【映画『ルッツ 海に生きる』公開記念特別企画】ガイドブック著者林さんと駐日マルタ大使による、映画が2倍楽しくなるマルタバーチャルツアー

一覧へ戻る

ツアーコードA59S0003

こちらは終了しました

【映画『ルッツ 海に生きる』公開記念特別企画】ガイドブック著者林さんと駐日マルタ大使による、映画が2倍楽しくなるマルタバーチャルツアー

ツアー説明

  • 景観の美しさから映画の撮影地として知られているマルタ共和国。
    映像制作への奨励金制度もあることから、『グラディエーター』『モンテクリスト伯』『トロイ』『ミュンヘン』など、数多くの映画がマルタで撮影されています。

    今回ご紹介する映画、日本初上陸となるマルタ製作の映画『ルッツ 海に生きる』は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021でグランプリを受賞した今注目の作品です。

    『まるごとマルタのガイドブック』著者林さんと駐日マルタ大使アンドレ・スピテリ氏が、映画の舞台となったマルタ・マルサシュロックの魅力を動画を交えながら徹底紹介!
    コロナ禍のマルタの最新情報はもちろん、マルタのおすすめ観光地やグルメ、暮らしや文化など盛りだくさんでお届けします。

    さらに、今回はアレックス・カミレーリ監督と現地プロデューサーから特別に、イベント参加者に向けたメッセージ動画もいただいております!
    日本初上陸のマルタ映画『ルッツ 海に生きる』の世界を楽しみたい方、ぜひ奮ってご参加くださいませ。

    先着20名様限定 特別特典
    アレックス・カミレーリ監督のインタビュー記事や映画のストーリーなどが掲載された、映画『ルッツ 海に生きる』のプレスシート(非売品)をお送りいたします。※イベント終了後にお申込時にご登録いただいたご住所へ郵送いたします。

    ----------
    映画『ルッツ 海に生きる』公開記念
    映画公式サイト
    地中海の島国マルタ。漁師として生きてきた男。子供が生まれ、その人生に揺らぎが生じる―
    誰もが立つ人生の岐路。彼が選ぶ道とは…?

    6月24日(金)より、新宿武蔵野館他にて全国順次公開
    © 2021 Luzzu Ltd
    監督:アレックス・カミレーリ 
    出演:ジェスマーク・シクルーナ ミケーラ・ファルジア デイヴィッド・シクルーナ
    2021年/マルタ/カラー/ビスタ/5.1ch/95分/日本語字幕:杉本あり
    後援:駐日マルタ大使館
    配給:アーク・フィルムズ 、活弁シネマ倶楽部
    ----------

    【こんな方におすすめ】
    ◎映画が好きな方
    ◎マルタについて知りたい方
    ◎マルタの現状を知りたい方
    ◎マルタの食・文化に興味がある方
    ◎マルタ旅行に興味のある方

    【案内人】
    林 花代子(はやし・かよこ)
    フリーライター。愛媛育ち東京在住。37歳の時に会社を辞めて行った語学留学をきっかけにマルタという国に魅了される。その後マルタを定期的に訪れ、現地やマルタ留学についての情報をブログで紹介し続け、数少ないマルタ専門ブログとして注目を集める。編集プロダクションでWEBディレクターとして働いていたが、長年の夢を叶えるべく独立し大好きな国の旅ガイド『まるごとマルタのガイドブック』(亜紀書房刊)を上梓。地中海の島国「マルタ共和国」の魅力を伝えるスペシャリストとして、執筆を中心としながらプロモーション・留学相談・講演・旅プロデュース&同行の仕事を行う。マルタ好きのための交流会やイベントも主宰するなど幅広く活動中。著書は2019年に現地マルタ観光局のMTA Malta Tourism Press Awardsデジタルメディア部門3位受賞。
    マルタ留学・旅行ブログ
    Twitter
    Instagram
    Facebook
    Tumblr

