イタリアの観光情報をご紹介します!魅力的なイタリア観光をお楽しみください!

イタリア観光情報

イタリア観光おすすめスポット

  • 1コロッセオ

    エリア:ローマ、ローマ周辺

    コロッセオ

    ローマ市街地のほぼ中心。二千年近く前に建てられた巨大な円形闘技場コロッセオは、古代ローマ帝国の絶大な力を象徴する場所です。約5万人を誇る収容人数は、現代のスポーツスタジアムにも劣らない規模。猛獣用の檻の跡や、舞台装置など、古代遺跡と思えない複雑な地下構造は必見。「ローマは偉大なり」を肌で感じられます。

  • 2トレヴィの泉

    エリア:ローマ、ローマ周辺

    トレヴィの泉

    ローマの古代水道の終点に位置するトレヴィの泉は必ず訪れたい場所。目の前にすると「自分は今ローマにいる」という実感を確かなものにしてくれるでしょう。なみなみと水をたたえた巨大な泉と、壮麗なバロック様式の彫刻の素晴らしさは、きっと想像以上。観光客でごった返す日中を避け、ライトアップされる時間に立ち寄るのが狙い目です。

  • 3ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

    エリア:フィレンツェ、イタリア北西部

    ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

    街中が美術館のようなフィレンツェでも、ドゥオモはひときわ印象的。140年以上の歳月をかけて建設された高さ107mもあるクーポラ(円屋根)は、現在でも世界最大。屋上からフィレンツェの街を見下ろす大パノラマは、忘れられない思い出になるはずです。「花の聖母大聖堂」という名にふさわしい華麗な装飾の数々にも目を奪われます。

イタリア旅行の良いところ!

おいしいもの好きな方なら、イタリア旅行を選ぶべきでしょう。ピッツァやパスタだけではありません。チーズやハムの種類が豊富で、その深い味わいに驚く人は多いようです。食事には地場のワインを合わせるのが定番。ワイン好きにはたまりません。また、イタリアは文化遺産が世界一多い国。遺跡や歴史的建築物を巡る旅にも最適です。

イタリア旅行の良いところ!

イタリアの基本情報

イタリアの概要

正式名称 イタリア共和国 Repubblica Italiana
首都 ローマ Roma
宗教 カトリック(95%)
言語 イタリア語 地方により少しずつ異なる方言がある
通貨 ユーロ 竄ャ
日本との時差 -8時間 日本が3日15時のとき、イタリアは3日7時
日本からのフライト時間 日本(成田) → イタリア(ローマ、ミラノ) 直行便で約12時間

イタリアのあいさつ

こんにちは/おはよう Buongiorno(ボンジョルノ)
やぁ/じゃあね Ciao(チャオ)
ありがとう Grazie(グラッツィエ)
ごめんなさい Mi scusi(ミ スクーズィ)
~をください Per Favore(ペルファヴォーレ)

イタリアの気候

日本と同様に四季があります。ただ日本と比べると湿気が少なめで、夏も日本ほどムシムシとした暑さは感じません。日本と同様南北に長い地形ですので、北と南で気温の違いは大きいと言えます。

イタリアの服装

日本と同様の服装で問題ありません。露出の多い服装だと宗教上の関係で立ち入りを禁じられる場所や、エアコンが効き過ぎの場所もあるため、夏でも羽織れるものが必要。

イタリアの祝祭日

1月1日 元日
1月6日 エピファニア(公現祭)
3月26・27日 イースターホリデー(復活祭) ※移動祝祭日
3月28日 イースターマンデー ※移動祝祭日
4月25日 解放記念日
5月1日 メーデー
6月2日 共和国記念日
8月15日 聖母被昇天祭
11月1日 諸聖人の日
12月8日 聖母受胎の日
12月25日 クリスマス
12月26日 聖ステファノの祝日

イタリアの国旗

イタリアの国旗

縦に緑、白、赤の入った三色旗。通称トリコローレ。緑は美しい国土を、白は雪や正義を、赤は愛国の熱血を表しています。

ひとことイタリア語

ひとことイタリア語

Questo Gelato per favore
クエスト・ジェラート・ペルファヴォーレ
このジェラートをください。

イタリア旅行の服装

イタリア旅行の服装

日本とイタリアの気候は似ているので、旅行に行く時期の東京と同じような服装でOK

イタリア旅行選びのポイント

  • ゴンドラクルーズ

    ゴンドラクルーズ

    ベネチアの美しさを心ゆくまで味わえるゴンドラクルーズ。世界で最も美しい広場「サン・マルコ広場」からスタートし、かの有名な「ため息の橋」をくぐって、迷路のような細い運河へ。ゴンドリエーレが奏でるセレナーデを聞きながら、石造りの古い建物や橋がゆっくりと過ぎていくのを眺めれば、中世にタイムスリップした気分です。

