バンコクの観光情報をご紹介します!魅力的なバンコク観光をお楽しみください!

バンコク観光情報

バンコク観光おすすめスポット

  • 1ワット・ポー

    ワット・ポー

    礼拝堂いっぱいに寝そべる涅槃仏の巨大さには驚くばかり。周囲をぐるりと一周できますが、建物の構造上、全貌をひと目に収められるのは足裏からのみ。ぎっしりと施された細かな螺鈿細工に瞠目しつつ、ご尊顔を拝しましょう。背中側にずらりと並ぶのは、煩悩を捨てるために喜捨する108の鉢。迷いも悩みも洗い流されるパワースポットです。

  • 2サイアムスクエア

    サイアムスクエア

    バンコク随一のファッションタウン。タイの最新トレンドをキャッチするにはもってこいのエリアです。学生を中心とした若者たちが集まり、小型店舗がひしめく一角には、おしゃれでプチプラなファッションアイテムが揃っています。2014年にオープンした「サイアム・スクエア・ワン」は新名所。日本の飲食チェーン店も複数出店しています。

  • 3ダムヌン・サドゥアク水上マーケット

    ダムヌン・サドゥアク水上マーケット

    ラーマ4世の時代にさかのぼるレトロな運河の街ダムヌン・サドゥアク。野菜や果物を運ぶ小舟がゆったりと行き交う日常がいまもそこにあります。活気ある水上マーケットでは民芸品を中心としたお土産物も豊富。熱帯の植物が枝葉を延ばす細い水路を進めば、昔ながらの人々の暮らしが垣間見え、都市部とは違う時間が流れていくようです。

バンコク旅行の良いところ!

バンコクでは、ガネーシャやシバ、ブラフマーなどヒンドゥの神々がいたるところに祀られており、敬虔な仏教徒も当たり前に手を合わせます。多様で懐深い仏教文化は、タイ人ならではの宗教観や人生観を育み、微笑みをもたらすのかもしれません。バンコクのような都市圏でも、人々はあたたかく、親しみを込めて訪問者を迎え入れてくれます。

バンコク旅行の良いところ!

バンコクの基本情報

バンコクの概要

正式名称 クルンテープ・マハナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット
(Krung-thep-maha-nakhon- Amon-rattana-kosin- Mahinthar-ayutthay-a Maha-dilok-phop Noppha-ratratchathani-burirom- Udom-ratchaniwet-mahasat-han- Amon-phiman-awatan-sathit Sakkathatiya-witsanukamprasit)
宗教 仏教、イスラム教
言語 タイ語
通貨 バーツ(Baht)
日本との時差 -2時間 日本が3日15時のとき、バンコクは3日13時
日本からのフライト時間 日本(成田、羽田) → タイ(バンコク) 約7時間

バンコクのあいさつ

こんにちは 犧ェ犧ァ犧ア犧ェ犧扉クオ(サワディー)
ありがとう 犧もクュ犧壟ク・クク犧刀iコープクン)
どういたしまして 犹・ク。犹謂ケ€犧巵ケ・ク吭ケ・ク」(マイペンライ)
元気ですか? 犧ェ犧壟クイ犧「犧扉クオ犹・クォ犧。(サバーイ・ディー・マイ)
元気です 犧ェ犧壟クイ犧「犧扉クオ(サバーイ・ディー)
※男性は犧・ク」犧ア犧噤iクラップ)、女性は犧・ケ謂クー(カー)をつけるとより丁寧になります。

バンコクの気候

年間の平均気温が30度近く、日本の夏にあたる気候です。3月~5月の暑期には、気温が40度近くなることもあり、日中は街歩きには不向きです。6月~10月は雨期で激しいにわか雨に見舞われがち。11月~2月にかけては、比較的気候が安定しています。

バンコクの服装

一年中夏の服装で問題ありません。暑気は痛いほどの日差しが照りつけるので、帽子やUVカットの上着が役にたちます。王宮寺院では服装チェックが厳しいので、袖のある服や膝の出ないズボンやスカートも用意しましょう

バンコクの祝祭日

1月1日 新年
3月 マーカブーチャー(万仏節)※移動祝祭日
4月6日 チャクリー王朝記念日
4月13日~15日 ソンクラーン(タイ正月)
5月1日 レイバーデー
5月5日 戴冠記念日
6月 ウィサーカブーチャー(仏誕節)※移動祝祭日
7月 アーサーンハブーチャー(三宝節)※移動祝祭日
8月12日 王妃誕生日
10月23日 チュラーロンコーン大王記念日
12月5日 国王誕生日
12月10日 憲法記念日
12月31日 大みそか