    【特別ゲスト】
    André Spiteri大使(アンドレ・スピテリ)
    2013年12月以降、任地日本に居住しないマルタ大使となり、2014年7月8日、東京で天皇陛下に信任状を捧呈。2020年9月に日本でマルタ外交使節団(在日マルタ大使館)が開かれた後、東京で最初のマルタ駐在大使として任命を受ける。
    2005年マルタ大学で国際関係学科を卒業、2007年大学院での研究を続けるため、日本の文部科学省から奨学金を授与、2010年立命館大学で国際関係学の修士号を取得。学術的な関心領域は、国際貿易とEU・日本の関係。修士論文は、東アジアにおける地域的貿易諸協定間の調和のためのEUの政策を取り上げた。
    マルタと日本、EUと日本の緊密な関係、特に日EU経済連携協定の認識強化に強い関心を抱き続けている。2010年から2015年マルタ大学で客員講師として、日本の外交政策とビジネス文化について講義。マルタ日本協会の委員会の設立に尽力し、2017年9月マルタ日本商工会議所の設立を支援して両国間のビジネスの繋がりを構築。またマルタ国内においても、マルタ企業のために日本との貿易とビジネスを促進するためのイベントを多数開催。
    言語の研究と、日本の伝統と現代の文化・経済の動向を追求する中で、日本文学の知識を豊かにし続けている。
    在日マルタ大使館Facebook
    アンドレ・スピテリ大使Twitter
    Embassy of Malta in Japan

    【お問合せ】
    HISスタディツアーデスク(s-onlineevent@his-world.com)

    ◆◆ご予約時のご注意◆◆
    携帯電話のメールアドレス(@docomo.ne.jp, @i.softbank.jp, @ezweb.ne.jp等)でのお申込みの場合、予約完了メールやZoomリンクのメールが届かない事例が発生しております。PCで受信可能なメールアドレスをご利用いただきますよう宜しくお願いいたします。

    ▼過去実施:
    2022年2月18日 詳細こちら

HIS旅カレッジとは?

  • 旅カレッジは「未知なる旅と世界を学ぶ」をコンセプトに、旅好きがあつまるプラットフォームです。何かテーマを起点に旅について考えたり、逆に旅から色々な他の世界について考えたり、旅に行けない人でも旅するようなワクワクを体感しながら楽しく学べる場を目指しています!人と人とがつながること、そこからはじまるワクワク、そして学び。その連鎖を大切にしています。
  • 旅カレッジ:https://peatix.com/group/32851/

ツアー内容

  • スケジュール

  • 条件

  • 17:30~18:00 イベント参加者チェックイン
  • 18:00~18:05 注意事項のご案内、ゲスト紹介
  • 18:05~19:15 ガイドブック著者林さんと駐日マルタ大使のトークイベント
  • 19:15~19:30 質疑応答
  • 19:30 終了
  • 最少催行人数
    1名
    催行会社
    スタディツアーデスク
  • 所要時間
    1.5時間
    ガイド
    日本語ガイド
  • ツアー開始時間
    18:00

ツアー写真

口コミ

マルタに行きたくなるツアー

たかたろう 20代・男性

投稿日2022.06.23

本当にマルタに行きたくなるツアーでした。ガイドの林さんとテンポ良く進めていただき、本当に楽しく見ることができました。
マルタの海が見たくなりました

KK 50代・男性

投稿日2022.06.22 参加日2022年6月

映画の世界と通して地中海に浮かぶマルタの海が見たくなりました。
映画も旅行も楽しみになるバーチャルツアー!

hide 30代・男性

投稿日2022.06.20 参加日2022年6月

映画『ルッツ 海に生きる』鑑賞もマルタ旅行も予定していたので、今回の映画のみどころのお話やマルタのオススメの観光地等のお話まで聞けて非常に参考になりました!
映画が2倍楽しくなるだけでなく、マルタ旅行も2倍楽しくなりそうです!
マルタ島に興味が湧きました。

aki 40代・女性

投稿日2022.06.20 参加日2022年6月

映画公開前に制作に携わった方々の録画メッセージがあったり、観光協会の方からの詳しいお話を伺えたりと、貴重な機会となりました。マルタ島の漁師さんの抱える問題など少しシリアスな内容を扱ったという映画「ルッツ、海に生きる」、公開が楽しみになりました。ありがとうございました。
マルタまるわかり。。。

おばかのちえちゃん 60代・男性

投稿日2022.06.20 参加日2022年6月

2時間余という長時間の内容ゆえに映画、言語、観光地、グルメ
などを通じてマルタがどういうところなのがよくわかりました。
とても豪華な内容でした

ひづめ 30代・女性

投稿日2022.06.20

・映画のポスターを見たときは、大海原に綺麗な色のボート・・・、とありきたりの印象でしたが、プロデューサーや大使の方の郷土愛あふれる情熱的なお話を聞き、歴史や地理的な事などにも興味が出てきました。
・企画してくださった方も、こんなに豪華なメンバーを集めて時間調整して・・・。ありがとうございました。とても勉強になりました。

もっと見る

ページトップへ