【難民支援協会協力】世界の台所と暮らし探検~第5弾:故郷のミャンマーの味~

一覧へ戻る

ツアーコードA59S0041

貸切見積 受付中!

【難民支援協会協力】世界の台所と暮らし探検~第5弾:故郷のミャンマーの味~

参加チケット(レシピデータ付+支援金込み)

代金

次回の日程調整中

  • 1.5時間/特定日のみ
  • 日本語ガイド

現在、販売しておりません

ツアー説明

  • 団体向けに貸切の見積も可能です。ご希望の方は以下へご連絡くださいませ。
    スタディツアーやSDGsコンテンツの共同企画に関してのお問合せも受付中
    s-onlineevent@his-world.com


    ★世界の台所と暮らし探検 第5弾‼★

    新型コロナウイルス感染症の影響で、 行きたくても海外に行けない…
    そこで、NHK “世界はほしいモノにあふれてる にもご出演されていた世界の台所探検家、岡根谷実里さんにご案内いただき、ツアーに行かなくても参加できる、 食と文化を学べるオンラインイベントを開催しています!
    毎回テーマが違うので、初めて参加される方も、今まで参加されたことのある方も楽しめる内容になっています。

    第5弾は、難民支援協会×世界の台所探検家

    6月20日は国連総会で定められた『世界難民の日』です。
    難民とは、紛争や人権侵害から住み慣れた故郷を追われ、逃れざるを得ない人びとのことで、難民と聞いても、どこか遠い存在のように感じるかもしれませんが、日本にも故郷から逃れてきた人たちがいて、毎年1万人近くが難民認定申請をしています。

    今回は日本で暮らす難民の方に、故郷の料理や文化を教えてもらいます。

    今回、探検する台所は・・・
    ビルマ(ミャンマー)出身 チョウチョウソーさん
    ビルマで28歳まで会計士として働く。1988年のビルマでの民主化運動に参加。
    軍事政権の弾圧を逃れ、1991年に妻を残し来日。7年後、難民認定を受けて妻を呼び寄せる。
    2002年、高田馬場にあるミャンマー料理店「ルビー」を開店し、今では在日ミャンマー人たちの相談の場、日本人との交流の場となっている。

    チョウチョウソーさんにミャンマー料理を教えてもらいながら、故郷の文化や暮らし、そして日本での難民としての生活などのお話しを伺います。

    「難民」と聞くと深刻で難しい話をイメージするかもしれませんが、台所探検と料理を通して、チョウチョウソーさんという日本に住んでいるミャンマー出身のレストランオーナーのお話しを聞きにきてください。

    案内人の岡根谷実里さん著の『世界の台所探検 料理から暮らしと社会がみえる』付き視聴チケットや、今回特別に難民支援協会編著のレシピ本『海を渡った故郷の味』付き視聴チケットもご用意しました!

    『海を渡った故郷の味』
    ミャンマー、イラン、クルド、エチオピアなど世界15の国・地域から45の家庭料理を集めた日・英併記のレシピ本です。
    実は、作り手は世界中から日本に逃れてきた難民たち。
    彼らの故郷の家庭料理を、日本にある材料で簡単に作れるよう再現しました。
    写真が鮮やかで美しく、見ているとまるで世界を旅しているかのよう。
    各レシピページのコラムには、食文化の豆知識や作り方のコツが満載。
    母国に残る母から受け継いだというレシピにまつわる難民のほろ苦いストーリーも収録されています。
    一見難しそうに思える料理でも、スパイスを数種類入れるだけで簡単に本格的な味わいに。
    おもてなしにもぴったりです。
    思わず人にも勧めたくなる、そんなユニークな1冊です。

    【案内人】
    岡根谷実里(おかねや・みさと)| 世界の台所探検家
    長野県出身
    大学では、国際協力を志し土木工学を専攻。その後、留学や3ヶ月のケニアでの滞在(インターンシップ)を通して、食の持つ力に興味を持ち、畑違いとも言える食関係の会社への就職し、その後独立。
    訪問国60カ国以上、 世界各地の家庭の台所を訪れて一緒に料理をし、そこで見つけた「料理や食卓の楽しみ方」や、 料理から見える社会文化背景を発信している。
    著書に『世界の台所探検 料理から暮らしと社会がみえる』(青幻舎)
    note |Twitter|Instagram

    【協力団体】
    認定NPO法人 難民支援協会
    1999年設立。日本に逃れてきた難民が安心して暮らせるように支え、ともに生きる社会をつくることを目指して活動。
    年間約60ヶ国、約600名の難民の方々の難民申請の手続きや、来日直後の緊急期を含む医食住の支援、自立に向けた就労支援などの直接支援に加えて、地域社会との橋渡しや、政策提言、認知啓発など多様な関係者への働きかけにも力を入れている。

    【お問合せ】
    HISスタディツアーデスク(s-onlineevent@his-world.com)

    ◆◆ご予約時のご注意◆◆
    携帯電話のメールアドレス(@docomo.ne.jp, @i.softbank.jp, @ezweb.ne.jp等)でのお申込みの場合、予約完了メールやZoomリンクのメールが届かない事例が発生しております。PCで受信可能なメールアドレスをご利用いただきますよう宜しくお願いいたします。

HIS旅カレッジとは?

  • 旅カレッジは「未知なる旅と世界を学ぶ」をコンセプトに、旅好きがあつまるプラットフォームです。何かテーマを起点に旅について考えたり、逆に旅から色々な他の世界について考えたり、旅に行けない人でも旅するようなワクワクを体感しながら楽しく学べる場を目指しています!人と人とがつながること、そこからはじまるワクワク、そして学び。その連鎖を大切にしています。
  • 旅カレッジ:https://peatix.com/group/32851/

ツアー内容

  • スケジュール

  • 条件

  • 15:30~16:00 チェックイン
  • 16:00~17:00 チョウチョウソーさんによる故郷の料理紹介
  • 17:00~17:15 ミャンマーでの暮らし、日本に来た経緯、現在のミャンマーについて
  • 17:15~17:30 質疑応答+特典の説明  
  • 17:30 終了
  • イベント終了後、3日間見逃し配信 ※事前申込した方にのみご案内いたします。
  • 最少催行人数
    1(1端末1人予約)
    催行会社
    スタディツアーデスク
  • 所要時間
    1.5時間
    ガイド
    日本語ガイド
  • ツアー開始時間
    11:00
  • 料金に含まれるもの
    レシピ特典+支援金込み

口コミ

助け合いの国ミャンマー

ようこ 40代・女性

投稿日2021.06.27 参加日2021年6月

ミャンマーについてほとんど知らない状態で参加しました。
ミャンマー出身のチョウチョウソーさんからミャンマーの話を聞きながら、ミャンマーの方の人柄や助け合いの精神を知って、ミャンマーに行ってみたいと思うようになりました。

このツアーを見た人は、こんなツアーも見ています

ページトップへ