H.I.S. SNS 旅トレンド調査

H.I.S SNSフォロワーから頂いた投票結果をもとに、
ランキングを発表します!

今回のキャンペーンテーマ

【ビートルズ来日50周年記念】
ビートルズにゆかりのある
イギリスグルメランキング

ビートルズをテーマにしたお店や、
ファンにはたまらないレストランをご紹介!

 

投票キャンペーン概要 / 実施期間:2016年8月8日~8月22日

ビートルズ来日50周年記念!ビートルズにゆかりのあるイギリスグルメ20箇所から、食べてみたい!イギリスのグルメに投票いただくキャンペーンを実施しました。今回1位を獲得したのは、ビートルズのメンバーの若かりし頃の好物!ロンドンにあるフラット・アイロン・ステーキです!
ぜひ、海外旅行の参考にして下さいね。
■調査方法:SNS(Facebook、Twitter、Google+)を活用したWEB調査 ■調査対象:H.I.S. SNSフォロワー

 
 

ロンドン

フラット・アイロン・ステーキ(Flat Iron Steak)

オススメの一品:ステーキ

ビートルズのメンバーの若かりし頃の好物がステーキとチップス(ポテトフライ)。 ソーホーにある、安くて美味しいステーキ屋「フラット・アイロン・ステーキ」のメインメニューは基本この1品。10ポンドのステーキのみです。 他に、サイドメニューとドリンク、デザートがありますが、非常にシンプルなので、あれこれ悩むこともありません。旅行者にも利用しやすいお店です。予約はとらないので、混みあう時間を避けて利用するのがおすすめです。

ステーキ(イメージ)
  • サイドメニュー(イメージ)
  • フラット・アイロン・ステーキ外観(イメージ)

お客様からの声

■焼き加減が絶妙に美味しそう!シンプルなメニューがこだわりを感じます!

■ステーキ美味しそう!チップスとともに食べてみたい!

 
 

リバプール

ブレイクス レストラン(Blakes Restaurant)<ハード デイズ ナイト ホテル内>

オススメの一品:フィッシュ&チップス

ハード デイズ ナイト ホテル内にある、ビートルズをテーマとしたレストラン。 レストランに入って正面にかかるポートレートの人物は、アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のジャッケットに登場する面々! 英国料理を中心とした料理をお楽しみいただけます。

投票頂いたお客様の声

■イギリス行ったらやっぱりフィッシュ&チップスは食べたい!

■イギリスの空気の中で食べるF&Cは、日本で食べるのとは全然違うのよね!

フィッシュ&チップス(イメージ)
  • ブレイクス レストラン内(イメージ)
  • 朝食(イメージ)
 

ロンドン

ザ・タークス ヘッド(The Turk’s Head)

オススメの一品:スコッチエッグ、フィッシュ&チップスなどグリル料理とビール

ビートルズの映画『A Hard Days Night』でリンゴがダーツで遊んでいたバー。 実際のシーンが撮影された場所として、今でもビートルズファンが訪れます。ビートルズ以外でも、ラグビーパブとして知られていて、ラグビーファンにも親しまれています。 ロンドンで製造されているビール、エールビールやロンドンプライドをお供に、伝統的なパブメニューであるフィッシュ&チップスや、ソーセージ&マッシュほか、グリル料理がおすすめです。

投票頂いたお客様の声

■半熟卵のスコッチエッグ、食べてみたい!

■ビートルズ思い出の場所で郷土料理!すてき!

スコッチエッグ(イメージ)
  • ザ・タークス ヘッド外観(イメージ)
  • グリル料理(イメージ)
 

リバプール

ファブフォー・カフェ(Fab4 Cafe)<ビートルズ・ストーリー内>

  • チョコレートケーキ(イメージ)
  • ファブフォー・カフェ店内(イメージ)
オススメの一品:チョコレートケーキ&コーヒー

ビートルズをテーマにしたカフェ。 ビートルズファンには外せない人気スポットで、ビートルズの結成から解散がわかるミュージアム「ビートルズ・ストーリー(Beatles Story)」内にあるカフェです。 ビートルズ・ストーリーには、多くの記念の品々の展示、オーディオツアーなど、ビートルズの情報がぎっしり詰まっています。再現されたキャバーン・クラブ、ジョージ・ハリスンのギター、ジョン・レノンの眼鏡などは必見です。 日本語の副音声ガイドも借りることが可能です。見学後にビートルズの壁紙が一面に張られたファブフォー・カフェで、ジョンの好きだったチョコレートケーキを淹れたてのコーヒーと一緒にいかが? 店内では無料WIFIが使用可能です!

投票頂いたお客様の声

■お店の雰囲気が良いですね!美味しそうなケーキもあるし、長居してしまいそう!

