タイの観光情報をご紹介します!魅力的なタイ観光をお楽しみください!

タイ観光情報

タイ観光おすすめスポット

  • 1コムローイ

    エリア:タイ北部

    コムローイ

    ブッダへの感謝を捧げる祭り「コムローイ」は、まるで夢のような美しさ。数千個にもおよぶランタンが空に放たれ、静かに上っていく様子は実に感動的です。灯りが空のかなたに消えるころには、すっかり浄化された気分に。毎年旧暦11月の満月の日に行われるので、旅程を合わせてチェンマイを訪ねてみてはいかがでしょうか。

  • 2アユタヤ

    エリア:タイ中央部

    アユタヤ

    1767年にビルマ(ミャンマー)軍の攻撃を受け、壊滅的な被害を受けたアユタヤ王朝。草むして崩れかけた遺跡群や、頭を切り落とされた仏像が、凄惨な歴史をいまに伝えます。3人の王の遺灰が納められたワット・プラ・シー・サンペットは、アユタヤで最も重要な寺院。時が止まったような廃墟の中で、静寂が胸に迫ってくるようです。

  • 3クラビ

    エリア:タイ南部

    クラビ

    断崖が切り立つ大小の島々に囲まれた、タイ南部の隠れリゾート。美しい海と熱帯のジャングルが織りなすダイナミックな景観は、プーケットとは異なる魅力。森の奥深くにある天然温泉「クローン・トーム」や、切り立った岩壁を制覇するロッククライミングなど、マリンアクティビティ以外の楽しみも充実しています。

タイ旅行の良いところ!

あたたかな笑顔ともてなしが心にしみるタイ。バンコクのような都会やチェンマイのような観光都市でも、大らかな国民性とゆったり流れる時間に癒されます。都市部から少し離れれば、静かな田園風景が広がり、昔ながらの暮らしを営む人々と心安らぐ懐かしい情景が。空一面が茜色にそまる夕暮れ時は、タイがもっとも美しい時間です。

タイ旅行の良いところ!

タイの基本情報

タイの概要

正式名称 タイ王国(Kingdom of Thailand)
首都 バンコク(Bangkok)
宗教 仏教、イスラム教
言語 タイ語
通貨 バーツ(Baht)
日本との時差 -2時間 日本が3日15時のとき、タイは3日13時
日本からのフライト時間 日本(成田、羽田) → タイ(バンコク)

タイのあいさつ

こんにちは สวัสดี(サワディー)
ありがとう ขอบคุณ(コープクン)
どういたしまして ไม่เป็นไร(マイペンライ)
元気ですか? สบายดีไหม(サバーイ・ディー・マイ)
元気です สบายดี(サバーイ・ディー)
※男性はครับ(クラップ)、女性はค่ะ(カー)をつけるとより丁寧になります。

タイの気候

一年中高温多湿の熱帯気候に位置し、スコールが多い雨期と気候が安定した乾期、猛烈な暑さが続く暑期に分けられます。北部の山岳部では、乾期に入るとかなり肌寒いことも。南部はバンコクよりも年間平均気温が高めです。

タイの服装

年間を通じて日本より気温が高いので、軽装でOKです。仏教寺院や王宮など神聖な場所では、露出の多い服装は入場が許可されませんので、袖なしのトップス、膝の出るショートパンツやミニスカート、サンダル履きなどは避けましょう。

タイの祝祭日

1月1日 新年
3月 マーカブーチャー(万仏節)※移動祝祭日
4月6日 チャクリー王朝記念日
4月 ソンクラーン(タイ正月)※地域によって日程が異なります
5月1日 レイバーデー
5月5日 戴冠記念日
6月 ウィサーカブーチャー(仏誕節)※移動祝祭日
7月 アーサーンハブーチャー(三宝節)※移動祝祭日
8月12日 王妃誕生日
10月23日 チュラーロンコーン大王記念日
12月5日 国王誕生日
12月10日 憲法記念日
12月31日 大みそか

タイのお祭り

タイのお祭り

地方ごとに独自の文化を持つタイ。仏教や農耕に関する祭りなど、伝統の儀式が年間を通して各地で行われています。

タイカレー

タイカレー

レッド・グリーン・イエロー、3色のタイカレーは味もそれぞれ特徴的。ココナツミルク香るまろやかな辛さが後を引きます。

タイの宗教

タイの宗教

国民の9割が小乗仏教を信仰し、生活の深部にまで仏教の教えが浸透。南部ではイスラム教徒が多く、宗教問題も介在します。

タイ旅行選びのポイント

  • トゥクトゥク

    トゥクトゥク

    タイの名物は、バイクタクシーの「トゥクトゥク」。小回りが利いて渋滞の道路もスイスイ進むのは爽快ですが、ドアのないオープンな構造で、手すりにしっかりつかまらないと振り落とされてしまいそう。かなりスリリングな乗り物でもあります。観光客プライスが存在するので、事前に相場を調べて料金交渉することをお忘れなく。