  • イタリア料理

    イタリア料理

    本場のイタリアンはやはり別格。イタリアの気候の元で味わうと、五感に訴える“味の感動”が押し寄せます。地方によって料理には特徴があり、土地の特産を使用した地元ならではの食べ方を選ぶと、ハズレがありません。ちょっと気取ったリストランテ、家庭的なトラットリアなど、気分に合わせてお店を選びましょう。

  • ジェラート

    ジェラート

    ジェラテリアでは多彩なフレーバーのジェラートが用意されています。カラフルなショーケースは見ているだけでも楽しめそう。素材にこだわった本場の味を堪能しましょう。

  • ワイン

    ワイン

    「ワインの大地」と呼ばれるほど、恵まれた土壌と気候を誇るイタリア。どこに行っても、おいしいワインには事欠きません。食事は昼夜を問わず、ワイン片手に楽しむのが定番。

  • イタリア美術

    イタリア美術

    イタリアは美術の宝庫。フィレンツェ発祥のルネサンス美術をはじめ、各時代に生まれた珠玉の名作と出会えます。“美の極み”を間近で鑑賞すれば、鮮明に記憶に刻まれます。

  • サッカー

    サッカー

    欧州サッカーを代表するリーグの試合を生で観戦するのは、世界中のサッカーファンの夢。8月~翌年5月がオンシーズン。地元サポーターの熱狂ぶりにも圧倒されます。

  • メイド・イン・イタリー

    メイド・イン・イタリー

    イタリアはショッピング天国。最新モードアイテムや、お洒落なデザイン雑貨は見ているだけでも楽しめます。工芸品や革製品のクオリティが高く、おみやげにも最適です。

  • オペラ

    オペラ

    イタリアはオペラ発祥の地。「最高の娯楽」と位置づけられ、華やかな演出がイタリア・オペラの特徴です。シーズンは10月~翌年6月。有名な演目のチケット手配はお早めに。

イタリアの観光地情報

ローマ、ローマ周辺

  • フォロ・ロマーノ

    フォロ・ロマーノ

    古代ローマの巨大遺跡群。神殿や凱旋門など、二千年前の都市が今も形をとどめています。

  • ヴァチカン市国

    ヴァチカン市国

    カトリックの総本山であり、世界最小の独立国家。ローマと一緒に訪れるのがおすすめです。

  • ツアースポット

  • おすすめスポット

    • コロッセオ
    • トレヴィの泉
    • スペイン広場
    • サンタンジェロ城
    • ジェンツァーノ
    • ティヴォリのエステ家別荘
    • パラティーノの丘

ミラノ、イタリア北西部

  • ドゥオモ

    ドゥオモ

    華やかなファサードと圧倒的な大きさに感動。目の前にドゥオモ広場が広がるミラノの中心地です。

  • コルソ・コモ周辺

    コルソ・コモ周辺

    モード発信地ミラノのショッピングエリアといえばここ。ミラネーゼのファッションウォッチも楽しい場所です。

  • ツアースポット

  • おすすめスポット

    • サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
    • ミラノ中央駅
    • サン・ピエトロ教会
    • サンレモ音楽祭
    • コモ湖

ベネチア、イタリア北東部

  • サン・マルコ広場

    サン・マルコ広場

    ベネチア観光の拠点となる、「世界一美しい」広場。隣接するサン・マルコ寺院にもぜひ訪れましょう。

  • リアルト橋

    リアルト橋

    ベネチアでもっとも有名な橋。カナル・グランデに架かる4つの橋のひとつで、周囲はおみやげ店が集まっています。

  • 世界遺産50選

  • ツアースポット

  • おすすめスポット

    • デッル・エルベ広場
    • カプレーティ家邸
    • ドロミテ渓谷
    • サン・ヴィジーリオ大聖堂
    • プラート・デッラ・ヴァッレ

フィレンツェ、イタリア北西部

南イタリアナポリ、カプリ島、シチリア島

イタリアのホテル

イタリアのアクティビティ

ページトップへ戻る