• のつけはんとう
  • 1野付半島
  • 北方領土を望む半島。全長26Kmで日本最大の砂嘴(さし=海上に長く突き出た地形)。観光ガイドがご案内します。
  • 2トドワラ
  • 「トドワラ」とはトドマツの原っぱが語源。半島周辺の地盤沈下により海水が浸入し、立ち枯れの森となりました。現在も浸食や風化が進み、残された立ち枯れは少なくなってきています。
  • 3ナラワラ
  • 野村半島の中ほどに位置する、ミズナラが立ち枯れた場所。特に道路に面した枯れ木の多いところをトドワラに合わせて「ナラワラ」と呼んでいます。
  • ましゅうこ
  • 4摩周湖
  • 世界一級の透明度を誇るカルデラ湖は、刻々として変わる湖面の変化が訪れる人々を魅了します。「霧の摩周湖」と呼ばれ、多くの時間を霧が包み込みなかなか姿を見せてくれませんが、ふと美しく神秘的な姿を現します。
  • あかんこ
  • 5阿寒湖
  • 釧路市にある湖。全域が阿寒摩周国立公園に含まれ、道東を代表する観光地。 北海道で5番目に大きい淡水湖。オプションで遊覧船から眺める幻想的な夏の夜の阿寒湖をお楽しみいただけます。

 

  • しれとこごこ
  • 1知床五湖
  • 知床連山の原生林に囲まれた美しい5つの湖。周りの樹林や知床連山を湖面に写しながら静寂を保っているその姿は、まさに原始の中の楽園にふさわしく、数多くの動植物を目にすることができます。往復約40分ほどの「高架木道」は、誰でも一湖のそばまで行くことができる気軽な散策ルートです。
  • 2オシンコシンの滝
  • 途中から流れが2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれています。 滝の中ほどの高さまで階段で上がることができ、なかなか迫力があります。
  • 3オロンコ岩
  • ウトロ港近くにある、高さが60mもある巨岩で、その昔、このあたりに住んでいた先住民族「オロッコ族」から、この名がついたといわれています。
  • あばしりかんごく
  • 4網走監獄
  • 明治23年以来、100年近くも実際に使われていた網走刑務所の旧建物を移築し、保存公開している歴史博物館。国の重要文化財に指定されています。
  • 5ルシャ湾クルーズ
  • ウトロ漁港と知床岬のほぼ真ん中に位置する場所にルシャ湾があり、そこまで行って帰ってくるコースです。 ルシャとはアイヌ語で浜へおりる道のこと。知床半島ウトロ側はほとんど断崖絶壁です。ルシャ湾にはよくヒグマが生息しています!!

 

  • 北海シマエビ・ジャンボホタテ
  • 北海シマエビは伝統漁で獲れた北海のルビー!野村沖の天然ホタテはとにかく肉厚で味わい濃厚!
  • ホテルバイキング
  • 宿泊したホテルでは北海道の海・山の幸などふんだんに使用したバイキングのお食事などを楽しむことが出来ます。
  • あかん遊久の里鶴雅本館
  • 北海道の海・山の幸などふんだんに使用したお食事、阿寒湖を一望できる温泉が自慢です。
  • 北こぶし知床ホテル&リゾート
  • 自然遺産知床の玄関口ウトロ温泉において、大型ホテルとして唯一海辺に立地。建物最上階の大浴場より、オホーツク海の鮮やかな海風景をご堪能いただけます。
  • 阿寒の森 鶴雅リゾート花ゆう香
  • 四季折々の美しい表情を見せる阿寒湖の南岸に位置する阿寒湖温泉の湖畔に佇むリゾートホテルです。
  • ホテル知床
  • 荘厳な海と山々を一望しながらのご入浴は格別。美人の湯と呼ばれるウトロの湯の源泉掛け流しのお風呂は疲れも十分に癒していただけることと想います。
  • あかん湖鶴雅ウィングス
  • 阿寒湖畔に佇み、「あかん遊久の里鶴雅」に隣接する温泉リゾートホテルです。
ページ
トップへ
電話でのご予約はこちら
店舗でのご予約はこちら