旅人になろう ―総集編―

ナビゲーションを開く

わすれないハワイ特集

目的地、なし。だけど 風を楽しむには、最高の列車。

昔、サトウキビを載せていた鉄道が 今は、甘い過去を載せて走っていた

オアフ島の西に、日曜日だけ走る列車があるらしい。観光客をたくさん乗せて、自転車くらいのスピードで、のんびりと。昔サトウキビを運んでいた鉄道が廃線になって放置されていたのを、見かねた愛好家たちが、ボランティアで走れるようにしたんだって。ああ、今日が日曜日だったら絶対に乗ってたのに。

週に一度だけ走る列車にも、整備士さんがいるんだ。
着替えてくる?と言われたけど、あえて、そのままで、撮影。

停車場には、いくつかの列車と
たくさんの猫たち。色も、模様も、さまざまだった。

西オアフのエバ~ワイアナエを90分でゆっくり往復するハワイアンレイルウェイ。ハワイの風が気持ちいいオープンエアのレトロな車両に乗っていると、途中でたくさんの人たちが手を振ってくれる。ワイキキからは少し遠いけど、家族で乗るといい思い出になる列車です。

釣り上げたお祝いに、
イルカたちがやってきた。

船が出てから、どれくらい経っただろう。どこまでもきれいな青い海と、海から見る島の愛しさにすっかり満足していたら、釣り竿が大きくしなっていた。しばらく格闘した末に、釣り上げたのはバラクーダ。その直後、船の前をイルカたちの群れが導いた。

人なつこいイルカたち。
何度も、何度も、
ジャンプを見せてくれた。

海の上を駆け回る船。釣れない時間もなぜか楽しい。

ハワイのトローリングと言えば、世界の釣り人たちの憧れ。カジキ、マヒマヒ(シイラ)、サワラ、キハダマグロ、カツオや、ハワイならではのトロピカルフィッシュが釣れるかも。美しい海から見る島の姿も、また格別に美しく、充実した一日を楽しめます。

ハワイの夜空の下には、
オレンジ色の星が出るらしい。

日が沈み、美しい海の青が闇に包まれると、オレンジ色の星の海が見えた。ギリシア神話で、父である神ゼウスを試して怒りを買い、飲もうとすると川の水が瞬時に干上がる罰を与えられたタンタラス。彼にちなんで名づけられた丘の上には、こんなに美しいご褒美が待っていた。

チャートハウス・ディナー&タンタラス夜景ツアー

ヨットハーバーを眺めながらリゾート気分いっぱいのディナーチャートハウスはオープンエアーでカジュアルな雰囲気と、美しいサンセット、そして新鮮なシーフード料理とステーキが評判の人気店。

オプショナルツアーはこちら

アランチーノ・アット・ザ・カハラ3コースディナー&タンタラス夜景ツアー

ワイキキで観光客のみならずロコからも絶大なる人気を誇るイタリアンレストラン。年間来訪者20万人を超えるとともに、数々の料理賞も受賞している「アランチーノ」が、2013年6月、ザ・カハラ・ホテル&リゾート内にオープンしました。

オプショナルツアーはこちら

【スターオブホノルル】
サンセット・ディナークルーズ
<3スター>&シティライト夜景ツアー

海と陸から、瞬くホノルルシティライトを満喫!船上での豪華ディナーとハワイアンショーを満喫したら夜景の名所、タンタラスの丘またはダイヤモンドヘッドの高台へ!
お客様に安定した乗り心地を提供するスタビライザーが搭載された1500名乗りのスター・オブ・ホノルル号。「揺れが少なく食事やショーがゆったり楽しめる」と好評です。

オプショナルツアーはこちら

ワイキキを空から独り占め。
部屋に戻るのが、うれしくなる
旅にしよう。

憧れのトランプで、暮らすように過ごすハワイが夢だった。思い切って予約した最上階のペントハウス・スイートはワイキキのすべてを眺められる極上の空間。買い出しのお願いも、客室専用コンシェルジュがやってくれる。夜景も朝日も、部屋にいながら楽しめる。いつものハワイとは、ちょっと違う思い出に出会えそうだね。

2人きりで広々と過ごすのもいい。数人でにぎやかに過ごすのもいい。

東側のテラスからは、ダイヤモンドヘッド。朝日を見るために早起きしようか。

憧れのトランプ。しかも最上階のペントハウス・スイート。リビング、ダイニングに寝室とバスルームが2つずつ。180度の景色を味わうベランダやジャグジーつき屋上まである上、客室専用コンシェルジュに買出しやオプショナルツアーやレストラン予約も頼めます。ここで過ごすすべての時間は、一生わすれない思い出になるはず。