東北旅行
  • 飛行機で行く
    東北旅行・ツアー
  • 新幹線で行く
    東北旅行・ツアー
  • バスで行く
    東北旅行・ツアー
衝撃価格!今年もやります!!初夢フェア2019衝撃価格!今年もやります!!初夢フェア2019

鉄道ツアー検索

当商品はオンライン予約限定受付です。検索後は日本旅行サイトに移動します。ご希望ツアーのご予約については、お客様と日本旅行とのご契約になります。

出発地
目的地
出発日
1室定員

旅を通じて東北応援!バスで行く 東北ツアー

  • 星野リゾート 青森屋

    星野リゾート 青森屋(青森)青森の郷土料理が楽しめる食事や、美肌に効果がある良質な温泉が自慢の露天風呂を堪能。津軽弁ラジオ体操、じゃわめぐ広場、約22万坪の敷地内にある公園など青森屋ならではの滞在をお楽しみ頂けます。

  • 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

    星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル(青森)奥入瀬渓流沿いに唯一建つリゾートホテル。みちのく青森の旬を活かした料理、天然温泉・露天風呂を満喫。せせらぎや鳥のさえずりが響き渡る大自然に囲まれた空間で至福のひととき。

  • ホテルモンテエルマーナ仙台

    ホテルモンテエルマーナ仙台(宮城)仙台駅からデッキで直結、行動の拠点に最適です。全客室でWi-Fi接続可能。さらに大浴場もあり、一日の疲れを癒せます。

  • ホテル松島大観荘

    ホテル松島大観荘(宮城)日本三景・松島湾を見下ろす高台に建ち、抜群のロケーションと設備を誇るリゾートホテルです。

東北のおすすめ観光スポット

  • 奥入瀬渓流(イメージ)

    青森県奥入瀬渓流十和田湖から流れ出る唯一の川。水面近くの樹木、岩の取り合わせは、大小様々の形で流れ落ちる滝と相まって千変万化の様相を見せます。覆い被さるように繁るブナやカエデの緑を眺めながらゆっくり散策したいコースです。

  • 弘前城_天守閣移動(イメージ)

    青森県弘前公園津軽藩の居城だった弘前城跡を公園として開放したもの。築城から400年以上経った今でも城門や天守閣は当時の規模のまま残され、重要文化財に指定されています。4月下旬ごろには約5000本の桜が咲き誇る桜の名所としても有名です。※現在は石垣修理のため天守閣は移動されています。

  • ねぶた祭(イメージ)

    青森県ねぶた祭国の重要無形民俗文化財に指定されている青森ねぶた。毎年8月2~7日、全国各地だけでなく世界各国から観光客を迎え華やかに開催されます。歌舞伎や歴史・神話を題材に様々な表情を持ち、熱気に満ちた日本を代表する夏祭りです。

  • 青森県(イメージ)

    青森県岩木山別名「津軽富士」とも呼ばれる津軽平野のシンボル。8合目の展望台までは津軽岩木スカイラインが通っているので、車で気軽に行くことができます。青森県で一番高い山からの眺めは絶景です。また、古来より信仰の山として知られていて、岩木山神社のご神体でもあるパワースポットです。

  • 白神山地(イメージ)

    青森県・秋田県白神山地青森と秋田両県にまたがる広大な山地帯。世界で最大規模のブナの原生林が広がっています。その一部が1993年に世界遺産に登録されました。多種多様な植物、ツキノワグマ、ニホンザル、クマゲラなど多くの動物が生息し、貴重な生態系が保たれています。

  • 十和田湖(イメージ)

    青森県・秋田県十和田湖青森と秋田両県にまたがる周囲46km、深さ327mの湖。二重カルデラ湖という独特の成り立ちと、高い透明度を誇る独特の水色が神秘的です。湖畔には高村光太郎作の有名な「乙女の像」が立っています。

  • 乳頭温泉(イメージ)

    秋田県乳頭温泉十和田・八幡平国立公園、乳頭山麓に点在する7つの温泉の総称。ブナの原生林に囲まれた秘湯として、人気ランキングでは常に上位に入る日本有数の温泉地です。その泉質は多種多様、10種類以上の源泉を楽しむことができます。

  • 田沢湖(イメージ)

    秋田県田沢湖水深423mで日本一の深さを誇る湖。瑠璃色の美しい湖面は四季折々に様々な表情を見せてくれます。湖岸には永遠の美貌を望んで龍に変身させられたといわれている辰子像も。湖の北に位置する御座石神社は永遠の美を願っていた辰子を祀っていて、美容や縁結びのご利益があるとか。

  • 角館武家屋敷(イメージ)

    秋田県角館武家屋敷歴史のある武家屋敷と桜並木が美しい「みちのくの小京都」。江戸時代のはじめに大規模な都市計画が実施され、その後は佐竹北家の城下町として栄えました。武家屋敷の並ぶ通りは「内町(うちまち)」と呼ばれ、今なお旧藩時代の佇まいが残っています。

  • 横手かまくらまつり(イメージ)

