと、衣類や雑貨などを販売しているショップが所狭しと並んでいました。私たちが行った時はそれほど混んでいなかったので、ショッピングを思う存分楽しめました!


屋台もあり、ショッピングの合間にギリシャの代表的な料理であるスブラキを堪能。お肉を串焼きにしたもので、小腹が空いたときに丁度いいんです♪今回の旅では何度かお世話になりました。


あと、フィラではロバをたくさん見かけました。どうやらロバタクシーらしい。ちょっとロバ臭が気になったんだけど…せっかくだからということで私たちも挑戦!おじさんに手綱を引かれながら進んでいきます。ゆっくり流れる風景が新鮮でした。


ショッピングに疲れたら、フィラの街を一望できるカフェで一休み。さすが断崖の上の街。絶景です(ノ´∀`*)

リンドスの遺跡

ロードス島のリンドスの遺跡。ここから眺める風景も最高でした!

6日目・エーゲ海に浮かぶ世界遺産も見逃せない!

本日は地中海を代表するリゾートアイランド、ロードス島へ移動!
ロードス市内はホテルなどが建ち並ぶ新市街と、旧市街にわかれています。ロードス島の旧市街は世界遺産に登録されているだけあって、中世の雰囲気がそのまま残されていました。だって、まずは中世の城壁が私たちを見下ろしているんだもの!


どこまでも続いているこげ茶色の石畳を散策。ひんやりとした空気が流れていて、昨日までの雰囲気とは一味違うロマンが漂っています。今にも馬の蹄の音が聞こえてくるような…♪


旧市街の散策もいいけれど、彼が一番瞳を輝かせのたがリンドスの遺跡見学でした。白い壁の家々が続くその先の丘の上に立派な遺跡がそびえ立っています。丘の上に登るまでは一苦労でしたが、そこから眺める青い海がまた格別!世界遺産であるアクロポリスにはアポロン神殿の一部と、競技場と、野外劇場が残されています。ここで記念写真を撮り、しばらくまったりしてから元来た道を引き返しました。


新市街の古代世界七不思議のひとつといわれているマンドラキ港へ。かつて太陽神ヘリオスの巨大な像があったといわれているんですって。牡鹿と雌鹿の銅像が並んでいるのがなんだかカッコ良くて、とてもキレイな港でしたよ。3つ並んでいるレンガ色の風車もステキだった!

7日目・甘い気持ちを引きずりながら帰路へ…

結婚前に彼氏と行ったエーゲ海の旅でしたが…
ミコノス島なんかは特にですが、これほど新婚旅行向きの場所はないと思いました!ハネムーンをお考えの方にゴリ押ししたい(笑)