■甘い音楽とスイーツって最高の組み合わせ~

 
 
 

リバプール

ザ・ラウンジ&バー(The Lounge & Bar)<ハード デイズ ナイト ホテル内>

  • アフタヌーン・ティー(イメージ)
  • ザ・ラウンジ&バー(イメージ)
オススメの一品:各メンバーの名前のついたティー

ビートルズゆかりの地のマシュー・ストリートにあるホテルで、ホテル内にはいくつかのラウンジやバーがあり、どこもビートルズの写真や装飾が施されています。その一つ、The Lounge & Barではイギリスに行ったら一度は食べたい、アフタヌーン・ティーが体験できます。 また£6.55pp (約1000円) を追加で払えば、アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のジャケットでメンバーが着ていた衣装からヒントを得た、オリジナルのお酒を注文することもできます。アフタヌーンティーも楽しめて、各メンバーの名前のついたティーがあります。

投票頂いたお客様の声

■イギリスと言えばアフタヌーンティー、アフタヌーンティーと言えば、キュウリのサンドイッチ! 美味しい紅茶を添えて、ビートルズの曲を聴きながら優雅なひと時を過ごしたい。

 
 
 

リバプール

フィルハーモニックパブ(The Philharmonic Dining Rooms)

  • BRITISH BEEF AND NICHOLSON'S PALE ALE(イメージ)
  • フィルハーモニックパブ店内
オススメの一品:BRITISH BEEF AND NICHOLSON'S PALE ALE

ジョン・レノンのお気に入りのひとつだった、リバプールのヴィクトリア調のパブ1898年〜1900年くらいに作られたアール・ヌーヴォースタイルの装飾が見事なパブ。重要建築物として登録されていて、Wikipediaに載る有名店。紳士用のトイレがとにかく豪華なことで有名です。一見の価値あり! 「BRITISH BEEF AND NICHOLSON'S PALE ALE(エールビールで煮込んだビーフシチューのような具が入ったパイ)」とクラフトビールや、老化防止に効くとされているジンもおすすめ。

投票頂いたお客様の声

■こんな素敵なパブで飲んでみたい!パイも食べたい!

■紳士用トイレには入れないけど…豪華ってどんなだろう。気になる!

 
 
 

ロンドン

シティ・バージ(The City Barge)

  • ラム料理(イメージ)
  • シティ・バージ外観(イメージ)
オススメの一品:ラム、サーモン

チズウィックのテムズ川沿いにあるこのパブは、1965年に公開された、ザ・ビートルズの2作目の主演映画『HELP! 』(邦題:ヘルプ!4人はアイドル)の撮影場所として使われました。場所はセントラル・ロンドンから少し離れたところにありますが、ビートルズのファンが絶えず訪れるスポットとなっています。 周辺にも撮影に使われた場所や、ビートルズに関連する場所が幾つかあるので、訪れる価値ありです! 

投票頂いたお客様の声

■映画の撮影に使われた店と聞いたら、行きたくなるでしょ!ラムもサーモンも美味しそう!

 

ロンドン

ハード ロック カフェ(Hard Rock Cafe)

  • オリジナル・レジェンダリー・バーガー(イメージ)
  • ハード ロック カフェ店内(イメージ)
オススメの一品:オリジナル・レジェンダリー・バーガー

日本でもおなじみのアメリカンダイニング『ハード ロック カフェ』。 ロンドンは1971年に1号店がオープンしました。またレストラン向かいのHard Rock Shopの地下には、The Vaultというミュージアムがあり、ここにはジョン・レノン直筆の歌詞や、彼が実際に着用していたジャケット、トレードマークのメガネなど、貴重なアイテムが展示されています。

投票頂いたお客様の声

■Hard rock cafeで色々なアーティストの私物をみたい!

 

ロンドン

ディシューム(Dishoom)

  • カレー(イメージ)
  • ディシューム店内(イメージ)
オススメの一品:BLACK HOUSE DAAL

ジョン・レノンの好物の一つが、カレー。実はカレーは英国民が一番良く食べている料理だとご存知でしたか? 英国を訪れたら、一度はカレーレストランもぜひ試してみてください。美味しいですよ!ディシュームは、現在ロンドンのキングス・クロス、コベント・ガーデン、ショーディッチそれから、カーナビーストリートに支店を持つ、行列のできるレストラン。その昔のボンベイ・カフェを21世紀風にアレンジした店内はとてもスタイリッシュ。BLACK HOUSE DAALが、この店の代表的な料理なので、ぜひお試しを!

