〜 そこが知りたい出雲大社 〜

  • 出雲大社とは?
  • 神々の国・出雲を象徴する神社で、主祭神は縁結びの神様として有名な大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)。旧暦10月は、日本全国の八百万の神々が出雲に集まられ、縁結びの会議を行うとされています。
  • どうして縁結びの神社なの?
  • 出雲大社の主祭神である大国主大神は、目に見えない世界をおさめる神様です。『人と人との縁』は目に見えないものなので、大国主大神の出番なのです。
  • 出雲大社はいつからあるの?
  • 歴史より古い神代の時代からです。現存する日本最古の歴史書「古事記」の「国譲り神話」の中で、大国主大神が天照大神に国を譲り、その代償として造営された壮大な神の宮が出雲大社の始まりと言われています。

出雲大社や周辺のオススメスポット&イベントあれこれ出雲大社や周辺のオススメスポット

足立美術館
足立美術館
米誌の「日本庭園ランキング」にて全国9000ヶ所以上の名所旧跡の中で、14年連続日本一に選ばれている、世界に誇れる名庭。四季折々に変化する庭園の美しい表情をお楽しみ下さい。美術館には横山大観の作品が多く展示されています。
  • ■開催時間:9:00〜17:00(10月〜3月)、9:00〜17:30(4月〜9月)
    ※ 新館への入場は、閉館15分前まで
  • 〜アクセス〜
  • 米子鬼太郎空港から車で約40分,皆生温泉から車で約35分,玉造温泉から車で約40分
八重垣神社
八重垣神社
「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣つくるその八重垣を」の古歌で名高い神社で、出雲の縁結びの元祖素盞嗚尊(すさのおのみこと)と稲田姫(いなたひめ)を祀ります。御本殿後方の奥にある池は、占い用紙に硬貨を乗せて浮かべ、縁の遅早を占うことができる縁結び・心願成就占いの池として人気があります。
  • 〜アクセス〜
  • 米子鬼太郎空港から車で約40分,皆生温泉から車で約60分,玉造温泉から車で約20分
稲佐の浜
稲佐の浜
2017年4月に「日が沈む聖地出雲」として日本遺産に認定された話題の地!出雲市大社町の稲佐の浜は「国引き神話」の舞台として知られ、白砂青松の美しい景観が神話時代をしのばせてくれます。美しい夕日と神々しい日の出の様子を両方見る事ができ、その神々しい景色が多くの人々を魅了します。
  • 〜アクセス〜
  • 米子鬼太郎空港から車で約80分,皆生温泉から車で約80分,玉造温泉から車で約50分
玉作湯神社
玉作湯神社
玉造温泉街奥部の玉湯川東側にあり、『出雲国風土記』および『延書式』にも記載されている古社。出雲玉作部(たまつくりべ)の祖神とされる櫛明玉命(くしあかるだまのみこと)を祀ります。境内には、触って祈れば願いが叶うと言われる『願い石』があり、近年は、願い事を叶えてくれるパワースポットしても人気です。
  • 〜アクセス〜
  • 米子鬼太郎空港から車で約45分,皆生温泉から車で約65分,玉造温泉から徒歩で約8分

▲TOP

電話でのご予約はこちら
店舗でのご予約はこちら