H.I.S. SNS 旅トレンド調査

H.I.S SNSフォロワーから頂いた投票結果をもとに、
ランキングを発表します!

今回のキャンペーンテーマ

2016年夏、行ってみたい!
国内の花火大会ランキング

H.I.S.SNSフォロワーの"旅好き"が選んだ
この夏、行ってみたい花火大会を
発表します!

 

投票キャンペーン概要 / 実施期間:2016年6月29日~7月4日

日本国内の19ヶ所の花火大会と、それぞれオススメの観光スポットをH.I.S.がピックアップ!
その中から、2016年の夏に行ってみたいと思う花火大会に投票して頂きました。投票結果TOP10をご紹介します!
ぜひこの夏は花火大会から探す国内旅行はいかがでしょう。
■調査方法:SNS(Facebook、Twitter、Google+)を活用したWEB調査 ■調査対象:H.I.S. SNSフォロワー

 
 

約22,000発

九州一花火大会(長崎県/ハウステンボス)

  • 九州一花火大会(ハウステンボス)(イメージ)
  • 九州一花火大会(ハウステンボス)(イメージ)
西日本最大級の花火エンターテインメント

【日時】9/24(土) 18:45~21:15
【打ち上げ数】約22,000発(予定)
九州一花火大会は「世界花火師競技大会決勝」と「尺玉品評会」の2部構成で開催されます。
「世界花火師競技大会決勝」は海外予選、海外代表決定戦を勝ち上がった海外代表チームと、日本代表チームにより世界一の花火師を決める決勝戦です。
「尺玉品評会」は、春の九州一花火大会と全九州テーマ花火協議会の上位3チームをはじめ、全国の競合花火師チームが参加します。それぞれ自由なテーマで一発の尺玉に魂を込め技を競います。
規模はもちろん、花火そのものの質も非常に高い点が魅力です。

投票頂いたお客様からの声

■1日ゆっくり遊べて、夜は食事しながら見られる花火は最高に綺麗です。花火が終ってからのイルミネーションを楽しめるからオススメ。

 

約20,000発

なにわ淀川花火大会(大阪府)

  • なにわ淀川花火大会(イメージ)
  • なにわ淀川花火大会(イメージ)
大阪でトップクラスの規模!ボランティアスタッフによる手作り花火大会

【日時】8/6(土) 19:40~0:40
大阪を流れる淀川と街を愛する地元ボランティアスタッフが、地域の住民と共に作り上げる花火大会で、淀川の河川敷で開催されます。
音楽と共に打ち上げられる迫力満点の打上花火を皮切りに、夜空と水面に花開く水中花火や、連続で打ち上がるスターマイン、光と音によって生み出される花火「スカイナイトコンサート」など、見応え抜群の花火大会です。 
会場:新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川河川敷

投票頂いたお客様からの声

■毎年、花火のデザインが変わり、どれも素敵なデザインなので、飽きさせないところが素晴らしいです。
■いつ終わるかわからないほどの花火が打ち上げられます

 

約20,000発

土浦全国花火競技大会(茨城県)

  • 土浦全国花火競技大会(イメージ)
全国の花火師が集結!技を競い合う花火大会

【日時】10/1(土) 18:00~20:30(荒天延期)
秋に開催される花火大会。全国から花火師が集まり、その技を競います。連射連発のスターマインの部、10号玉の打ち上げの部、新しい技術を披露する創造花火の部の3部門で構成されます。今でこそクライマックスに連続で打ち上げるスターマインを行う花火大会が多いですが、昭和38年の土浦の花火大会で「連射連発の部」として競技部門の一つとして独立しました。
また、それぞれの優勝者の中から、最も優秀な花火師に内閣総理大臣賞が授与されます。数ある花火大会の中でも、内閣総理大臣賞が授与されるのは、土浦と大曲の花火大会だけです。

投票頂いたお客様からの声

■日本中の花火職人の花火を惜しみなく見れる事が魅力です。

 

約30,000発

長良川花火大会(岐阜県)

  • 長良川花火大会(イメージ)
  • 長良川花火大会(イメージ)
長良川河川敷で2週にわたり開催される花火大会

【日時】7/30(土)・8/6(土) (荒天・増水時順延)
【打ち上げ数】各約30,000発(例年打上数)
岐阜県長良川河畔で、7月最終土曜日と8月第一週土曜日の2週連続で花火大会が開催されます。
7/30(土)に開催されるのは「全国選抜長良川中日花火大会」で、連続で打ち上げられるスターマインなどが夜空を彩ります。
そして8/6(土)は「長良川全国花火大会」が開催されます。朝の部、昼の部、夜の部と3部構成で、夜の部では本格的な花火が打ち上げられます。2週に渡り、同じ場所で大規模な花火大会が開催されるということで、県内外から多くの観光客が集まります。

投票頂いたお客様からの声

■とにかく花火の本数が半端なく次々と花火が上がるのが実物です!
■2週連続で開催される花火大会は見応え十分です。

 

