H.I.S.トップページ>目的から探す>とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ>ヨーロッパ旅行記>東欧の古都・クロアチアの世界遺産を巡る旅

アドリア海に面した風光明媚なクロアチアを巡る旅

|とっておきのヨーロッパ極上旅行ナビ

とっておきの極上旅行ナビ

東欧の古都・クロアチアの世界遺産を巡る旅

旅行好きの人達から今特に注目されているのが、クロアチアです。九州の1.5倍程度の大きさに、世界遺産などの見どころがぎゅっと詰まっているクロアチアは、ゆったりとした日程でバカンスを楽しめる人気エリアです!

ザグレブ

クロアチア共和国の首都であるザグレブ。街中には、創立300年という歴史を持つザグレブ大学もあるんです。

1日目・クロアチアの首都ザグレブを満喫♪

成田からトリエステを経由し、夕方にクロアチアの首都であるザグレブに到着しました。町に入ればどこからでも見ることができるという「聖母被昇天大聖堂」を拝みます。ザグレブは、EU加盟を目指して急速な発展を続けるクロアチアの首都なのですが、街にはとってものんびりとした時間が流れています。


そんな空気を味わうためにも、是非おすすめしたいのが旧市街。中世のまま時が止まったようなバロック様式の町並みを、現地の人達の歩みに合わせてゆったり散策するのが旅の通の楽しみ方のようです。味わい深い路地の至る所には、オープンカフェやちょっとした公園、雑貨店などがちらほら。


私もウインドウショッピングを楽しみながら、ザグレブ風の座大きなカツレツを堪能しました。薄切り肉にチーズとハムをロールしてフライにしたもので、クロアチア伝統料理の中でも人気の料理です。


聖マルコ教会

モザイク模様の屋根がとっても可愛い聖マルコ教会。小じんまりとした建物ですけど、心温まるた佇まいですね。

2日目・ザグレブの観光スポット巡り!

今日はザグレブの観光スポットを巡ります。まずはミレゴイ墓地から。ミレゴイ墓地は観光スポットというよりも現役墓地なので、とても静か。建物にツタが絡まっている感じが神秘的で、なんだか映画で見たことがあるぞって雰囲気!もっとその空気に浸っていたかったのですが、お墓参りに来ている方もいらっしゃったので、さっと入口を回る程度にしました。


お次はトカルチチェバ通りを散策。さきほどの雰囲気とはガラリと変わって、パステルカラーの家が並ぶメルヘンチックな通りです。オープンカフェが所々にあったので、そこで軽くワインをいただきました。


一番感動したのが、旧市街地の丘の上にある聖マルコ教会です!小ぢんまりとした教会なんですが、屋根がモザイク模様になっているのがかわいい!これぞクロアチアって雰囲気です♪


プリトヴィッツェ湖群国立公園

大自然の神秘に触れられるプリトヴィッツェ湖群国立公園。エメラルドグリーンの湖畔に佇むと、思わずため息が!

3日目・世界遺産プリトヴィッツェ湖群国立公園で大自然を満喫

今日は、バスでプリトヴィッツェに移動。世界遺産であるプリトヴィッツェ湖群国立公園を観光します。

ここは、今回の旅の一番のお目当て!


階段状に並んだ16の湖と92の滝で構成された世界は、本当におとぎ話の世界のようです!宝石を水に溶かしたような輝く湖水はミネラルや有機物を豊富に含んでいて、時間の経過と共に刻々とその表情を変えます。エメラルドのような深い輝きを秘めた湖水を見ているだけで、時間がたつのも忘れてしまいます。本当にため息もの!マイナスイオンを浴びながら、写真をパシャパシャ撮りまくり、大自然の中をのんびりと散歩しました。


この日のうちに他の町に移動しても良かったのですが、時間が決められているとのんびり気分がぶち壊しだと思い、事前に近場のホテルを予約。イタリアから来たというツアー客は、その日に予約をしようとしていたようですが、どこも満室だったみたい…。そんな事にならないためにも、プリトヴィッツェのホテルは事前におさえておくべし!


ドブロヴニク

まさにジブリの世界!アドリア海に面した、ヨーロッパ随一の美しさを誇る街並みです。

4日目・ドブロヴニク旧市街で幸せを噛みしめる

本日はアドリア海沿岸にある、世界遺産ドブロヴニク旧市街へ!

ここも来たくてうずうずしていた場所です!なんといったって、「魔女の宅急便」や「紅の豚」の舞台になったところですから。


そして「ルージュの伝言」を脳内BGMでエンドレスに流しながら到着。その町並みに大・感・動☆スカイブルーの海に浮かんでいるようなオレンジ色の屋根の町並み。そしてその町をぐるっと囲んでいる真っ白な城壁!この街並みはヨーロッパ1の美しさと呼ばれていて、「アドリアの真珠」という異名ももっているほどなんです。


海に面したおしゃれなバーを発見し、海を眺めながらジュースをすすります…。ああ、幸せ…。

スプリット

ローマ皇帝クレティアヌスの宮殿そのものが町になったという、クロアチア最古の町スプリット。

5日目・クロアチア最古の町、スプリット

本日も世界遺産めぐりです♪5時間ほどかけてスプリットへ移動。

スプリットは、クロアチアの町の中で最も古い歴史を持つ町の一つで、ローマ皇帝ディオクレティアヌスの宮殿そのものが旧市街になったという珍しい町です。オレンジ色の屋根の家もかなり年季が入っていて、ドブロヴニク旧市街とはまた一味違った哀愁が町中に漂っていましたね。この雰囲気、なかなかグッドです♪


鐘楼があったので、とりあえず登ってみます。石段をゆっくりと登り、ぜーぜー言いながら展望台に到着。展望台からは旧市街とスプリットの港を見渡すことができます。それほど高いわけじゃないからこそ街並みが手に取るようにわかり、じっくりと楽しむことができました。窓もなく開放的だから風も気持ちいい♪


6日目・帰国

スプリットから、トリエステへ。トリエステから日本へ帰国です。

クロアチアは、短い日程でも十分に楽しむことができます!

長い休暇をとれない人に是非おススメしたい国です♪