世界の絶景

メテオラ修道院(ギリシャ)

修道士たちが共同生活を続ける奇岩上の修道院

この絶景の魅力はココ!
  • ギリシャ語で「宙に浮く」という意味を持つメテオラは、ギリシャ北西部のセサリア地方にあるギリシャ正教の聖地。地殻の変動で隆起した地層が、水の侵食作用によって削られ、奇岩が連なる不思議な地形として残った。
  • 9世紀頃から奇岩の麓でギリシャ正教の修道士たちが修行していたが、岩山の頂上に修道院が建てられるようになったのは14世紀になってから。古くからの正教の聖地であるアトス山から来た修道士が、より神に近い地を求めて岩山の頂きにメガロ・メテオロン修道院を建立した。その後、最盛期の15~16世紀には24もの修道院が建てられ、多くの修道士たちが世俗を捨て、そこで生活をしていた。現在は8つの修道院が残っており、その内6つの修道院で修道士たちが厳しい戒律を守りながら生活している。
  • 修道院は拝観可能で、フレスコ画やイコンなど、多くの貴重なビザンティン美術を見ることができる。
  • イメージ画像

    まるで絵本の1ページのような風景が目の前に広がる

  • イメージ画像

    ヴァルラーム修道院。近くで見ると印象が違う

  • イメージ画像

    聖ステファノス修道院。崖の下にはメテオラ観光の拠点となるカランバカの街がある

どこにある?

絶景満喫モデルプラン

1日目
中部(NGO) → <乗り継ぎ> →
2日目
イスタンブール(IST) → アテネ(ATH) → カランバカ
【アテネ~カランバカ間 鉄道利用時】直通電車で約4時間30分~
【アテネ~カランバカ間 バス利用時】アテネのバスターミナルからトリカラ行きに乗り(約5時間)、乗り換えて30分でカランバカへ
3日目
カランバカ → メテオラ修道院群観光 → カランバカ
※カランバカに1泊~2泊してメテオラ修道院観光へでかける旅程が一般的。朝一番のバスで一番奥の大メテオラ修道院へ向かい、世界遺産のメテオラ修道院群を観光しながら町まで歩いて戻ってくるルートもおすすめ。タクシーをチャーターして効率よくまわる方法もあります。
4日目
カランバカ → アテネ観光
5日目
アテネ → デルフィ遺跡観光 → アテネ
6日目
アテネ(ATH)  → イスタンブール(IST) → <乗り継ぎ> →
7日目
中部(NGO)
  • 予算目安 20万円~
  • 日数目安 7日間~

イチオシのホテル

イメージ画像

ASTOR
(アスター)

人気のプラカ地区にあるホテルで、シンタグマ広場とショッピング街エルムー通りへ徒歩約1分と好立地のスーペリアクラスホテル。最上階のレストランでアクロポリスを眺めながら朝食を楽しめる。

絶景を10倍楽しむためのアドバイス

「絶景ツアー」のご予約・ご相談はこちら

中部予約センター
0570-300-400 0570-300-400

受付時間 平日 10:30~18:30 土日祝 10:30~18:00

ページの先頭へ