約15,000発

神奈川新聞花火大会(神奈川県)

  • 神奈川新聞花火大会(イメージ)
  • 神奈川新聞花火大会(イメージ)
横浜のきらめく夜景をバックに打ちあがる花火

【日時】8/2(火) 19:00~20:00(荒天順延)
横浜ランドマークタワーや、大観覧車「コスモクロック21」、赤レンガ倉庫が隣接するスポットで、きらめく夜景を背景に花火が打ちあがります。
都心からのアクセスもしやすく、約20万人の人出となる人気の花火大会です。
特に迫力のフィナーレは必見です。都会的な雰囲気漂う横浜の空を、色鮮やかな花火がジャックします。

投票頂いたお客様からの声

■今は、松本市に居住していますが…子供の頃、夏休みというと山下公園から見る花火大会が好きでした。
■音楽に合わせて花火が打ち上がるのが楽しい!

 

約15,000発

関門海峡花火大会(山口県)

  • 関門海峡花火大会(イメージ)
  • 関門海峡花火大会(イメージ)
関門海峡の両岸で競い合うように打ちあがる見事な花火

【日時】8/13(土) ※時間未発表(雨天決行・荒天中止)
【打ち上げ数】約15,000発(予定)
山口県下関市と福岡県北九州市門司区の“関門海峡”で実施される花火大会です。
下関側と門司側の両岸で打上げられる花火は合わせて約15,000発となり、西日本で開催される花火大会では最大規模を誇ります。観客も両岸で合計115万人と、多くの人が集まる大人気の花火大会です。
この花火大会の嬉しいポイントは、関門海峡が見れる場所ならどこからでも花火を楽しむ事ができ、近くの花火と遠くの花火、両方が競い合うように見事に打ちあがる様子を楽しめます。終了間際に打ちあがる連続花火は圧巻です。

投票頂いたお客様からの声

■関門海峡のライトアップと花火が一緒に楽しめます。
関門橋をバックに映える!

 

約3,000発

ふじさわ江の島花火大会(神奈川県)

  • ふじさわ江の島花火大会(イメージ)
  • ふじさわ江の島花火大会(イメージ)
秋の江ノ島の空を染める花火

【日時】10/15(土) (荒天時順延)
【打ち上げ数】約3,000発(予定)
毎年10月に神奈川県江ノ島で開催される花火大会です。夏は海水浴客で賑わう湘南・江ノ島ですが、秋のこの花火大会開催時には6万人もの人がつめかけます。
45分間と他の花火大会に比べ開催時間は短いものの、全く引けを取らない迫力、華やかさがあります。秋の澄んだ空に打ち上がる鮮やかな花火は人々を魅了します。
二尺玉の打ち上げ花火の他、連続で打ち上がるスターマインなど、楽しむことができます。

投票頂いたお客様からの声

■江ノ島をバックに花火の音と波の寄せる音が最高に良い
■水上花火を見ることができてとても綺麗!

 

約12,000発

やつしろ全国花火競技大会(熊本県)

  • やつしろ全国花火競技大会(イメージ)
  • やつしろ全国花火競技大会(イメージ)
全国から有名花火師が集まり技を競う競技大会

【日時】10/15(土) 18:00~20:15(荒天時順延)
【打ち上げ数】約12,000発(予定)
西日本で唯一の全国花火競技大会で、30の有名花火師が各地から集まり技を競い合います。
昨年は「5号玉」「10号玉」「スターマイン」の3部門で競技が行われ、そのほか音楽にあわせて打ち上げられるミュージック花火など余興花火も楽しめ、多くの観覧客を惹きつけました。県外からも多くのファンが集まる人気の花火大会です。
今年はどんな花火大会になるのか、期待が膨らみます。

投票頂いたお客様からの声

■迫力満点!毎年見に行くのを楽しみにしています。

 

約18,000発

筑後川花火大会(福岡県)

  • 筑後川花火大会(イメージ)
  • 筑後川花火大会(イメージ)
西日本最大級の花火大会

【日時】8/5(金)19:40~21:10 (雨天順延)
【打ち上げ数】約18,000発(予定)
1650年、久留米藩主・有馬忠頼が水天宮に社殿社地を寄進した際、その完成祝賀に花火を奉納した事が起源とされています。
2ヶ所から同時に打ち上げられる花火は合計で約18,000発。見事な打上花火や仕掛け花火が夜空を彩ります。
今では西日本一の規模を誇る花火大会として、県内外から多くの人が訪れます。

投票頂いたお客様からの声

■なんと同時に二カ所の河川で行われる花火大会!
でっかい花火が打ちあがって迫力満点!

 
1位~10位を見る

H.I.S.国内旅行

H.I.S.国内の宿

H.I.S.国内のアクティビティ

旅好きが選んだ世界のランキング

H.I.S. Japan 公式Facebookページへ

PAGE TOP