投票頂いたお客様の声

■ イギリスのカレーも食べてみたいです!️

 

リバプール

キャバーンクラブ(Cavern Club)

  • ビール(イメージ)
  • キャバーンクラブ店内(イメージ)
オススメの一品:手作りポーク・パイ

ビートルズが初めてギグ(小さなライブハウスなどでの短いセッション)をした場所で、デビュー前のビートルズが300回以上演奏したライブハウスとして有名です。現在は忠実に修復され、今のオーディエンスが当時に似た体験をできるようになっています。 おすすめは、地元の食材を使ってプロデュースされた手作りポーク・パイ。ほかにもパニーニやサンドウィッチも提供しています。 ビール片手にビートルズの音楽を聴くのも、この場所ならではの最高の気分に浸れそうです。 お昼は一般公開もされており、ビートルズゆかりの名所として人気があります。

投票頂いたお客様の声

■ビートルズが当時ライブしていた頃の雰囲気を味わいたい!

 

マンチェスター往復航空券

ハードデイズナイトホテル

ビートルズ来日50周年記念
ぜひ訪れたいビートルズ所縁のスポット

1.【ロンドン】アビイー・ロード・スタジオ(Abbey Road Studios)と横断歩道

  • アビイー・ロード・スタジオ
  • 地下鉄セント・ジョーンズ・ウッド駅から徒歩で行ける、住宅地、セント・ジョーンズ・ウッド(St. John's Wood) にあるスタジオです。
  • アビイー・ロード・スタジオ壁
  • 内部の一般公開はされていませんが、ここでビートルズの名曲が沢山生み出されたことから、今もなお音楽の聖地としてファンが訪れています。

2.【リバプール】ストロベリー・フィールド(STRAWBERRY-FIELDS Beaconsfield Road)

  • ミミ叔母さんの家
  • ビートルズの名曲「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」のモデルとなった元孤児院跡です。ジョン・レノンが幼少期に住んでいた「ミミ叔母さんの家」の裏手にあたります。壁への落書きはファンが書き残したもの。

3.【リバプール】見逃せない世界遺産スポット!

  • アルバート・ドック
  • アルバート・ドック(Albert Dock)
  • 「アルバート・ドック」はユネスコの世界遺産リスト登録物件の一つ。テート・リバプール、マージーサイド海洋博物館、ビートルズ・ストーリー などの観光名所が集まっています。1846年に開かれたアルバート・ドックの倉庫は、鉄、レンガ、石だけを使った世界初の完全耐火倉庫です。
    リバプールのドック(アルバート・ドック)
  • スリー・グレイシズ
  • スリー・グレイシズ(Three Graces)
  • 同じく世界遺産の「スリー・グレイシズ」は、ロイヤル・リヴァー・ビルディング (Liver Building) 、ドック・ビルディング (Port of Liverpool Building) 、キューナード・ビルディング (Cunard Building)の3つのビルの総称です。ロイヤル・リヴァー・ビルディングの時計台の上からは、リバプールのシンボルで、鳥の姿をしたライバー・バード(The Liver bird)が街を見守ります。この世界遺産スポットには、他にも見所が!
    リバプール(スリー・グレイシズ)
  • 王冠のついたポスト
  • 王冠のついたポスト
  • 1863年に作られた王冠のついたとても珍しい郵便ポストと、ファンなら見逃せないビートルズ像です。郵便ポストはアルバート・ドックにあるので、探してみて!
  • ビートルズのブロンズ像
  • ビートルズのブロンズ像
  • ビートルズのブロンズ像は、300回近くも演奏したライブハウス「キャバーン・クラブ」が、ビートルズの故郷リバプールでの最終公演日1965年12月5日から50周年を記念して寄付したもの。スリー・グレイシズを背景に、メンバーと一緒に写真を撮ってみては?

4.【リバプール】ジョン・レノンの家

  • ジョン・レノンの家
  • 幼少期のジョンが両親の離婚を機に母ジュリアと離れて過ごした家で、「ミミ叔母さんの家」としてよく知られています。ジョンの部屋は2階左、出窓のある部屋です。

5.【リバプール】リバプール大聖堂(Liverpool Cathedral)

  • リバプール大聖堂
  • ホープストリートの南の丘の上に建つ、英国国教会で最大級の大きさを誇る大聖堂。設計はイギリスの赤い電話ボックスをデザインしたことで有名な、ジャイルズ・ギルバード・スコットです。74年もの歳月をかけて建築されました。ゴシック様式の高いアーチや9700本以上のパイプを使用したオルガンなど見所もたくさん!ポール・マッカートニーが11歳のときにこの教会の聖歌隊のオーデションを受けましたが、不合格となった話は有名です。

ビートルズについてもっと詳しく見る

リバプールについてもっと詳しく見る

旅好きが選んだ世界のランキング

H.I.S. Japan 公式Facebookページへ

PAGE TOP