    秋田県横手かまくらまつり秋田県内でも降雪量の多い横手市で、毎年2月に開催されるお祭り。約450年の歴史がある小正月の行事で、かまくらの中に水神様を祀り、その中で火鉢を囲み餅を焼いたり道行く人に甘酒を振る舞ったりします。夜の闇に浮かぶかまくらの美しさは大変幻想的です。

  • 北上展勝地(イメージ)

    岩手県北上展勝地「日本さくら名所100選」、「みちのく三大桜名所」にも選ばれた、北上川の河畔にある東北有数の桜の名所。2kmほど続く桜並木には約150種類もの桜があり、長い期間にわたってお花見を楽しむことができます。

  • 猊鼻渓(イメージ)

    岩手県猊鼻渓日本百景のひとつで、砂鉄川が石灰岩を侵食してできた約2mにわたる渓谷。川岸には高さ100mを超す断崖絶壁がそびえ、国の名勝にも指定される幻想的な深山幽谷です。「げいび追分」を聞きながら、船頭が棹一本で巧みに舟を操る舟下りも楽しめます。

  • 安比高原(イメージ)

    岩手県安比高原北緯40度に広がる約3,500ヘクタールの広大な高原。おしゃれなホテルや北欧風のペンションが建ち並び、グリーンシーズンはゴルフ・テニス・トレッキング・渓流釣り・山菜採り、ウィンターシーズンはスキーとアウトドアレジャーの宝庫です。

  • 銀山温泉(イメージ)

    山形県銀山温泉日本の古きよき時代にタイムスリップしたかような、趣のある雰囲気が魅力の温泉街。日が暮れると温泉街にガス灯が灯り、大正ロマン溢れる風情を楽しむことができます。

  • 山寺(イメージ)

    山形県山寺(立石寺)奇岩怪石の霊窟として知られる山寺は、860年に天台宗の慈覚大師円仁によって開かれました。松尾芭蕉が「閑けさや岩にしみ入る蝉の声」と詠んだことで有名です。秋には全山紅葉に包まれ絶景が広がります。

  • 蔵王御釜(イメージ)

    山形県・宮城県蔵王連峰山形と宮城両県にまたがる連峰。新録や紅葉、スキーや樹氷の山として親しまれています。山頂の火口湖「御釜」は蔵王のシンボル的存在。エメラルドグリーンや深い青など、太陽光線によって湖面が様々な色に変化するところも必見です。

  • 松島(イメージ)

    宮城県松島260余の島々が湾内に浮かぶ日本三景のひとつ。遊覧船で島々の眺めを満喫した後は、海岸線に沿って観欄亭・五大堂・瑞巌寺・円通院と順番に見学できます。風景もさることながら寺院群も見ごたえ十分です。

  • 仙台城跡(イメージ)

    宮城県仙台城跡伊達政宗が1603年に築城した伊達家62万石の居城。城は空襲で消失していますが、石垣と再建された脇櫓が往時の様子を偲ばせています。天守台に立つ伊達政宗公騎馬像は仙台市の代表的風景となっています。

  • 仙台七夕まつり

    宮城県仙台七夕まつり東北4大祭のひとつで、青竹に飾られた和紙と風が織りなす夏の風物詩。吹き流しや仕掛けものなど趣向をこらした1,500本を超える竹飾りが街を彩ります。
    写真提供:宮城県観光課

  • 秋保温泉(イメージ)

    宮城県秋保温泉仙台の奥座敷と称される秋保温泉。開湯は今から約1500年前と歴史があり、宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯の1つに数えられています。磊々峡や磐司岩、秋保大滝など自然の景観を楽しめるのも魅力です。

  • 大内宿(イメージ)

    福島県大内宿約400年以上前、江戸時代には運搬路として重要な道であった会津西街道沿いの宿場町として栄えた大内宿。茅葺屋根の民家が建ち並ぶ景観は江戸時代にタイムスリップしたかのような風情が味わえます。

  • 塔のへつり(イメージ)

    福島県塔のへつり国指定の天然記念物。100万年の歳月をかけて川の断崖が浸食と風化を繰り返し、迫力ある景観を造り出しました。「へつり」とは会津方言で川に迫った険しい断崖のこと。塔の形をした断崖まで吊り橋が架けられ、断崖内部を見学することもできます。

  • 五色沼(イメージ)

    福島県五色沼毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、竜沼、弁天沼、るり沼、青沼など、裏磐梯に点在する約大小30あまりの湖沼の総称。エメラルドグリーンやコバルトブルーなど各湖沼ごとに色が異なるのが特徴です。2016年にミシュラン・グリーンガイド1つ星に認定されました。

  • スパリゾートハワイアンズ(イメージ)

    福島県スパリゾートハワイアンズトロピカルムード満点の屋内プールや、江戸情緒あふれる大露天風呂など、ドーム6個分の敷地に6つのテーマパークがある常夏の楽園。フラガールのグランドポリネシアンショーは必見です

東北レンタカー予約

東北ホテル・宿予約

トップへ戻る