  • 世界遺産

    世界遺産

    タイには現在、5つの世界遺産が存在しています。中でも古都アユタヤの遺跡は、荒々しく破壊された遺跡の数々がそのまま残された、歴史を雄弁に物語る文化遺跡。多数の仏像が頭部を切り落とされ、無残な姿をさらしています。長い年月を経て木の根に抱かれた穏やかな表情の仏頭は、時の経過と平和の尊さを伝えているようです。

  • パワースポット

    パワースポット

    信仰の国タイには願いを叶えてくれる神様がおられるパワースポットがたくさんあります。象の姿の「ガネーシャ」はヒンズー教の神様ですが、ご利益がスゴイとタイでは大人気です。

  • カービング

    カービング

    果物や野菜に芸術的な彫刻を施す「カービング」は、王朝文化に由来するタイの伝統芸。花や鳥などをモチーフにした精緻で美しいレリーフが、ナイフ一本で鮮やかに刻み込まれます。

  • シュノーケリング

    シュノーケリング

    サンゴ礁に極彩色の魚たちが泳ぐ美しい海で泳ぎたい!そんな夢をかなえるなら、コーラル島やピピ島など離島に足を運んでみては?プーケットからの日帰りオプショナルツアーが人気です。

  • ムエタイ

    ムエタイ

    タイ伝統の格闘技「ムエタイ」観戦なら、ルンピニー・スタジアムかラチャダムヌーン・スタジアムへ。古典楽器が奏でられる中、鍛え上げられた肉体同志が死闘を繰り広げます。

  • 古典舞踊

    古典舞踊

    華やかな錦糸の衣装と仏塔を模した冠が特徴的なタイの古典舞踊。主にレストランやホテルのショーなどで観ることができます。しなやかな舞と風雅な音楽に酔いしれましょう。

  • ニューハーフショー

    ニューハーフショー

    美しすぎるニューハーフたちの華やかなレビューは、タイを代表するエンターテイメント。レベルの高いパフォーマンスと、目が覚めるような舞台演出に時が経つのも忘れてしまいます。

タイの観光地情報

バンコク、バンコク周辺バンコク観光情報

  • ワット・プラケオ

    ワット・プラケオ

    「エメラルド寺院」の名で知られるバンコク観光の目玉。王宮と寺院が隣接し、きらびやかな建造物が立ち並びます。

  • ワット・トライミット

    ワット・トライミット

    金色の仏像で有名な寺院。約5.5トンもの純金が使われており、直視するのがまぶしいほど。ご利益が期待できそう。

  • おすすめスポット

    • バンコク
    • ウィマンメーク宮殿
    • バンコク国立博物館
    • バンランプー市場
    • ワット・マンコン・カマラワート
    • ラーマ1世通り北側

タイ北部

  • チェンマイ

    チェンマイ

    首長族やラフ族、モン族など少数民族が集まる村があります。華やかな民族衣装と独特の生活様式に感心しきりです。

  • ボーサン

    ボーサン

    オリエンタルな魅力の色鮮やかな傘はボーサン村の工芸品。毎年1月に行われる傘祭りには、大勢の観光客が集まります。

  • おすすめスポット

    • コム・ローイ
    • ワット・プラシン
    • ワット・プラタート・ドイ・ステープ
    • ドイ・インタノン国立公園
    • サンカンペーン
    • カンペーンペット

タイ中央部

  • パタヤ・ビーチ

    パタヤ・ビーチ

    バンコクから2時間程で行けるビーチリゾート。パラセイリングやバナナボートなどスリル満点のマリンスポーツに挑戦を。

  • サムット・ソンクラーム

    サムット・ソンクラーム

    川沿いに軒を連ねる民家や水上マーケットなど、古き良き水辺の暮らしが郷愁を誘う。ホタル観賞でも有名な街です。

  • おすすめスポット

    • アユタヤ
    • バンパイン離宮
    • ワット・プラ・マハタート
    • ワット・ローカヤ・スター
    • ナコン・バトム
    • カンチャナブリ

タイ南部プーケット観光情報

  • サムイ島

    サムイ島

    島のひそかな人気スポットは、ユニークな仏像が集まるワットプラヤイ。眺望が最高なので、晴れた日に足を運んで。

  • タオ島

    タオ島

    ジンベイザメやマンタに会える島。ダイビングサイトが約30ヶ所もあり、離れがたくなる魅力にあふれています。

  • おすすめスポット

    • プーケット
    • クラビ
    • パガン島
    • ナン・ユアン島
    • アーントーン諸島
    • シミラン諸島
    • ピピ諸島

タイのホテル

タイのアクティビティ

ページトップへ戻る