タイの交通手段

タイの交通手段

バスやタクシー、トゥクトゥクなど、道路交通手段が豊富。MRT(地下鉄)やBTS(高架鉄道)の整備も進んでいます。

バンコクの正式名称

バンコクの正式名称

長い長い正式名をもつバンコク。タイ人からは最初の言葉である「クルンテープ」と呼ばれています。「天使の都」の意です。

お酒

お酒

タイといえば種類豊富なビールを思い浮かべますが、バンコクにはカクテルを楽しめるおしゃれなバーやパブも多くあります。

バンコク旅行選びのポイント

  • 屋台

    屋台

    「タイ人の夕食は自宅ではなく屋台」といわれるほど、屋台文化が発達しているタイ。近年は当局による規制や生活習慣の変化で数を減らしていますが、大通りから少し離れれば、昔ながらの屋台に出会える一角も。庶民的なタイ料理を手軽に味わえるとあって、観光客からも大人気。簡単なタイ語を覚えておくと、会話の楽しみも生まれます。

  • ソンクラーン

    ソンクラーン

    街中がびしょ濡れになる「水かけ祭り」。バンコクでは毎年4月13・14・15日に行われ、観光客をも巻き込んで、水の掛け合いをします。元は仏教に由来する伝統風習ですが、バンコクのソンクラーンは無礼講のカーニバルのよう。バックパッカーで賑わうカオサン通りは、国際色豊かなで過激な水かけ合戦が名物です。

  • チャオプラヤクルーズ

    チャオプラヤクルーズ

    チャオプラヤ川のディナークルーズは、バンコクのエキゾチックな夜を演出。夕暮れどきには、ライトアップされた「暁の寺」ことワット・アルンが幻想的に浮かび上がります。

  • マッサージ

    マッサージ

    大小のマッサージ店がしのぎを削るバンコクでは、リーズナブルに施術を受けられます。店選びに迷ったら王宮ゆかりの「ワット・ポー」境内にあるマッサージセンターがおすすめ。

  • ゴルフ

    ゴルフ

    バンコク近郊は豊かな自然が広がるゴルフ天国。トーナメントが行われた世界的に有名な名門コースも多数あり、コンディションも上々。ゴルフツアーのためにバンコクを訪れる人もいます。

  • タイ舞踊

    タイ舞踊

    華やかな衣装に目を奪われるタイ舞踊ですが、踊り手たちの優美な身のこなしはたゆまぬ鍛錬によるもの。68種もの踊りの基本型があり、さらに複雑な型を組み合わせて踊られます。

  • スイーツ

    スイーツ

    マンゴーやバナナなど南国フルーツが安くておいしいバンコクでは、ひんやりスイーツも豊富。色とりどりのシロップやフルーツをたっぷりあしらったタイ式のかき氷もよく見かけます。

  • 寺院

    寺院

    ワット・プラケオやワット・ポーなど王室ゆかりの由緒ある寺院が多いバンコク。鮮やかな袈裟姿の僧侶を見かけることも多く、仏教文化が息づく信仰の国であることを実感します。

バンコクの観光地情報

  • カオサン通り

    カオサン通り

    世界中のバックパッカーがこの地を目指し、居心地のよさに離れがたくなると言います。深夜もお祭りのような賑わいです。

  • プラナコーン

    プラナコーン

    王宮やワット・プラケオ、ワット・ポーなどが所在するバンコクの観光の中心地。「ラタナコーシン」とも呼ばれます。

  • ヤワラート通り

    ヤワラート通り

    漢字のネオンがきらめくチャイナストリート。おいしい中華料理店がたくさんあるので、食べ歩きを楽しむのもおすすめ。

  • ワット・トライミット

    ワット・トライミット

    純金を鋳造して作られたまばゆい黄金仏がご本尊。金色に輝く尖塔がそびえる本堂のたたずまいも立派なものです。

  • ナイト・マーケット

    ナイト・マーケット

    夜な夜な賑わう個性豊かなナイトマーケットが点在するバンコク。地元密着型から治安のよい施設型までさまざまです。

  • エラワン廟

    エラワン廟

    ご利益ならバンコク随一!?ヒンズー教のブラフマー神をまつる祠は、参拝客が絶えない強力パワースポットです。

  • おすすめスポット

    • 王宮
    • ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム
    • ワット・シーラッタナーサーサダーラーム
    • ワット・アルンラーチャワラーラーム
    • ジム・トンプソンの家
    • ルンピニー公園
    • エーラーワンの祠
    • ワット・サケット
    • バンコク国立博物館
    • サファリワールド

バンコクのホテル

バンコクのアクティビティ

ページトップへ戻る