《食×SDGs》食品ロスについておいしく学ぶ 暗闇ごはん体験ともったいない料理

一覧へ戻る

ツアーコードA59S0035

貸切見積 受付中!

《食×SDGs》食品ロスについておいしく学ぶ 暗闇ごはん体験ともったいない料理

  • 【オンライン視聴のみ】トークイベント 日本と世界のもったいない料理
  • 【オンライン視聴のみ】トークイベント 日本と世界のもったいない料理
  • 【オンライン視聴のみ】トークイベント 日本と世界のもったいない料理
代金

次回の日程調整中

  • 2時間/特定日のみ
  • 日本語ガイド

現在、販売しておりません

ツアー説明

  • 団体向けに貸切の見積も可能です。ご希望の方は以下へご連絡くださいませ。
    スタディツアーやSDGsコンテンツの共同企画に関してのお問合せも受付中
    s-onlineevent@his-world.com


    ★もったいないキッチン×世界の台所探検家×住職~世界と日本のもったいない料理~★

    日本の食品ロスの量は643万トン(平成28年度推計)
    これを一人当たりに換算すると、おにぎり一個分の食べ物を毎日国民全員が捨てている計算になります。

    そこで、食品ロス削減・持続可能な社会の実現に向け、映画『もったいないキッチン』にもご出演された青江覚峰住職と世界の台所探検家 岡根谷実里さんにお越しいただき、緑泉寺(浅草)でお話を伺います。
    ※本イベントでの映画上映はございません

    【第1部】暗闇ごはん体験@浅草 緑泉寺(先着10名)
    ★こちらは緊急事態宣言の発令に伴い、中止とさせていただきます★
    薄暗闇の中アイマスクを着用し、視覚に頼らずお食事をとっていただきます。
    普段は視覚でも楽しむお食事ですが、視覚が働かない分、他の感覚をフルに使う体験となります。視覚に左右されない、先入観のない世界ではどんな気付きがあるでしょうか。
    青江さんのお話、暗闇ごはんの体験を通して自分自身の内面と向き合いましょう。

    【第2部】トークイベント「日本と世界のもったいない料理」 ※2部のみのオンラインは引き続き開催いたします
    "もったいない"
    当たり前のように使う言葉ですが、2004年にアフリカ人女性初として初めて、また環境分野で初めてノーベル賞平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんは日本に来日した際、Reduce(削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)の3Rに尊敬の念が込められている、"もったいない"という言葉に感銘を受けたそうです。
    そんなもったいないをテーマにした、日本と世界の料理や食卓事情について
    岡根谷実里さん(世界の台所探検家)と青江覚峰さん(緑泉寺住職)にお話していただきます。

    【こんな方におすすめ】
    ◎もったいないキッチンをご覧になった方
    ◎もったいない料理に興味のある方
    ◎食品ロス・SDGsに関心のある方
    ◎暗闇ごはん、青江さんのお話を聞きたい方
    ◎世界の食卓に興味のある方

    【登壇者】
    岡根谷実里(おかねや・みさと)| 世界の台所探検家
    長野県出身
    大学時代は国際協力を志し土木工学を専攻。その後、留学や3ヶ月のケニアでの滞在(インターンシップ)を通して、食の持つ力に興味を持ち、畑違いとも言える食関係の会社への就職し、現在へ至る。
    訪問国60カ国以上。 世界各地の家庭の台所を訪れて一緒に料理をし、そこで見つけた「料理や食卓の楽しみ方」や料理から見える社会文化背景を発信している。
    著書に『世界の台所探検 料理から暮らしと社会がみえる』(青幻舎)
    note | Twitter | Instagram  

    青江覚峰(あおえかくほう)
    1977年東京生まれ。株式会社なか道代表取締役。 浄土真宗東本願寺派緑泉寺住職。
    カリフォルニア州立大学にてMBA取得。料理僧として料理、 食育に取り組む。
    日本初・お寺発のブラインドレストラン「 暗闇ごはん」代表。超宗派の僧侶達が集うウェブサイト「彼岸寺」 創設メンバー。世界最大級の寺社フェス「向源」元副代表。
    著書に『お寺ごはん』(ディスカヴァー・トゥエンティワン【 イタリア語、フランス語で翻訳あり】)、『人と組織が変わる 暗闇ごはん』(徳間書店)、『サチのお寺ごはん』(秋田書店・ 漫画監修【韓国語で翻訳あり】)などがある。

    【お問合せ】
    HISスタディツアーデスク(s-onlineevent@his-world.com)

    ◆◆ご予約時のご注意◆◆
    携帯電話のメールアドレス(@docomo.ne.jp, @i.softbank.jp, @ezweb.ne.jp等)でのお申込みの場合、予約完了メールやZoomリンクのメールが届かない事例が発生しております。PCで受信可能なメールアドレスをご利用いただきますよう宜しくお願いいたします。

スタディツアーデスクとは?

  • スタディツアーデスクは、旅を通して持続可能な世界を実現することを目指し、SDGs(持続可能な開発目標)に関連した商品を展開しています。世界各地で起きている社会問題や課題の発見・理解・解決を切り口にしたツアーのみならず、その社会が持っているお手本とすべき制度や生き方、暮らし方から、多様な考え方を学ぶことを目的としています。旅に参加することで、結果として自らの周り、地域、社会、世界、地球環境、そして未来をいかに創造していくか、その変革を担う人材の育成を目指しています。
  • HP:https://eco.his-j.com/volunteer/

ツアー内容

  • スケジュール

  • 条件

  • 13:00~13:30 チェックイン 
  • 13:30~13:40 オープニング
  • 13:40~14:40 《トークイベント》 日本と世界のもったいない料理
  • 14:40~14:50 質疑応答
  • 14:50~15:00 クロージング
  • 15:00 イベント終了
  • 最少催行人数
    10(1端末1人予約)
    催行会社
    スタディツアーデスク
  • 所要時間
    2時間
    ガイド
    日本語ガイド
  • 料金に含まれるもの
    (世界と日本のもったいないレシピデータ付)

ツアー写真

よくあるご質問

Q暗闇ごはん体験は子どもも参加できますか?

A小学生以上の方は、保護者の方同伴でご参加いただけます。小学生未満の方は保護者同伴でもご遠慮ください。

ページトップへ